メドベージェワとザギトワは姉妹で衣装も共用?顔の見分け方は?

メドベージェワとザギトワは姉妹で衣装も共用?顔の見分け方は?

現在の女子フィギュアスケートで世界1位、2位を争うロシアのメドベージェワ選手とザギトワ選手ですが、
2人は様々な共通点があるために区別が難しい時がありますよね。

 

そこでこの記事では、メドベージェワ選手とザギトワ選手は姉妹で衣装も共用であるという噂の真相、
さらにどっちがザギトワ選手でどっちがメドベージェワ選手なのか、顔の見分け方などについて見ていきます。

 

世界トップを争うメドベージェワとザギトワ

ザギトワのプロフィール
名前:アリーナ・イルナゾヴナ・ザギトワ
生年月日:2002年5月18日
身長:156cm
出身地:イジェフスク
所属クラブ:サンボ70
コーチ:エテリ・トゥトベリーゼ、セルゲイ・デュダコフ

 

ザギトワ選手は若干15歳でありながら(2018年2月現在)、
2017年のグランプリファイナルで優勝、2017−2018の欧州選手権で優勝、2017−2018のロシア選手権で優勝するなど、
まさに天才スケーターと言っていいでしょう。

 

6歳の時にスケートを始め12歳の時には親元を離れ現在のコーチであるエテリ・トゥトベリーゼ派の門を叩き、
2017年の世界ジュニア選手権では総合得点のジュニア歴代最高得点をたたき出しています。

 

メドベージェワのプロフィール
名前:エフゲニア・アルマノヴナ・メドベージェワ
生年月日:1999年11月19日
身長:162cm
出身地:モスクワ
所属クラブ:サンボ70
コーチ:エテリ・トゥトベリーゼ、セルゲイ・デュダコフ

 

メドベージェワ選手も数々の世界大会で優勝しており、
2016年以降なんと10回にもわたって世界記録を更新してきています。

 

メドベージェワ選手がスケートを始めたのは3歳の頃で、
9歳の頃には現在のコーチであるエテリ・トゥトベリーゼさんのチームに加わり、
ジュニア時代から数多くの大会で金メダル、さらにシニアクラスになってからも数多くの金メダルを取り、
世界中が驚く記録を残してきています。

【参考】メドベージョワの世界の反応は?キムヨナ超えの選手なのかそれとも・・?

 

かつてフィギュア界を席巻した浅田真央選手やキムヨナ選手が引退して世界最強クラスの選手がいなくなったかと思いきや、
ロシアから2人の若きスターが現れたことでその認識は大きく覆ることになります。

 

平昌オリンピックでもSPで1位、2位をメドベージェワ選手、ザギトワ選手が独占し、
別格の実力を世界に知らしめています。

 

スポンサーリンク


メドベージェワとザギトワの顔の見分け方は?どっちがどっち?

そんなメドベージェワ選手とザギトワ選手ですが、
同じロシア人選手でコーチも同じ、顔も似ているので日本人からすると顔の区別があまりつかないという人もいるでしょう。

 

そこで、メドベージェワ選手とザギトワ選手の顔の見分け方について見ていきます。

 

まずは画像で両選手の顔を比較してみます。

 

 

フィギュアスケートをしょっちゅう見ている人であれば分かるかもしれませんが、
「オリンピックでしか見ない」と言う人であればどっちがザギトワ選手でどっちがメドベージェワ選手かわからない人も多いのではないですか?

 

この画像だと、左がメドベージェワ選手、右がザギトワ選手になります。

 

こうしてみると全然顔が違うのがわかりますね。

 

メドベージェワ選手の方が3歳年上なので、少し大人びた雰囲気があります。

 

またメドベージェワ選手の方が目の彫りが深く、頬のふくらみもありますね。

 

 

眉毛の形は2人ともそっくりです。

 

顔全体で見ると、メドベージェワ選手の方が丸っぽく、ザギトワ選手の方が細くシュッとしている印象でしょうか。

 

どちらも色白で美しい女性ですが、皆さんはどっちの顔が好きですか?笑

【関連】

世界フィギュアスケート選手権2018の日程と出場選手【羽生結弦やフェルナンデスは出ない可能性も?】

フィギュアスケート世界選手権2018の無料見逃し配信や再放送はある?

 

スポンサーリンク


メドベージェワとザギトワの衣装は共用のもの?

様々な面で比較される二人ですが、
衣装についても比較されているようです。

 

そして調べていくと、「ザギトワの衣装はメドベージェワのおさがり?」という声がありました。

 

そこで、ザギトワ選手の「メドベージェワのおさがり」と言われている衣装について探してみました。

 

 

続いてメドベージェワ選手が着ていた衣装。

 

 

確かに同じ衣装ですね。

 

この衣装はメドベージェワ選手は15歳の時のジュニアグランプリシリーズの試合できていたもので、ザギトワ選手も15歳になった時のジュニアシーズンできていました。

 

両選手共15歳できているので、ザギトワ選手がメドベージェワ選手がかつて着て活躍していた衣装をお下がりで使ったということなのでしょう。

 

フィギュアスケート界では同門の後輩が先輩がかつて着ていた衣装を大会で使うを言うのはよくある話で、
日本の浅田真央選手が着ていた衣装を同門の後輩・村上佳菜子選手がお下がりで使うといったこともありました。

 

 

ついでに、こちらはザギトワ選手が2017−2018シーズンの中國杯とフランス杯できていた衣装ですが、
こちらも先ほどの衣装と同じものに見えるもののよく見ると胸元の刺繍が異なることがわかります。

 

なのでこちらの新しい方の赤い衣装はメドベージェワ選手のお下がりではないようです。

 

【関連】羽生結弦のスケート靴のモデルを市販で買うには?【ヤフーオークションで出品されていたのと同じもの】

 

スポンサーリンク


メドベージェワとザギトワは姉妹?

最後に、メドベージェワ選手とザギトワ選手の姉妹説の真相を見ていきます。

 

顔もわりと似ていてコーチも同じ、衣装も共有しているということで姉妹説が出るのは無理のない話だと思いますが、
結論から言うとメドベージェワ選手とザギトワ選手は姉妹ではありません。

 

ただ単に、同じ派に所属する先輩後輩の関係であることがわかりました。

 

ちなみにメドベージェワ選手の父親はアルメニア人、母親はロシア人で、
両親は離婚しているために母親の元で育てられます。

 

一方ザギトワ選手の父親はロシア人のアイスホッケーのコーチ、母親の情報はありませんでしたが妹もフィギュアスケートをやっているということなので、
メドベージェワ選手とザギトワ選手の家系に一致する点はありません。

 

血の繋がった姉妹ではありませんが、
「メドベージェワ選手が姉貴分、ザギトワ選手が妹分」という感じはしますね。

 

スポンサーリンク


まとめ

メドベージェワ選手とザギトワ選手の顔の見分け方や共用の衣装、姉妹説の真相などについて見てきました。

 

2人ともこれだけ偉大な功績を残していながら「まだ若く選手としての未来がある」というところに恐ろしさを感じます。

 

スポーツカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.