YOSHIKIのピアノの実力と腕前〜天皇陛下に披露するほどの超人的レベルだった!?

NO IMAGE

日本が世界に誇るロックバンド・XJAPANのリーダーであるYOSHIKIさんの
ピアニストとしての一面にスポットを当ていきたいと思います。

 

YOSHIKIさんといえばドラムにダイブするなど、
激しいパフォーマンスをすることで知られるアーティストですが、
一方で美しい音色を奏でるピアニストとしての一面も持っています。

 

そこで今回は、YOSHIKIさんのピアノの実力や腕前、
さらには天皇陛下の御前でピアノ演奏を披露した際のエピソードなどについて見ていきます。

 

YOSHIKIのドラムのテクニックと実力【下手?上手い?】

 

YOSHIKIのピアニストとしての一面

XJAPANやYOSHIKIさんのファンの方にとっては言うまでもないことですが、
YOSHIKIさんはドラマーだけでなくピアニストとしての一面も持っています。

 

YOSHIKIさんソロだけでなく、
XJAPANの曲や他のアーティストのプロデュース曲においても
ピアノを演奏しています。

 

XJAPANの曲を少しでも聞いたことのある人なら分かると思いますが、
XJAPANの曲はハイテンポの激しい曲であっても
どこかクラシカルの雰囲気を感じさせる曲が多いと思います。

 

例えばXJAPANの代表曲の「紅」や「Rusty Nail」。

 

「紅」のLIVE版はピアノの美しいメロディから始まり本来の激しい曲調へ、
「Rusty Nail」は終始激しい曲調なのかと思いきや途中で静かなピアノ演奏が入ったりと、
他のロックバンドにはない独特の世界観を奏でています。

 

 

 

またXJAPANはバラード曲も大変有名で、
YOSHIKIさんのピアノ演奏を存分に味わうことができます。

 

バラードの代表曲「Forever Love」は小泉純一郎元首相も絶賛するほどの有名曲で、
サビを聴けば誰もが
「どこかで聴いたことがある。。」
という感想を持つのではないでしょうか?

 

 

 

ソロとしては、国内外問わずピアノのコンサートを行っています。

 

近年の功績としては、2017年1月にアメリカ・ニューヨークのカーネギーホールでクラシックコンサートを開催、
日本での活躍としては、2016年8、9月にリッツカールトン大阪、グランドハイアット東京でディナーショーを開催するなど、
幅広い場所で活躍されています。

 

【関連】YOSHIKIのカレー事件の店は現在も六本木にある?食べたメニューはどれ?

 

スポンサーリンク


YOSHIKIのピアノの実力と腕前は?

そんなYOSHIKIさんのピアノの実力と腕前はいかほどのものなのでしょうか?

 

私自身は音楽の専門家でもないのでプロ目線からの評価はできませんが、
これまでの経歴や評判などからYOSHIKIさんのピアノの腕前と実力を評価することはできます。

 

YOSHIKIさんは4歳の頃からピアノを始め、
家の近くのピアノ教室でレッスンを受け始めます。

 

それからというもの、父親が日頃購入するクラシックのレコードを好んで聴くようになり、
8歳の頃にはシューベルトやベートーベンのレコードを自分のお小遣いで買うようになったそうです。

 

そんなYOSHIKIさんは、なんと9歳の頃にはピアノで作曲をするほどにまでなったとか。

 

幼い頃から培われてきた音楽のセンスが、
今の世界的ピアニストであるYOSHIKIさんに影響を与えているのですね。

 

そんなYOSHIKIさんのピアノの実力と腕前ですが、
演奏そのものについては意見が分かれているようです。

 

否定的な意見もあり、
「知名度だけで演奏そのものは上手くはない」
「演出はすごいけど実力自体は大したことない」
と言ったものです。

 

しかしそれは、「世界的ピアニストと比較した場合」の評価だと考えられます。

 

確かにYOSHIKIさんはプロのピアニストであることは紛れもない事実ですが、
幼少期から今までの人生のほとんどすべての時間をピアノに捧げてきた世界的ピアニストと比べると
実力は劣るのかもしれません。

 

またこうした評価はおそらく「技術的な部分のみ」に着目された評価であるとも考えらえます。

 

音楽家は技術的な部分はもちろん大切ですが、
それ以上に表現力や演出など、
「魅せる能力」も必要になってきます。

 

「魅せるピアニスト」としてはYOSHIKIさんの実力は
世界でも通用するレベルだと言っていいでしょう。

 

まとめると、YOSHIKIさんのピアノの腕前・実力は
技術面に着目するか、表現力や演出など全体に着目するか
によって評価が変わってくると言えます。

 

【関連】YOSHIKIの小学校・中学校・高校を調査!学生時代のぶっ飛んだエピソードとは?

 

スポンサーリンク


YOSHIKIは天皇陛下即位10周年でピアノを披露していた

YOSHIKIさんがピアニストとして残した功績として最も大きいのが、
「天皇陛下即位10周年」におけるピアノ演奏です。

 

YOSHIKIさんが天皇陛下にピアノを披露したのは1999年。

 

当時はXJAPANが解散した直後で、
ボーカルのTOSHIさんの洗脳騒動や
ギターのHIDEさんの訃報など、
YOSHIKIさんにとって非常に辛く、苦しい時期でした。

 

当時は「表舞台に出るのはもうやめよう」と考えていたほどだそうです。

 

そんなYOSHIKIさんが天皇陛下即位10周年でピアノ演奏の依頼を受け、
自らオーケストラを率いて奉祝曲「Anniversary」を披露します。

 

その時の動画がこちら。

 

 

 

天皇陛下・皇后両陛下もご満足されている様子が伺えます。

 

この演奏がYOSHIKIさんがどん底から復活した際の演奏だと知ってから聴くと、
何も知らずに聴いた時とは違った感情にさせられますね。

 

スポンサーリンク


ピアノ演奏においても誰にも真似できないパフォーマンス

YOSHIKIさんはドラマーとしてもものすごいパフォーマンスを披露していますが、
実はピアニストとしても他のアーティストには決して真似のできないパフォーマンスを披露しています。

 

YOSHIKIさんのピアノパフォーマンスとして最も衝撃的だったのが
「雨に打たれながらのパフォーマンス」でしょう。

 

その時の動画は残っていませんでしたが、画像がありました。

 

 

少しわかりにくいですが、YOSHIKIさんの髪の毛や服を見ると
ずぶ濡れになっているのがわかります。

 

クリスタルのピアノに白い衣装に降り注ぐ雨。

 

 

なんとも美しい演出ですね!

ピアノは雨に濡れて大丈夫だったのでしょうか?笑

 

おそらく誰にも真似できない(誰も真似したがらない?)パフォーマンスだと言っていいでしょう。

 

まさに「魅せるピアニスト」ですね。

【参考】YOSHIKIのピアノの値段やモデルは?市販での購入はできるのか



まとめ

YOSHIKIさんのピアノの腕前と実力、
天皇陛下即位10周年で披露した曲や
YOSHIKIさん独特のパフォーマンスについて見てきました。

 

これからも、数々の伝説を残していってほしいと思います。

 

芸能カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.