羽生結弦の体脂肪率は?【身長体重の変化】以前よりも筋肉ついた?

羽生結弦の体脂肪率は?【身長体重の変化】以前よりも筋肉ついた?

日本の男子フィギュアスケートで一番人気を誇っている羽生結弦選手ですが、
羽生結弦選手の体型について気になっている人は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、羽生結弦選手の体脂肪率はどれぐらいなのか、
またフィギュアスケート選手として知名度を上げてからの身長体重の変化はあるのか、
さらに以前よりも筋肉がついたのかといったことについて見ていきます。

 

羽生結弦の身長体重の変化

羽生結弦選手は2018年2月現在23歳ですが、
19歳で金メダルを取ったソチオリンピックの時からの身長・体重の変化について見ていきます。

 

公式の発表によると羽生結弦選手の身長体重は、

2014年ソチオリンピック(当時19歳)→身長171cm、体重52kg

2018年平昌オリンピック(23歳)→身長172cm、体重57kg

 

となっています。

 

男性の場合通常17歳〜18歳で骨の成長が止まると言われているので、
わずかではありますが、19歳以降も身長が伸びていたというのは珍しいことなのではないでしょうか。

 

体重に関しては、4年間で5kg増えているようです。

 

身長の1cmという伸びに対し5kgの体重の増加というのはかなり増えて方なのではないでしょうか?

 

5kgも体重が増えても「太った」という印象を受けるどころか
一般男性に比べるとかなり細い見た目をしているので「さすが羽生選手!」といったところですね。

 

ちなみにここでBMIも計算してみます。

 

2014年ソチオリンピック時の羽生結弦選手のBMIは約17.8
2018年平昌オリンピック時のBMIは約19.2

 

BMIは18.5以下だと「痩せている」、18.5〜25だと「標準体型」と言われているので、
羽生選手はソチオリンピックの時の痩せていた体型から標準体型まで体重を増やしたということになります。

 

とは言っても一般男性で身長が172cmある人であればほとんどの人が65kg前後の体重なので、
一般男性よりはかなり痩せていると言えます。

 

【関連】羽生結弦がワンオクの曲でストレッチする様子が話題に!「完全感覚Dreamer」になっているのか

 



 

羽生結弦は以前よりも筋肉ついた?

4年間で5kgの増量をした羽生結弦選手ですが、
もちろん「食べ過ぎて太った」なんて理由で体重が増えたわけではありません。

 

細いスタイルを維持すながら体重が増えたということはすなわち、
「筋肉量が増えた」
ということになります。

 

実際ネットで羽生結弦選手のファンと見られる方のSNSでの投稿を見ていると、
「羽生くん前よりも筋肉ついた?」と言った書き込みも多く見られます。

 

そこで、2014年と2018年それぞれの羽生結弦選手の筋肉がわかる画像を比較してみようと思ったのですが、
衣装を着ている画像しかなかったため筋肉の成長を目で見てわかるものはありませんでした。

 

しかし、2017年にロシア人で同じくフィギュアスケート男子のプルシェンコ選手と羽生選手がツーショット画像を撮ったことで話題になっていました。

 

その画像がこちら。

 

 

プルシェンコ選手の衣装は置いといて(笑)、
羽生結弦選手のこの太ももをみてください!

 

衣装を着た時の華奢な体からは想像もできないような「隠れマッチョ」だったのです。

 

フィギュアスケートは全身の筋肉を使う競技なので少し考えれば選手はみなすごい体をしていることは想像できますが、
実際の写真で見るとやはりびっくりしますね。

 

一切の無駄のない、美しい体であることがわかります。

 

現在も脂肪がついていないにもかかわらず4年前よりも5kg増えているので、
「以前よりも筋肉がついた」というファンの見方は間違っていなかったようですね。

 

スタミナをつけるために増量したのでしょうか?

【関連】

羽生結弦の北京オリンピックの出場はある?それとも平昌で引退?

世界フィギュアスケート選手権2018の日程と出場選手【羽生結弦やフェルナンデスは出ない可能性も?】

フィギュアスケート世界選手権2018の無料見逃し配信や再放送はある?

 



 

羽生結弦の体脂肪率はどれぐらい?

これだけ高身長で体重も少なく筋肉もしっかりついていると、
やはり気になるのが体脂肪率です。

 

調べてみたところ、2017年の段階での羽生結弦選手の体脂肪率はなんと3%だったとされています。

 

ただこの数値は公式に発表されているわけではないので
本当に3%であるかどうかは怪しいところです。

 

というのも、人間の身体の構造上50kg台の体重で「体脂肪率3%」というのは生命を維持できなくなるため事実上不可能だとする意見もあるからです。

 

しかしこれは、「脳だけでも4〜5%の脂肪がある」という事実から出た意見で、
一般的にスポーツ選手が公表している体脂肪率は脳の脂肪を除外した数値です。

 

さらに、体脂肪率の測定法は幾つかありそれぞれの測定法により必ず誤差が生じるので、
生命に危険が及ばないレベルであっても3%という数値が出ることはありえない話ではないのです。

 

サッカー選手の長友佑都選手なんかも3%だとされています。

 

よって羽生結弦選手の体脂肪率も3%、あるいは5%前後といったところなのではないでしょうか?

 

【関連】羽生結弦のスケート靴のモデルを市販で買うには?【ヤフーオークションで出品されていたのと同じもの】

 



 

まとめ

羽生結弦選手のソチオリンピックからの身長体重の変化や筋肉がついたという噂の真相、
さらに体脂肪率などについて見ていきました。

 

一般人からは考えられないような驚きの数値ばかりだったのではないでしょうか。

 

【羽生結弦選手に関連する記事】

羽生結弦が「キモすぎ」と嫌われる理由は?ナルシストは悪いことなのか

 

スポーツカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.