平野歩夢の海外の反応がやばい!体脂肪率や筋肉もすごい?

NO IMAGE

もうすぐ平昌五輪が開幕しますね。

 

フィギュアスケートを始め、
各競技で様々な選手が注目されていますが、
この記事ではスノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢選手に注目していきたいと思います。

 

平野歩夢選手の海外の反応はどれほどのものなのか、
また平野歩夢選手の筋肉や体脂肪率といったことについても見ていきます。

 

平野歩夢のプロフィール

本名:平野歩夢(ひらのあゆむ)
愛称:あゆみん
生年月日:1998年11月29日(2018年1月現在19歳)
出身地:新潟県村上市
身長:165cm
所属:木下グループ
学歴:村上市立村上第一中学校卒業→開志国際高等学校アスリートコース→日本大学スポーツ科学部在学

 

平昌オリンピックのスノーボード男子で最も注目されている選手といえば平野歩夢選手。

 

2014年のソチオリンピックでは15歳という年齢ながら銀メダル、
2016年のX GAMES OSLO、2018年のX GAME ASPENではともに金メダルを取るなど、
まさにスノーボード界のスーパースターと言えるでしょう。

 

ちなみに平野歩夢選手がソチオリンピックで銀メダルを取った際の年齢は、
正確には15歳と74日。

 

「この15歳と74日でのメダル獲得」というのは、
冬季オリンピックでは日本人史上最年少記録なのだそうです。

 

4年前リアルタイムで平野歩夢選手の活躍を見た人は、
誰もがその若さに驚いたことでしょう。

 

この最年少記録はギネス世界記録にも認定されているのだとか。

 

そんな平野歩夢選手はスケートパークを運営する父・平野英功さんのもとに生まれます。

 

4歳の時に兄の影響でスケートボードとスノーボードを始め、
福島県や山形県のスキー場で練習していたそうです。

【関連】平野歩夢と平野紫耀が似てる?兄弟説や親戚説を検証!

 

スキーやスノーボードを本格的にやっている人は練習場所が限られてくるので、
近くにスキー場がない場所に住んでいる人は練習場に行くだけでも大変ですよね。

 

平野歩夢選手が生まれた新潟県にもスキー場はありそうですが、
平野歩夢選手も福島や山形まで行き練習をしていたことになります。

 

小さい頃からスケートボードとスノーボードを始めた平野歩夢選手は、
小学生の頃にはその才能を発揮しだします。

 

小学4年生の時、大手スノーボードメーカーのバートンと契約し、
2011年、2012年(平野歩夢選手が12歳、13歳)の時には
全米オープンのジュニアジャムで連覇を果たします。

【参考】平野歩夢の板やウェアのブランドは?ニット帽やゴーグルのモデルも調査!

 

さらに2013年、14歳の時に出場したX GAMESでは史上最年少で銀メダルを獲得し、
その後もワールドカップやグローバルオープンシリーズなど、
数々の世界大会で金メダルや銀メダルを獲得します。

 

しかし2016年~2017年シーズンに、未成年飲酒疑惑で活動を一旦休止し、
その後の全米オープンでは左膝の内側側副じん帯損傷、腹部強打肝臓という大怪我をしてしまいます。

 

それでも平野歩夢選手は無事回復し、
2018年1月28日に開催されたX GAME ASPENでは史上初の連続4回転を決め金メダルを獲得、
挫折を味わいながらも完全復活を果たします。

 

2018年の平昌オリンピックでも十分金メダルが期待できる選手なのであないでしょうか?

 

日本のスノーボード界においてこれほど才能と実力のある選手は
今後なかなか現れないと言っていいでしょう。

 

スポンサーリンク


平野歩夢の筋肉がすごい?体脂肪率は?

スノーボードを一度でもやっったことのある人なら分かると思いますが、
スノーボードは全身の筋肉をかなり使います。

 

一度ボードを足に装着すると両足が離れないので、
体の柔軟性とバランスの良い筋肉が必要になるとても難しいスポーツなのです。

 

そんな難しいスポーツで頂点に立つ平野歩夢選手ですから、
当然すごい筋肉をしています。

 

平野歩夢選手の筋肉がわかる画像がこちら。

 

 

 

上の画像はまだ15歳の頃の平野歩夢選手の画像ですから、
成長期が終わっていない段階でもこれほどの筋肉があったというのは驚きです。

 

服を着ていてもとても引き締まっていてかつガタイのいい体型であることがわかります。

 

顔もイケメンなので相当モテるのではないでしょうか?笑

 

ここで、スノーボード選手が一般的に行っている筋肉トレーニング法について見ていきます。

 

基本的には、
腕立て伏せや腹筋・背筋、スクワットといった自重トレーニングに加え、
バランスディスクやバランスボールといった体幹を鍛えるトレーニング、
さらに有酸素運動が中心なのだそうです。

 

これだけ発達した筋肉を持っていながら、
バーベルなどを使った重量系のトレーノングは行っていないことがわかります。

 

むしろ重量系の筋肉トレーニングによって得られる筋肉は、

スノーボードをする上では無駄な筋肉になってしまうのかもしれません。

 

全身の筋肉をうまく稼動させるのがスノーボーダーにとっては大事なことなのでしょう。

 

次に、平野歩夢選手の体脂肪率についても気になります。

 

具体的な数字については明かされていませんが、
身長は165cm、体重は55kgと発表されています。

 

BMIを計算すると約20.2なので、身長に対する体重としては標準的な数値であることがわかります。

 

ただ、あれだけの筋肉があった上での標準的なBMIですから、
体脂肪率に関しては標準体型の一般男性よりもかなり低いと想像できます。

 

10%以上あるということは絶対にありえないので、
平野歩夢選手の体脂肪率は7%前後なのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク


 平野歩夢の海外の反応は?

最後に、圧倒的実力を誇る平野歩夢選手の海外の反応について見ていきます。

 

平野歩夢選手の存在は当然海外にも知れ渡っており、
様々な反応があります。

 

一番多い反応としては、
「スノーボードの技術も顔もクールだ」
というものです。

 

イケメンで世界レベルの技術を持っている選手ですから、
こうした反応が多いのは当然と言えるでしょう。

 

また、
「snow samurai(雪のサムライ)」
「beast(野獣)」
といった反応もありました。

 

これらの反応はソチオリンピックが終わった直後に多く見られた反応なので、
今回の平昌オリンピック後はもっとすごい反応があるかもしれませんね。

 

追記!平野歩夢選手が平昌五輪で銀メダルを獲得!

2018年2月14日に行われたスノーボード男子ハーフパイプ決勝で、

平野歩夢選手が銀メダルを獲得しました。

 

金メダルを獲得したのは平野歩夢選手のライバルでもあるショーン・ホワイト選手。

 

両選手とも他の追随を許さないほどの圧倒的な活躍ぶりでしたね。

 

同じ日本人として欲を言うなら金メダルを取って欲しかったというのが正直なところですが、

平野歩夢選手の存在は間違いなく日本の宝といっていいでしょう。

 

平昌オリンピックでも、これまでに出てきた海外の反応と同様、

世界中の人が平野選手の圧倒的な実力に驚いているようです。

 

これだけの実力がありながらこれからまだまだ成長する選手だと思うので、

今後の大会でも素晴らしい成績を残していってほしいですね!

 

スポンサーリンク


 

まとめ

平野歩夢選手の筋肉や体脂肪率、さらに海外での反応について見ていきました。

 

これだけ若い年齢で活躍している姿を見ると、
「自分も頑張らないとな!」という気持ちにさせられますね。

 

若きスターの今後の活躍も見逃せません。

 

スポーツカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.