スポーツ フィギュアスケート

紀平梨花の生い立ちは?中学や実力、本田真凛や浅田真央との比較も!

投稿日:2017年12月9日 更新日:

 

フィギュアスケートグランプリファイナル、ジュニア女子フリーで
紀平梨花さんが世界初のトリプルアクセル、トリプルトーループの連続ジャンプを決めたことで話題になっています。

 

 

まだ15歳という年齢ながらこの成功は歴史的大快挙!

 

 

今後日本を代表するフィギュアスケートセンフになることは間違いないでしょう。

 

 

そこで今回は、そんな紀平梨花さんの生い立ちを見ていくとともに、
同年代で活躍する本田真凛さんとの比較、
また今後の紀平梨花さんの活躍について予想していきます。

 

紀平梨花の生い立ちは?

紀平梨花のプロフィール
名前:紀平梨花

生年月日:2002年7月21日

出身地:兵庫県西宮市

身長:152 cm

血液型:O型

学歴:関西大学中等部在学中

所属クラブ:関西大学KFSC

 

 

紀平梨花さんは兵庫県西宮市に生まれ、
3歳の時に母と姉とアイスリンクに行ったことでスケートに出会ったそうです。

 

 

5歳の時にスケート教室に通い始め、
当時はスケートの他にもバレエ、体操、ピアノを習っていたそうです。

 

 

5歳の時から4つも習い事を掛け持ちしていたなんて
とても大変ですね!

 

 

家庭もきっと裕福だったのでしょう。

 

 

しかしどの習い事も全く関連性がない習い事ではなく、
スケート、バレエ、体操がお互いに役立ちそうなのはもちろんのこと、
ピアノを習うことによって音感やリズム感が養われそうなので
紀平梨花さんはスケート以外の道に進んでいたとしても
成功していたように思えます。

 

 

実際、紀平梨花さんのご両親は梨花さんの教育にとても熱心で、
紀平梨花さんが中学校に入学した際には
住んでいた一軒家を売り払って学校とスケートリンク両方通いやすい場所に引っ越したのだとか。

 

 

また梨花さんのお母さんも、
梨花さんのスケートの送り迎えをするためにそれまで正社員として働いていた会社を辞め、
時間に融通のきく会社に転職したそうです。

 

 

それほど紀平梨花さんのご両親は梨花さんの夢を叶えるために人生をかけているんですね。

 

 

特にフィギュアスケートは世界で一番お金のかかるスポーツだと言われており、
世界の舞台に近づけば近づくほどその費用は増大していくといいますから、
こうした家族のサポートは必須になってくるのでしょう。

 

 

とても素敵なご両親ですし、梨花さんもその期待に応えるように大活躍されていて素晴らしいですね!

 

スポンサーリンク


紀平梨花の中学は関西大学の中等部

紀平梨花さんの生い立ちを簡単に見てきましたが、
続いて紀平梨花さんが現在通っている関西大学中等部について見ていきます。

 

 

関西大学中等部は有名私立大学・関西大学の
中等部に当たる学校で、

小・中・高一貫の学校法人になります。

 

 

紀平梨花さんの小学校の情報は出ていないので
梨花さんが関西大学初等部に通っていたのかどうかはわかりませんが、
関西大学に中等部から入学する場合、
中学受験が必要になります。

 

 

関西大学中等部の偏差値は63なので、

かなりレベルの高い中学校であることがわかります。

 

 

また、学費も年間で130万円ほどかかるので、
それなりに裕福な家庭でないと通わせるのは難しいと言えるでしょう。

 

 

ちなみに同じくフィギュアスケート選手の本田真凛さん、本田望結さんも関西大学中等部出身です。

 

 

フィギュアスケートの選手はみなさん育ちがいいのですね!

 

スポンサーリンク


紀平梨花の実力や得意技は?

そんな紀平梨花さんの実力はどれほどのものなのでしょうか?

 

 

まずはこれまでの成績から見てみます。

 

 

紀平梨花さんは2015〜2016年のシーズンの
全日本ノービス選手権Aクラス(11歳以上12歳以下の部)で優勝を果たします。

 

 

また、全日本フィギュア選手権では初出場で11位、
2016年にスロベニアで開催されたトリグラフトロフィーのノービスクラスで優勝するなど、
大会にで始めた頃からかなりの好成績を残してきています。

 

 

その後も数々の大会で好成績を残しますが、
紀平梨花さんが注目されたのは難しい技を次々に成功させたことにあります。

 

 

JGPリュブリャナ杯では女子史上7人目となる3回転アクセルに成功するとともに、
6種類にもおよぶ3回転ジャンプを成功させたことで
一躍注目を浴びるようになりました。

 

 

6種類8本の3回転ジャンプをミスなしで成功させたのは
なんと紀平梨花さんが女子で初なのだとか。

 

 

さらに2017年12月のグランプリファイナルでも
史上初のトリプルアクセル・トリプルトーループを成功させていますから、
正真正銘の「若きヒロイン」であると言えるでしょう。

 

 

2018年の平昌オリンピックには年齢制限のため残念ながら出ることは出来ませんが、
2022年以降のオリンピックでは
金メダルを狙えるほどのスターになっている可能性は十分にあります。

 

 

今後が楽しみでしかありませんね!

