歌唱時機能性発声障害の治療期間はどのくらい?日常生活への影響や再発の恐れは?

NO IMAGE

四人組バンドflumpoolのボーカリスト、
山村隆太さんが歌唱時機能性発声障害という病気を発症したために
活動を休止することが発表されました。

 

 

今回は山村さんが発症した歌唱時機能性発声障害の原因や症状に加え、
一般的な治療期間や日常生活への影響、
さらには完治するのか、といったことについて見ていきます。

 

歌唱時機能性発声障害ってどんな病気?

今回山村さんが発症した歌唱時機能性発声障害とは、
発声機能に異常をきたしたことによって自分の声から出る音声に障害が生じる病気で、

高音が出ない
声がかすれる

といった症状が出てきます。

 

 

ボーカリストにとっては致命的な症状ですよね。

 

 

特に山村さんのようにハイトーンボイスのボーカリストにとっては
高音が出ないというのはかなり辛いことです。

 

 

しかも歌唱時機能性発声障害には
ポリープのような声帯の病変がなくても起こり、
しかも症状は当然起こるのだとか。

 

 

とても怖いですね。。

 

スポンサーリンク


一般的な機能性発声障害にはどのようなものがあるの?

今回山村さんが発症したのは
歌唱時機能性発声障害という病気ですが、
この病気は機能性発声障害の一種だとされています。

 

 

この機能性発声障害には山村さん以外にも

ナイトメアのボーカリスト・YOMIさん、
T-BOLANのボーカリスト・森友嵐士さん、
アニソンボーカリストの上原レナさん、

といった人たちが発症し、
活動を休止しています。

 

 

そこで、一般的な機能性発声障害の種類や症状について見ていきます。

 

心因性失声症

精神的ストレスが原因で発症する発声障害が
心因性発声証です。

 

 

この病気を発症すると、ささやき声や息漏れといった症状が発生するのだとか。

 

 

歌唱時機能性発生障害と同様、
声帯への病変がなく発生する病気なのだそうです。

 

音声衰弱症

出した声が震え声になったりする病気が
音声衰弱証と呼ばれる発生障害です。

 

 

声帯の使いすぎや間違った喉の使い方をするとなるらしく、
歌手のような専門的に声を使う人がよく発症するのだそうです。

 

変声障害

声変わりを終え低い声であるはずの男性が
裏声しか出せなくなる病気を変声障害と呼ぶのだとか。

 

 

こちらも喉の間違った使い方による発症してしまうそうです。

 

 

山村さんが発症した歌唱時機能性発声障害は厳密には分類できないものの、
上記に挙げた心因性発声障害や音声衰弱症に近いものだと考えられます。

 

 

山村さんが発症した原因については明らかにされていませんが、
歌手としての喉の酷使に加え、なんらかの精神的ストレスが
原因となっているのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク


歌唱時機能性発声障害の日常生活への影響は?

この病気の日常生活への影響としては、
声が思うように出ないことはもちろんですが、
それによる精神的ストレスが増大することが考えられます。

 

 

特に歌唱時機能性発声障害のように病変がなく発症した場合、
それまで普通に出せていた声が突然出せなくなるわけですから、
それによる日常生活への影響は計り知れません。

 

 

自分自身のみならず、周りの理解や協力、支えも必要になってくるのではないでしょうか?

 

 

歌唱時機能性発声障害の治療期間は?

では歌唱時機能性発声障害はどのように治療すればいいのでしょうか?

 

 

また、治療期間はどのくらいなのでしょうか?

 

 

ここでは歌唱時機能性発声障害が心因性発声障害に分類されると仮定して、
治療方法や期間について見ていきます。

 

 

心因性発声障害は精神的ストレスが影響しているため、
精神科医世の協力が必要になってくるそうです。

 

 

つまりその他の発声障害のように耳鼻科での治療だけでは完治が難しいということになります。

 

 

治療方法としては、
母音の発声と子音の発声を回復させる発声の治療や、
喉頭ファイバースコープというものを用いて喉頭を刺激 する治療があるようです。

 

 

治療期間は数週間から数ヶ月ほどで、
個人差があるようです。

 

スポンサーリンク


歌唱時機能性発声障害は再発しないの?

精神的ストレスを原因とした発声障害の場合、
一度治ったしたとしても数年ごとに再発する可能性があるのだと言います。

 

 

歌唱時機能性発声障害を完治させるには、
発声を根本的に変えていく必要があるのだとか。

 

 

一般的なボイトレスクールなどではもちろん、
クリニックで行われている一律的な音声訓練でも治すことはできないようです。

 

 

完治させるためには、
先述したように耳鼻科での音声機能の治療に加え
精神科医との協力によって治療を進めていく必要があるのです。

 

スポンサーリンク


まとめ

flumpoolの山村さんが発症した歌手時機能性発声障害の
原因、日常生活への影響、治療期間、完治に必要なこと
について見てきました。

 

 

どのくらいで復帰できるのかはわかりませんが、
今はとにかく安静にして治療に専念してほしいと思います。

 

雑学カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.