鈴木猛史(パラリンピック)の結婚した嫁は?負けず嫌いな性格を形成したきっかけ

鈴木猛史(パラリンピック)の結婚した嫁は?負けず嫌いな性格を形成したきっかけ

平昌パラリンピックのチェアスキーのちゅ木選手の一人である鈴木猛史選手にスポットを当てていきます。

 

鈴木猛史選手の経歴や車椅子生活を余儀なくされることになった事故の詳細、
さらに結婚したお嫁さんやトップアスリートになるきっかけになった負けず嫌いな性格について見ていきます。

 

鈴木猛史の事故の詳細は?

引用元:http://rurumlu.com

 

 

鈴木猛史のプロフィール
名前:鈴木猛史(すずきたけし)
生年月日:1988年5月1日
出身地:福島県猪苗代町
職業:チェアスキーヤー
所属:カヤバ工業
学歴:駿河台大学卒業

 

1988年に福島県猪苗代町に生まれた鈴木猛史選手は、
祖父母と両親、二人の妹の7人家族の長男として育っていきます。

 

幼いことから水泳を始めるとともに、
福島県猪苗代町はスキーの活発な地域でもあったため「学校のスキーの授業で周りに置いて行かれないため」と言う理由でスキーも習い始めます。

 

しかしそんな鈴木猛史選手に悲惨な出来事が起こります。

 

小学2年生の春休みの直前、学校からの帰宅途中に友人と一緒にバスに乗り、
バスから降りてバスの前を通り過ぎた直後、影になって見えていなかったトラックに轢かれてしまったのです。

 

その後鈴木猛史選手は病院に搬送され麻酔を打たれ手術を受け、
両足のない生活を余儀なくされることになります。

 

その時の様子について鈴木猛史選手は、「混乱はしたもののショックを受けた記憶はない。ただ、周りから特別視されることが辛かった」
と語っています。

 

それまで何一つ身体に不自由のない生活を送っていたわけですから、
突然自分や周りの環境が変わることは何とも耐え難いことだったでしょう。

 

その後教育委員会からバリアフリー施設が整備されている養護学校への入学を勧められますが、
友人や担任の先生の働きかけによって元の学校に復学することができたそうです。

 

とても心の温かい友人や先生方に支えられていたのですね。

 

「身体に障害があるから」と言う理由で学校から特別扱いされなかったことが鈴木猛史選手にとってもご両親にとってもありがたいことだったと言います。

 

スポンサーリンク


「トップアスリート鈴木猛史」を作ったきっかけ

そんな鈴木猛史選手がチェアスキーと出会ったのはお母さんが「我が子でもできるスポーツはないか?」と考え技師装具士の人に相談したのがきっかけ。

 

そこで「チェアスキーがある」ということを教えてもらい、
鈴木猛史選手はチェアスキーを始めます。

 

最初は鈴木猛史選手も遊びで始めた競技でしたが、
続けていくうちに福島県障害者スキー協会から「競技としてレースに出てみないか?」と誘われ競技大会に出場します。

 

この頃ちょうど、猪苗代町に長野パラリンピック金メダリストの志鷹昌浩選手が講演に来ていたようで、

その際鈴木猛史選手は「急斜面を滑る恐怖を克服するにはどうしたらいいか?」
ということを質問したのだそうです。

 

すると志鷹選手は、「怖いならやめてしまえ!」という想定外の厳しい答えが返ってきたのだとか。

 

その時鈴木猛史選手の「負けず嫌いな性格」が目覚め、
その後必死で練習に取り組んでいった結果、
急斜面を滑る恐怖心を克服することができたのだと言います。

 

同じく体が不自由というハンディキャップを背負いながらも金メダルを取った志鷹選手だからこそ「下手に甘やかすようなことを言ってはいけない」ということを理解していたのかもしれませんね。

 

小学生ながら金メダリストに厳しいことを言われても、
それをバネにして自身のモチベーションにつなげていった鈴木猛史選手のメンタルの強さもかなりのものです。

 

当時から鈴木選手はパラリンピックメダリストになるだけの「内面的な素質」があったのではないでしょうか?

 

小学6年生の時には鈴木猛史選手は「ジャパンパラリンピック」で4位入賞、
そして中学3年生で出場した世界選手権の大回転では見事3位という好成績を残します。

 

さらに高校2年生になると2006年トリノパラリンピックに出場。

 

初出場で滑降4位、回転12位という結果を残し、
2010年のバンクーバーパラリンピックでは大回転で銅メダル、
2014年のソチパラリンピックでは回転で金メダル、滑降で銅メダルという圧倒的な成績を残していきます。

 

パラリンピック以外にも、ワールドカップでは2個の金メダル、1個の銀メダルを獲得しており、
2018年パラリンピックでも金メダルが期待されている日本注目の選手となっています。

 

逆境に立ち向かい這い上がった鈴木猛史選手が勝ち取ったものは、なんとも輝かしい栄光でした。

 

スポンサーリンク


鈴木猛史の結婚した嫁は?

鈴木猛史選手の生い立ちやアスリートとしての側面を見てきましたが、
続いてプライベートな部分に触れていこうと思います。

 

鈴木猛史選手は2016年6月に今のお嫁さんと結婚されています。

 

お相手は福島県のテレビキャスターの荒響子さんという女性で、
これがまたとても綺麗な方なんです。

 

鈴鬼武選手の結婚相手である荒響子さんの画像がこちら。

 

引用元:http://editors.number-blog.bunshun.jp

 

めちゃくちゃ美人な奥さんですね。

 

二人の出会いは荒響子さんが仕事で鈴木猛史さんに取材をしに行ったのがきっかけで、
そこから二人の仲が深まり結婚まで至ることになります。

 

同じくパラリンピックチェアスキー選手の狩野亮選手の記事にも書いていますが、
パラリンピックの選手の奥さんは綺麗な人が本当に多いですね。

【参考】狩野亮は嫁と離婚してる?アルペンスキーの実力や経歴が凄い!

 

「どんな困難なことがあっても立ち向かい乗り越えていく」
そんなメンタリティに彼女たちは惚れたのかもしれません。

 

まだお子さんはおられないようですが、
結婚してまだ2年も経っていないですし、
そのうちおめでたい報告もあるかもしれません。

 

とりあえず今は競技に集中して、奥さんとも支え合って幸せな日々を送ってほしいと思います。

 

スポンサーリンク


まとめ

パラリンピックのチェアスキー選手・鈴鬼武選手の経歴や事故の詳細、
パラリンピックでメダルを取るまでの軌跡や結婚したお嫁さんの情報について見てきました。

 

同じく平昌パラリンピックの注目選手の記事についてはこちらに書いてあります。
森井大輝(パラリンピック)のプロフィールや実力!トヨタとの共同開発も!

成田緑夢(パラリンピック)がイケメン!親や兄・童夢との仲は?

村岡桃佳のWikiプロフィール!家族や父親との関係がすごい!

 

また、平昌パラリンピックの見逃し配信の視聴方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
平昌パラリンピックの見逃し配信の視聴方法【格安で視聴する裏技】

 

スポーツカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.