サンドウィッチマンの元メンバー・浜田ツトムの現在と脱退理由

サンドウィッチマンの元メンバー・浜田ツトムの現在と脱退理由

人気お笑い芸人のサンドウィッチマンは現在、伊達みきおさんと富澤たけしさんの2人で活躍しているコンビですが、
実は元々サンドウィッチマンにはもう一人のメンバーがおり、トリオとして活動していたのです。

 

今回は、サンドウィッチマンの元メンバーである浜田ツトムさんの脱退理由や現在の活動について見ていきます。

 

サンドウィッチマンにはもう一人のメンバーがいたという事実

今やサンドウィッチマンといえば「伊達さんと富澤さんコンビ」というイメージが完全に定着していますが、
実は元々トリオで活動していました。

 

時を少し遡ってサンドウィッチマン結成時のエピソードに戻りますが、
当時お笑い芸人になることを夢見ていた富澤たけしさんは
アルバイトで生計を立てながら別の相方とコンビを組んでいました。

 

しかし当時所属を目指していた仙台吉本が撤退、
その後伊達さんが以前からコンビを組みたいと思っていた伊達みきおさんを誘い、
3年間にわたり口説き続けて1998年にコンビを結成します。

 

コンビ結成後は上京し、「親不孝」というコンビ名で活動を開始します。

 

サンドウィッチマンがコンビからトリオになったのは同年の1998年。

 

伊達さんや富澤さんと同い年の浜田ツトムさんがメンバーに加わり、
トリオ名を「サンドウィッチマン」に改めます。

 

現在のサンドウィッチマンの伊達さんや富澤さんは体型がぽっちゃりしているイメージがありますが、
当時から二人はぽっちゃり体型だったそうで、
それに対し浜田ツトムさんは170cmの身長でありながら50kgしかないという痩せ型の体型であったため、
「サンドウィッチみたい」ということでサンドウィッチマンというトリオ名になったそうです。

 

「サンドウィッチマン」の他にも
・三角関係
・三角州
・三途の川
といったトリオ名の候補もあったのだとか。

 

しかし程なくして浜田ツトムさんはサンドウィッチマンを脱退してしまいます。

 

浜田ツトムさん脱退後も活動名は変えず、
コンビとしての「サンドウィッチマン」で活動していくことになるのです。

 

スポンサーリンク


サンドウィッチマンの元メンバー、浜田ツトムの脱退理由は?

サンドウィッチマンの元メンバーである浜田ツトムさんはなぜサンドウィッチマンを脱退してしまったのでしょうか?

まずは浜田ツトムさんのプロフィールから見ていきます。

引用元:http://gree.jp/hamada_tsutomu

 

 

名前:浜田ツトム
本名:浜田勉
生年月日:1974年3月14日
血液型:B型
サンドウィッチマン所属時の担当:ツッコミ
所属:吉本クリエイティブカンパニー
出身地:徳島県
身長:170cm
趣味:音楽・ライブ鑑賞
特技:モノマネ

 

実は浜田ツトムさんの脱退理由はこのプロフィールに隠されています。

 

それは、浜田ツトムさんがツッコミ担当であったこと。

 

当時のトリオ時代のサンドウィッチマンの担当の振り分けとしては、

・浜田ツトムさんが「ツッコミ」
・富澤たけしさんが「ボケ」
・伊達みきおさんが「どちらかというとボケ」

という振り分けだったそうです。

 

しかしこの振り分けでネタを進めていく際に問題が生じたそうです。

 

どんな問題かというと、
「富澤さんのボケに浜田さんが気づかずに場が流れてしまう」ということ。

 

そこで、「どちらかというとボケ担当」であった伊達さんがツッコミをやってみたところ、
思いの外うまくいき、その後二人でネタが進んでいくようになったのだそうです。

 

当時まだ若手で技術が足りなく伊達さんのボケが弱かったのか、
あるいは単純に浜田ツトムさんが鈍感すぎただけなのかはわかりませんが、
伊達さんは富澤さんのボケを瞬時に察知してきっちりツッコんでいるところを見ると、
浜田ツトムさんのツッコミの技術が足りなかったのかもしれませんね。

 

高校時代の部活の同級生でずっと仲が良かった伊達さんだからこそ

富澤さんのボケに気づけたのかも?

こうしたことからトリオとしては上手くネタが進行していかなくなり、
浜田ツトムさんは居場所がなくなって脱退することになってしまったのだそうです。

 

また、伊達さんと富澤さんは仙台の高校時代からの親友ですが、
浜田ツトムさんは徳島県出身で伊達さんと富澤さんが上京した後に知り合ったメンバー。

 

トリオとして仲良くやっていたつもりでも、
もしかしたら伊達さんと富澤さんとの間に壁を感じていた、
3人の距離感に隔たりが生じていたというのもあったのかもしれません。

 

サンドウィッチマンは芸人の中でも特に仲のいいコンビとして知られていますから、
浜田ツトムさんにとって2人の中に入っていくのは
まるで夫婦の中に見ず知らずの自分が入っていくような感覚だったのかも?

 

ただ、特段不仲というわけでもなかったようなので、
単に芸風や相性が合わなかったというのが浜田ツトムさんの脱退理由なのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク


サンドウィッチマンの元メンバー・浜田ツトムの現在は?

浜田ツトムさんは2000年にサンドウィッチマンを脱退するわけですが、
その後NSCにいた田中要一郎さんと「メインストリート」というコンビを結成します。

 

その後度々テレビ出演などはするものの思うように芽が出ず2014年にメインストリートは解散してしまいます。

 

メインストリート解散後、浜田ツトムさんは「ゆめかさん」という芸歴1年未満の20代の女性と「花火」というコンビを結成します。

 

ちなみに当時浜田ツトムさんは40歳。

 

かなりの歳の差コンビですが、花火もわずか1年で解散。

 

その後浜田さんは「つーさん」という芸名でピン芸人として活動していくことになります。

 

3ヶ月間ピン芸人として活動した後の2016年3月、
元「りあるきっず」のメンバーであった安田善紀さんと「閃光少女」というコンビを結成し、
現在でも活動を続けているようです。

 

閃光少女の相方である安田さんとはコンビを組むまであったこともなかったそうですが、
実は同期の芸人だったそうです。

 

閃光少女の2人のツーショットがこちら。

 

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2077011/full/

 

 

 

メガネを統一している(?)からか、
とても顔が似ていてどっちがどっちか区別がつきませんね。

 

まるで双子の兄弟なのではないかと思ってしまうほどです。

 

なんか相性も良さそう?

 

自分がかつていたサンドウィッチマンが大ブレイクしたり、
その後新しいコンビを組むも芽が出ず何度も解散したりと、
芸人としてはかなり苦労されているようですが、
40歳を超えてもなお諦めず芸人活動を続けているということはそれだけ「お笑い」に対する思いが強いのだと思います。

 

現在組んでいる閃光少女もまだ名前はあまり知られていませんが、
いつか成功して有名になれるといいですね。。

 

今はきっとサンドウィッチマンの二人に会うのも気まずいかもしれませんが、
いつか閃光少女として有名になれば過去の苦い思い出も美談にできると思いますし、
テレビで共演して過去のことを笑い話として語ってくれることを祈っています。

 

スポンサーリンク


まとめ

サンドウィッチマンの元メンバー・浜田ツトムさんの脱退理由、現在の活動について見てきました。

 

こうしたエピソードを見ていると、
芸人として成功するというのは努力だけではどうにもならない、
どんな相方と出会うかといった「偶然」の要素も多いに関係しているということがわかります。

 

芸能カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.