スポーツ

【ワールドカップ2018】ポーランド代表の強さやメンバー、過去の戦績は?

投稿日:2017年12月6日 更新日:

 

2018年ワールドカップ1次リーグで日本と戦うポーランド代表の
メンバーや要注意選手、強さや過去の戦績といったことについて見ていきます。

 

 

 

FIFAランキング7位という実力を持つ強豪国。

 

 

ワールドカップ2018ではどれほどの力を見せてくるのでしょうか?

 

【ワールドカップ2018】ポーランド代表の予想メンバーは?

まずはワールドカップ2018に出場するポーランド代表の

予想メンバーと所属クラブをポジション別に見ていきます。

 

 

DF
・ウカシュ・ピシュチェク(スウォンジー)
・チアゴ・チョネク(パレルモ)
・ミハウ・パズダン(レギア・ワルシャワ)
・アルトゥール・イェンジェイチク(レギア・ワルシャワ)
・カミル・グリク(モナコ)
・マチェイ・リブス(ロコモティフ・モスクワ)
・バルトシュ・サラモン(スパル)
・バルトシュ・ベレシンスキ(サンプトリア)
・ヤン・ベドナレク(サウサンプトン)

 

 

MF
・スワボミール・ペシェコ(レヒア・グダニスク)
・ヤクブ・ブワシュチコフスキ(ヴォルフスブルク)
・クジシュトフ・マチンスキ(レギア・ワルシャワ)
・カミル・グロシツキ(ハル)
・マチェイ・マクセフスキ(レフ・ポズナン)
・グジェゴシュ・クリホビアク(WBA)
・ラファウ・ウォルスキ(レヒア・グダニスク)
・ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ)
・カロル・リネッテ(サンプドリア)
・バルトシュ・カブストカ(フライブルク)

 

 

FW
・ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)
・ウカシュ・テオドルチュク(アルデルレヒト)
・アルカディウシュ・ミリク(ナポリ)

 

 

GK
・ウカシュ・ファビアンスキ(スウォンジー)
・ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス)
・ウカシュ・スコルブスキ(ローマ)

 

スポンサーリンク


【ワールドカップ2018】ポーランド代表の要注意選手は?

ワールドカップ2018に出場すると予想されるポーランド代表の選手について見てきましたが、
その中でも要注意選手について見ていきます。

 

 

ポーランド代表の要注意人物としては、
MFのカミル・グロシツキ、グジェゴシュ・クリホビアク、FWのロベルト・レバンドフスキ、DFのカミル・グリク
といった選手が挙げられます。

 

 

それぞれの選手の強さや厄介度について見ていきます。

 

 

まずMFのカミル・グロシツキは、
圧倒的なスピードとテクニカルなドリブルを得意とする選手で、
今大会の2018年ワールドカップ予選でも
ポーランド代表の中でレバントフスキに次いで2番目の得点力を誇っています。

 

 

カミル・グロシツキの存在は対戦相手のDFにとって厄介な存在になると言えるでしょう。

 

 

次に同じくMFのグジェゴシュ・クリホビアクは、
敵からボールを奪うことに長けている選手で、
身長186cm、体重86kgという巨躯で立ちはだかる彼は
相手にとって手ごわい選手であると言えるでしょう。

 

 

次にFWのロベルト・レバントフスキは
ポーランドの得点王。

 

 

2018年ワールドカップ予選でもポーランド代表でダントツの16得点を決めるなど、
その能力を遺憾なく発揮しています。

 

 

そんなスーパースター・レバントフスキが要注意選手であることは
いうまでもありません。

 

 

最後にDFのカミル・グリクは、
DFとしての防御力があるだけでなく、
オフェンスとしての実力も持った万能な選手です。

 

 

以前所属していたトリノではキャプテンを務めるなど、
ポーランド代表のキープレイヤーの一人と言えます。

 

スポンサーリンク


【ワールドカップ2018】ポーランド代表の過去の戦績は?

