宇野昌磨と浅田真央は仲良し?抱っこ画像や花束を渡す写真も?

宇野昌磨と浅田真央は仲良し?抱っこ画像や花束を渡す写真も?

男子フィギュアスケートの宇野昌磨選手が数々の大会での活躍を重ねるごとに人気を博してきていますが、
かつて女子フィギュアスケートの日本のスターとして活躍していた浅田真央さんとの中が注目されています。

 

この記事では、浅田真央さんと宇野昌磨さんの関係や仲良しエピソード、
また話題になっている抱っこ画像や花束を渡す写真について見ていきます。

 

宇野昌磨と浅田真央は仲良し?

宇野昌磨選手と浅田真央選手は非常に仲良しなことで知られています。

 

仲良しと言っても「恋愛関係」のような仲の良さではなく、
先輩後輩としての仲の良さ、浅田真央選手にとって宇野昌磨選手は弟のような存在なのだとか。

 

そんな宇野昌磨選手が浅田真央選手と出会ったのはなんと5歳の時でした。

 

当時スケートリンクに遊びに行っていた宇野昌磨さんは、
当時12歳の浅田真央さんに偶然出会います。
(当時はまだ選手ではないので)

 

その時宇野昌磨さんはリンクでアイスホッケーをやっていたそうなのですが、
浅田真央さんは宇野昌磨さんに
「かわいいね!スケートやりなよ!」と声をかけたそうです。

 

この偶然の出会い、浅田真央さんが何気なくかけた一言が
後のスーパースターを生み出すことになるなんて当時は誰も想像しなかったのではないでしょうか?

 

また当時は浅田真央さん自身も有名になっていない時なので、
なんとも不思議なエピソードです。

 

まだ浅田真央さんも幼かった頃なので宇野昌磨さんの才能を的確に見抜いていたとは言い難いですが、
子供の感性だからこそ感じるただならぬ可能性を宇野昌磨さんに感じていたのかもしれませんね。

 

宇野選手からしても自分に声をかけてくれたお姉さんが数年後にオリンピックメダリストにまでなっているとは思っていなかったでしょうし、
浅田選手からしても自分の活躍の後に自分が声をかけた男の子が偉大な選手になっているとは思っていなかったでしょう。

 

ちなみにその当時の浅田真央さんと宇野昌磨さんのツーショット写真がありました。

 

 

2人ともとても可愛らしい子どもですが、
当時から今の面影は感じられますね。

 

一見すると普通の子ども。

 

しかし10年後にはスーパースター。

 

つくづく人間の縁の不思議さを感じさせられます。

 

【関連】フィギュアスケート世界選手権2018の無料見逃し配信や再放送はある?

 

スポンサーリンク


浅田真央が宇野昌磨を抱っこしている画像も?

幼い頃から仲良しだった二人ですが、
浅田真央さんが宇野昌磨さんを抱っこしている画像がありました。

 

 

今では天然キャラとして知られている宇野昌磨選手なので、
この頃どんな気持ちで抱っこされていたのかということも気になります。笑

【参考】宇野昌磨の天然ボケキャラが「可愛い過ぎ」と話題!バラエティでも活躍できそう!?

 

浅田真央さんは相当宇野昌磨さんのことを可愛がっていたということがわかる画像ですね。

 

スケートファンにとってはたまらない画像なのではないですか?

 

スポンサーリンク


宇野昌磨が浅田真央に花束を渡す写真

2人がフィギュアスケート選手として有名になってから、
宇野昌磨選手が浅田真央選手に花束を贈呈する写真もあります。

 

 

これはスケート連盟の表彰祝賀会の時の写真で、
浅田真央選手がフィギュアスケートを引退した後長年の功績がたたえられ
特別賞を受賞した時に行われた表彰式です。

 

この花束贈呈では宇野選手は

本当に僕がスケートをするきっかけをくださって、本当にありがとうございました。今の人生は幸せで楽しいです。感謝の気持ちで一杯です

出典: xxhuyuzero.jp

 

と浅田真央選手に感謝の気持ちを述べ、
これに対し浅田選手も感激の気持ちを表していました。

 

小さい頃のスケートリンクでの出会いからの経緯を想像すると、
見ている方もなんだか勝手に感慨深くなってしまうエピソードです。

 

スポンサーリンク


宇野昌磨と浅田真央の関係は以前と変わった?

今でも仲良しな宇野昌磨選手と浅田真央選手ですが、
以前とは関係性が少し変化したと言います。

 

それは、宇野選手が浅田選手に「タメ口」を使わなくなったこと。

 

はじめは宇野昌磨選手は浅田真央選手のことを「真央ちゃん」と呼んでいたそうなのですが、
浅田選手が活躍し始めてからは「浅田選手」と呼ぶようになったそうです。

 

これに対し浅田選手は「成長してしまって少し寂しい」と述べています。

 

弟のように可愛がっていた宇野選手にはいつまでも「真央ちゃん」と頼って欲しかったのが浅田選手の気持ちだったのではないでしょうか?

 

一方で宇野選手としては大人になってから馴れ馴れしい呼び方で呼ぶことに「気恥ずかしさ」のようなものを感じているのだと思います。

 

両者の気持ちがわかるエピソードですね。

 

羽生結弦選手とも似たようなエピソードがあり、
はじめは宇野昌磨選手は羽生選手のことを「ゆづくん」と呼んでいたのが、
次第に「羽生選手」と呼ぶようになったのだとか。

 

友達のように慕っている先輩とどの程度の距離感で接すればいいのかというのは
宇野昌磨選手に限らず一般の人たちにとっても難しい問題ですよね。

 

スポンサーリンク


まとめ

宇野昌磨選手と浅田真央選手の仲良しエピソードや抱っこ画像、花束を渡す写真について見てきました。

 

いつまでも仲良しでいい関係でいてほしいと思いますね。

 

【関連記事】

世界フィギュアスケート選手権2018の日程と出場選手【羽生結弦やフェルナンデスは出ない可能性も?】

羽生結弦のスケート靴のモデルを市販で買うには?【ヤフーオークションで出品されていたのと同じもの】

スポーツカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.