根尾昂(大阪桐蔭)の出身地と中学時代/ハイスペックさがやばい!

根尾昂(大阪桐蔭)の出身地と中学時代/ハイスペックさがやばい!
引用元:http://room-303.net

 

選抜高校野球2018も終盤に差し掛かってきました。

 

高校野球といえば大阪府にある大阪桐蔭高校が毎年活躍していますね。

 

そんな大阪桐蔭高校の中でも投手の根尾昂さんは特に注目を集めています。

 

将来プロ野球入りも期待されている根尾晃さん。

 

今回は彼のこれまでの生い立ちにスポットを当てていきたいと思います。

 

根尾昂さんの出身地はどこなのか、
中学時代はどんな学生だったのか、
根尾昂さんの様々なエピソードについて見ていきます。

 

スポンサードリンク

根尾昂の生い立ち〜小学生まで

根尾昂さんの出身地は岐阜県。

 

根尾昂さんのご両親は地元で診療所を経営する開業医だそうで、
かなり裕福な家庭で育ったことが伺えます。

 

根尾昂さんが野球を始めたのは小学2年生の時。

 

当時お兄さんが野球をしており、その影響で野球を始めたそうです。

 

根尾晃さんは小学生時代から常人離れしたスポーツの才能を持っていたようです。

 

小学生の時には中日のジュニアチームに所属しており、
なんと128キロもの剛速球を投げていたそうです。

 

小学生の128キロという数値がすごいというのは誰もがわかると思いますが、
ここで野球未経験の人のためにもわかりやすいように球速の平均的な数値について見ていきたいと思います。

 

中学野球のピッチャーで、球速の平均は110キロぐらい、
高校野球のピッチャーで平均が125キロぐらいと言われています。

 

つまり根尾昂さんは小学生の時にはすでに高校野球のピッチャーの平均程度の球を投げていたということになります。

 

恐るべし。。。

 

さらに、根尾昂さんの小学生時代にはもう一つ伝説に残っているエピソードがあります。

 

それは、陸上競技のソフトボール投げで89メートルを記録したこと。

 

ちなみに私(男)は、高校時代に体育の授業でやったソフトボール投げで30メートル前後でした笑(←雑魚)

 

小学生のソフトボール投げの平均(男子)は
小学1年生で約9メートル
小学3年生で約16メーートル
小学6年生で約27メートル
だとされています。

 

根尾昂さんが小学生時代に出した記録は小学6年生の平均の3倍近くにも及ぶことになります。

 

もう化け物。。笑

 

そして根尾昂さんのソフトボール投げの記録は日本記録です。

 

私ならどんな卑怯な手を使っても89メートルなんて記録を出せる自信はないですね。笑

 

また、根尾昂さんには野球関連以外のスポーツでも偉大な成績を小学生時代に残しています。

 

陸上では100m走で全国5位。

 

スキーではジュニアオリンピックの岐阜県大会で優勝、
さらに全国大会への出場経験もあります。

 

これだけ運動神経が抜群で将来スポーツ選手にならないわけがないですよね。

 

仮に野球以外の競技に取り組んでいたとしても現在と同じぐらいの名選手になっていたでしょう。

 

スポンサードリンク

根尾昂の中学時代

根尾昂さんは小学校を卒業すると、地元岐阜県の古川中学に進学します。

 

大阪桐蔭は中高一貫校なので中学から大阪桐蔭に入学したと書いてあるところもありますが、
おそらく古川中学の情報の方が正確です。

 

根尾昂さんは中学時代は野球部には所属せず、
「飛騨高山ボーイズ」という少年野球のチームに所属していました。

 

この時にはすでに根尾昂さんはプロ野球選手になることを夢見ていたでしょうから、
趣味で入部する人の方が多い中学野球部は根尾昂さんには物足りなかったのでしょう。

 

野球未経験で中学野球部に入ってピッチャーが根尾昂さんだったら誰も彼の球を打てないですからね。笑

 

ちなみに根尾昂さんの球速は中学時代には146キロにも達します。

 

高校生で球速が150キロに達すれば「スーパー高校生」と言われますから、
当時の根尾アキラさんは「スーパーウルトラ中学生」だったことがわかります。

 

さらに小学生時代にやっていたスキーも中学生になっても続けており、
全国大会では優勝を果たしています。

 

小さい頃から1つのスポーツに打ち込んでもその中でプロ並みに活躍できる人は一握りしかいませんが、
根尾昂さんの場合中学時代ですでに「スキー」と「野球」という2つのプロの選択肢があったわけですね。

 

これだけスポーツができれば「頭はあんまよくないでしょ〜」と思ってしまいがちですが、
根尾昂さんは学業の成績も良かったようです。

 

中学時代の学業成績はオール5。

 

さすがご両親がお医者さんというだけあって、
勉強に関しても文句の付け所がないようです。

【参考】根尾昂の進学先は?兄は岐阜大学医学部で両親も医者というエリート家系

 

スポンサードリンク

その後、大阪桐蔭高校で主力メンバーに

中学を卒業すると、根尾昂さんは大阪桐蔭高校に入学します。

 

地元岐阜県からわざわざ下宿して通っているということなので、
もうプロになる気満々のようです。

 

ちなみに大阪桐蔭高校は野球推薦などではない一般の学生が入学する場合、
受験偏差値は69ほどでかなりの進学校です。

 

根尾昂さんは当然野球推薦で大阪桐蔭に入学するわけですが、
大阪桐蔭の野球部には中学時代から野球部の監督の目に付くほどの有望な選手でないと入部できないそうです。

 

そのため学力はほとんど関係ないのです。

 

中学時代から140キロ以上もの球を投げる選手を大阪桐蔭が放っておくはずがありません。

 

しかも今の大阪桐蔭高校のエースは根尾選手ではありませんから、
大阪桐蔭のレベルの高さ、恐ろしさを思い知らされます。

【参考】

西谷浩一監督(大阪桐蔭)のスカウト技術がやばい!性格や授業の評判は?

西谷浩一監督の体重の理由はベビースター?年収や嫁についても調査!

 

スポンサードリンク

根尾昂(大阪桐蔭)の中学時代や生い立ち/まとめ

大阪桐蔭の投手・根尾昂さんの生い立ちや中学時代、
幼い頃から化け物じみていた伝説級のエピソードについて見てきました。

 

大阪桐蔭卒業後の根尾昂さんの進路は決まっていませんが、
今度のドラフトでは各球団の根尾昂選手の取り合いになりそうですね。笑

 

くれぐれも怪我などはしないように、そして今後のプロ野球界を引っ張ってくれるような選手になることを期待したいものです。

 

【選抜高校野球2018に関連する記事】

選抜高校野球2018・3回戦の結果速報【日程、組み合わせ】

選抜高校野球2018・準々決勝の結果速報【日程・組み合わせ】準決勝進出した高校は?

選抜高校野球2018・準決勝の結果速報【日程・組み合わせ】決勝進出校が決定!

選抜高校野球2018決勝戦の結果速報【日程・組み合わせ】優勝高校はどこだ!

 

【夏の甲子園に関する記事】

夏の甲子園2018の日程と出場校は?組み合わせ抽選の結果はいつ出る?

スポーツカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.