シャンシャンが大きくなる時期はいつ?パンダの成長速度ってどのくらい?

NO IMAGE

 

 

ジャイアントパンダの赤ちゃん・シャンシャンが2017年12月から観れるということで、
多くの人が楽しみにしているようですね!

 

 

シャンシャンの観覧は抽選方式となっており、
抽選に見事当選してシャンシャンを見に行ける人、
残念ながら落選してしまった人など、
様々でしょう。

 

【関連】シャンシャンの観覧方法は抽選!公開期間は?倍率も計算してみた

 

 

そんな中気になるのが、
「シャンシャンっていつになったら大きくなるの?」
ということです。

 

 

今回の抽選での観覧期間中にシャンシャンを見に行きたいという人の多くは、
「シャンシャンを小さい体のうちに見ておきたい!」
と考えていることでしょう。

 

 

なので残念ながら抽選に外れてしまった人は、
「今回の観覧チャンスを逃したら赤ちゃんのシャンシャンはもう見れないの?」
と思っていると思います。

 

 

そこで今回は、シャンシャンの体が大きくなる時期はいつなのか、
一般的なパンダの成長速度はどれぐらいなのか、
といったことについて見ていきます。

 

一般的なパンダの成長速度は?

まずは一般的なパンダの成長速度について見ていきます。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんパンダは、
体重50〜140gと、人間の片手に収まるぐらいのサイズと重さしかありません。

 

 

見た目も私たちが想像するような白黒のパンダのような面影はなく、
ピンク色の地肌に少し毛が生えているだけです。

 

 

それが1週間も経つと大きく見た目が変化し、
一般的に想像されるような白黒のパンダの見た目になります。

 

【関連】シャンシャンがピンク色なのはなぜ?中国の反応は?

 

 

生後1ヶ月や2ヶ月にもなるとハイハイやおすわりができるようになり、
生後3ヶ月頃には体重4〜5kgと、生まれた時の何十倍から百倍もの体重になります。

 

 

大人のジャイアントパンダの体重はメスでおよそ70〜100kgと言われていますが、
それまでの体重の推移としては、

生後6ヶ月→約10kg
生後10ヶ月→約30kg
生後1年→約40kg
生後1年半→約60kg
となっているため、

およそ1年半から2年ほどで大人のパンダと同じぐらいの体重まで成長するのです。

 

 

生まれた時の体重は人間よりもはるかに軽いのに、
成長速度は人間とは比べ物にならないぐらい早いのですね!

 

スポンサーリンク


シャンシャンが大きくなる時期はいつ頃?

シャンシャンの誕生日は2017年6月12日です。

 

 

つまりシャンシャンの一般公開が開始される2017年12月時点で
生後5ヶ月ということになります。

 

 

一般的なパンダの成長速度に当てはめると、
体重10kg前後ということになりますね。

 

 

実際にシャンシャンの体重が10kgを超えたのは11月20日と発表されていますから、
普通のパンダよりも速い速度で成長していることがわかります。

 

 

この調子で成長していけば、
2018年の夏頃には大人のジャイアントパンダと
同じぐらいの大きさになっているのではないでしょうか。

 

 

シャンシャンの抽選による観覧期間は2018年の1月までで、
それ以降は「シャンシャンの健康状態に応じより多くの人が観覧できる見込み」と発表されているので、
今回残念ながら抽選に外れてしまった人でも夏前までであれば
大人の大きさまで成長する前のシャンシャンを見ることは可能だということです。

 

 

今ほど小さいシャンシャンは今しか見れないですけどね。。

 

 

中ぐらいのサイズでもいいので完全に成長しきる前に
可愛いシャンシャンの姿を拝んでおきたいですね!

 

スポンサーリンク


まとめ

シャンシャンの体が大きくなる時期はいつなのか、
一般的なパンダの成長速度に照らし合わせて考察してきました。

 

 

これからの上野動物園を背負っていく存在になるであろうシャンシャン。

 

 

健康ですくすくと成長していってほしいですね!

 

イベント・行事カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.