ここで、ポーランド代表の過去の戦績について見ていきます。

 

 

まずワールドカップの戦績を見ると、
ポーランドがワールドカップに出場したのは
1938年、1974年、1978年、1982年、1986年、2002年、2006年で、

1938年は1回戦敗退、
1974年は3位、
1978年は2次リーグ敗退、
1982年は3位、
1986年はベスト16、
2002年はグループリーグ敗退、
2006年はグループリーグ敗退

 

という結果になっています。

 

 

過去の3位という結果を残していた年代に比べると
近年では思うような結果は残していないと言えます。

 

 

次に、2014年ワールドカップ以降の国際大会での戦績について見ていきます。

 

 

ポーランドは

2015年U-20杯で予選敗退、
2016年の欧州選手権でベスト8、
2017年のU-20杯で予選敗退

 

という結果に終わっています。

 

 

さらに今大会ワールドカップ2018予選では、
8勝1分1敗と言う結果で、
デンマーク、カザフスタン以外の国には勝ち越しで
進んできています。

 

 

このように、近年強豪国としての認識からは外れていたポーランドが、
2016年の欧州選手権でのベスト8という戦績、
さらには今回のワールドカップ2018予選での8勝1分1敗という戦績によって
かつての実力を取り戻してきていることが伺えます。

 

スポンサーリンク


【ワールドカップ2018】ポーランド代表の強さはどのくらい?

そんなポーランド代表の現在の強さはどれぐらいなのでしょうか?

 

 

ポーランドの強さの鍵を握るのが、
やはりレバントフスキの存在です。

 

 

レバントフスキのワールドカップ予選での16点という得点は
あのクリスティーノ・ロナウドを上回るほど。

 

 

その他にもスター選手が多数揃っており、
そうした個々人の強さとチームワークが
近年ポーランドが快進撃を見せてきている要因であると言えます。

 

 

FIFAランキング7位というのは並大抵の強さではないことが伺えますね。

 

スポンサーリンク


まとめ

ワールドカップ2018に出場するポーランド代表の出場予想選手や要注意選手、
さらには過去の戦績や強さについて見ていきました。

 

 

日本だけでなく、
世界各国にとって驚異的な存在であるポーランド代表。

 

 

ワールドカップ2018を語る上で欠かせない存在になるのではないでしょうか?

 

 

【ワールドカップ2018出場国についての情報】

【ワールドカップ2018】セネガル代表の強さやメンバー、過去の戦績は?

【ワールドカップ2018】コロンビア代表の強さやメンバー、過去の戦績は?

 

-スポーツ torenndogarden.com

執筆者:

関連記事

夏の甲子園2018の日程と出場校は?組み合わせ抽選の結果はいつ出る?

春の甲子園・選抜高校野球2018が終わると、 次は夏の甲子園がやってきます。   夏の甲子園はその大会で野球部を引退する選手も多数いるため、 選手たちにとっては春の甲子園以上に青春をかけた戦 …

羽生結弦の体脂肪率は?【身長体重の変化】以前よりも筋肉ついた?

日本の男子フィギュアスケートで一番人気を誇っている羽生結弦選手ですが、 羽生結弦選手の体型について気になっている人は多いのではないでしょうか?   そこで今回は、羽生結弦選手の体脂肪率はどれ …

宇野昌磨の天然ボケキャラが「可愛い過ぎ」と話題!バラエティでも活躍できそう!?

平昌オリンピックで銀メダルを獲得した男子フィギュアスケートの宇野昌磨選手ですが、 選手としての一面とは別に、人間としての面白さにも注目が集まっています。   この記事では宇野昌磨選手の「一人 …

平野歩夢と平野紫耀が似てる?兄弟説や親戚説を検証!

平昌オリンピック金メダリスト候補の平野歩夢選手ですが、 平野歩夢選手はある芸能人に似ていると言われています。   それがジャニーズJr.の人気上昇中グループ・King&Princeの …

森井大輝(パラリンピック)のプロフィールや実力!トヨタとの共同開発も!

2018年3月9日から開幕される平昌パラリンピックの注目選手の一人、 チェアスキーの森井大輝選手にスポットを当てていきます。   平昌パラリンピックに出場する森井大輝選手のプロフィールや実力 …

カテゴリー

スポンサーリンク




 


スポンサーリンク




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.