寺田農の経歴は?若い頃の画像や再婚について!【ムスカ大佐の声優】

NO IMAGE

2017年12月13日放送の「笑ってこらえて」に俳優・寺田農さんが出演されるようです。

 

 

寺田農さんといえば名俳優ですが、今の若い世代は知る人も少なく、
バラエティ番組にもあまり出ることがないのでどういう人なのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで今回は、寺田農さんの経歴について見ていくとともに、
若い頃の活動や画像、さらには結婚から再婚まで寺田さんの人生にスポットを当ててみたいと思います。

 

寺田農の経歴は?

寺田農のプロフィール

生年月日:1942年11月7日

出身地:東京都板橋区

身長:173 cm

血液型:B型

職業:俳優、声優

活動期間:1961年〜

事務所:オスカープロモーション

 

 

ベテラン俳優として知られる寺田農さんは、
1942年、洋画家の父・寺田政明さんと母親の間に生まれます。

 

 

ちょうど戦前に生まれたんですね。

 

 

そんな寺田農さんは19歳の時、文学座附属演劇研究所に第一期生として入所し、
その後は劇団雲、ラヴァンスといった芸能事務所を経て
現在のオスカープロモーションに所属するに至ります。

 

 

寺田農さんが俳優デビューしたのは
1965年の映画「恐山の女」。

 

 

その後現在に至るまで数々の作品に出演し、
主な出演作品としては

ドラマ
「青春とはなんだ』」
「あいつがトラブル」
「琉球の風」
「月下の棋士」
「武蔵 MUSASHI」
「ドラゴン桜」

 

映画
「肉弾」
「座頭市と用心棒」
「帝都物語」

 

といった作品が挙げられます。

 

 

また寺田農さんは、俳優以外に声優としても活動しています。

 

 

声優としての代表作は、あの「天空の城ラピュタ」のムスカ役です。

 

 

そう、あの誰もが一度は真似したであろうムスカ大佐。笑

 

 

実は寺田農さんが声優だ他のです。

 

 

私もムスカ大佐のファンの一人でありながら、
声優が寺田農さんだということを知りませんでした。笑

 

 

そのほかにも寺田農さんは映画監督としても活動しており、
2008年には東海大学文学部で特任教授に就任し、
演劇や映画論といったことを教えているようです。

 

 

もし自分が東海大学の学生なら
「ムスカ大佐の授業が聞ける!」といって飛びついて行っていたでしょうね。笑

 

スポンサーリンク


寺田農の若い頃の画像は?

寺田農さんの経歴を簡単に見てきましたが、
ここで寺田農さんの若い頃の画像を見てみます。

 

 

 

とても渋くてかっこいいですね!

 

 

男らしく、なんとも言えないオーラを感じます。

 

 

昭和時代にモテそうな顔ですよね!

 

 

俳優の椎名桔平さんは寺田農さんの弟子なのだそうですが、
今の椎名桔平さんからも若い頃の寺田農さんの面影を少し感じる気がします。

 

スポンサーリンク


寺田農の結婚について!再婚してる?

そんな若い頃かっこよかった寺田農さんは、
1970年に女優の高橋紀子さんと結婚しています。

 

 

しかし高橋紀子さんとは、2006年に離婚してしまいます。

 

 

2006年ということは寺田農さんは64歳。

 

 

かなり年をとられてからの離婚だったんですね。

 

 

さらに驚きなのが、離婚した5年後の2011年、
なんと寺田農さんは一般女性と再婚しています。

 

 

ほぼ70歳です。

 

 

 

 

しかも相手の女性は35歳も年下の女性だったとか。

 

 

寺田農さんに対しても相手の女性に対しても「すごい、、」としか言いようがありません。

 

 

もし自分の妹や姉や娘が35歳も年上の男性と結婚したらびっくりしますよね。笑

 

 

ちなみに元奥さんや今の奥さんとの間にお子さんはおられないようです。

 

 

寺田農さんは普通の俳優とは一味違った「いろんな意味ですごい」俳優さんだと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク


まとめ

俳優・寺田農さんの経歴を簡単に振り返ると同時に、
寺田農さんの若い頃の画像や再婚について見てきました。

 

 

年齢的にも体に無理はして欲しくないですが、
これからも様々なドラマや映画で寺田さんの素晴らしい演技を見守っていきたいと思います。

 

芸能カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.