 

スポンサーリンク


紀平梨花と本田真凛との比較

紀平梨花さんの活躍とともに注目されるのが、
同年代である本田真凛さんとの比較です。

 

 

本人たちからしたら「正直ほっといてほしい」と思っているかもしれませんが(笑)、
私たち視聴者からしたら気になるところではありますよね。

 

 

紀平梨花さんと本田真凛さんは実はコーチが同じで、
紀平梨花さん曰く「本田真凛さんは憧れでもありライバル」
なのだそうです。

 

 

気になる実力の比較ですが、
これは正直比べるのが難しいと言えます。

 

 

というのも、
紀平梨花さんは3回転ジャンプなど難度の高い技を決める能力が高い選手であるのに対し、
本田真凛さんは安定力や演技力が高い選手であるからです。

 

 

つまり、安定感に着目するか、技の難度に着目するかで
意見は変わってくるということです。

 

 

2人とも自分の長所を伸ばしつつ弱点を克服していければ、
最高の選手になっていくでしょう!

 

スポンサーリンク


紀平梨花を浅田真央の15歳の時と比較

「日本の女子フィギュアといえば浅田真央!」
と思っている人は多いでしょう。

 

 

そこで、浅田真央さんが紀平梨花さんと同い年だった時、
15歳の頃の活躍と比較してみます。

 

 

浅田真央さんが15歳だったのは2005年。

 

 

当時は浅田真央さんがちょうどジュニアデビューした時で、
ジュニアグランプリでは3戦全てで優勝、
さらにジュニアグランプリファイナルでは女子ジュニア史上初のトリプルアクセルに成功するなど、
当時からスーパースターだったようです。

 

 

また、2005〜2006年のシーズンのグランプリファイナルでも優勝を果たし、
その後2006年のトリノオリンピックへの出場が期待されるも
年齢制限のため出場できなかったようです。

 

 

こうして当時の浅田真央さんの活躍を見ていると、
今の紀平梨花さんに通じるところがありますね!

 

 

また、女子フィギュアのレベルも今は当時に比べて底上げされているでしょうし、
今後紀平梨花さんも浅田真央さんと同等レベル、
もしくはそれ以上の選手になっていく可能性があります。

 

スポンサーリンク


まとめ

紀平梨花さんの生い立ちや中学校について見ていくとともに、
ライバルの本田真凛さんとの比較や
15歳の時の浅田真央さんとの比較について見ていきました。

 

 

紀平梨花さんがどれほど将来有望な選手であるかがわかっていただけたのではないでしょうか?

 

紀平梨花さんが出場する世界ジュニア2018の詳細

フィギュアスケート世界ジュニア選手権2018の日程・出場選手・放送予定

 

-スポーツ, フィギュアスケート torenndogarden.com

執筆者:

関連記事

フィギュアスケート世界選手権2018の無料見逃し配信や再放送はある?

2018年3月19日〜25日にフィギュアスケート世界選手権2018が開催されます。   日本からは宇野昌磨選手と田中刑事選手の出場が確定しており、 羽生結弦選手に関しては怪我の回復の状態を見 …

下町ボブスレーの性能が悪いというのは嘘だった?ガイアの夜明けで明らかになった真実とは?

2018年の平昌オリンピックでジャマイカの女子チームと契約していた下町ボブスレーが、 オリンピック開催直前に不採用になったことで話題になりました。   不採用になった理由としては下町ボブスレ …

マスターズゴルフ2018の日程と出場選手・組み合わせ【テレビ放送予定は?】

  マスターズゴルフ2018がいよいよ開幕します。   今回は、マスターズゴルフ2018の日程や出場選手、組み合わせ、 さらにテレビでの放送予定について見ていきます。   …

大相撲春場所2018の見逃し配信の動画をネットで視聴する方法

  2018年3月11日から大相撲春場所が開幕されますね。   最近は相撲業界も何かと騒がしいですが、 2018年の大相撲春場所に関しても例年とは違ったドラマが見られそうです。 & …

西谷浩一監督(大阪桐蔭)のスカウト技術がやばい!性格や授業の評判は?

高校野球の超強豪校・大阪桐蔭高校で監督を務める西谷浩一さんの指導法にスポットを当てていきたいと思います。   西谷浩一監督のスカウト技術や性格、学校での授業の評判について見ていきます。 &n …

カテゴリー

スポンサーリンク




 


スポンサーリンク




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.