インフルエンザを防ぐためはエアコンの温度を上げるだけではダメ?正しい加湿の仕方とは?

NO IMAGE

インフルエンザを防ぐための手段として、

手洗い、うがい、マスク着用、予防接種といったことが考えられますが、
実は家にいるときのエアコンの使い方にもインフルエンザを予防する鍵があります。

 

 

冬はエアコンで暖房の温度をガンガンにかけて部屋を暖かくしたいところですが、
エアコンの使い方を間違えるとかえってインフルエンザに感染するリスクが高まってしまいます。

 

 

今回はインフルエンザを予防するためにはエアコンで温度を上げるだけでなく、

加湿器を上手に使うことの重要性などについても見ていきます。

 

エアコンで部屋の温度を上げているのにインフルエンザにかかる理由

 

「予防接種をして、外出時にはマスクもつけて、手洗いうがいもちゃんとして、エアコンの温度も上げ部屋も暖かくしているからインフルエンザ対策はバッチリ!」
かというと、そうではありません。

 

 

エアコンの温度を上げ部屋を暖かくするのはいいことですが、
ここで問題になってくるのがエアコンによる空気の乾燥です。

 

 

乾燥はインフルエンザをはじめとしたウイルスが活性化するには絶好の場所。

冬でもエアコンをつけっぱなしにして寝てしまったがために、
乾燥で喉がやられたり風邪をひいたりすることがあるのはこのためです。

 

 

なので、エアコンで部屋を暖かくするだけではかえって風邪をひきやすくなるということです。

 

 

では何もつけずに寒い部屋のままにしておけばいいかというとそうではありません。

 

 

低い気温もウイルスが活性化する原因になるからです。

 

 

ではどうすればいいかというと、
エアコンの暖房機能を使うと共に、加湿器で部屋の湿度を上げることが必要になってきます。

スポンサーリンク


インフルエンザを防ぐにはエアコンに加え加湿も必要!

 

インフルエンザをはじめとしたウイルスを防ぐために
加湿器でどのくらいの湿度に保てばいいのか?ということですが、
だいたい湿度50−60%を保つのがいいとされています。

 

 

湿度が高すぎてもカビが発生し、低すぎてもウイルスが活性化するので、
ちょうどいい湿度を保っておく必要があるのです。

 

 

ただ、部屋を暖かくするためにエアコンをつけていると
加湿力の弱い加湿器であれば湿度を保つことはできません。

 

 

そこで、使用する加湿器も正しく選ぶ必要があります。

 

 

加湿器には基本的に超音波式、スチーム式、気化式、ハイブリット式という4種類があり、
この中で1番加湿力が強いのはスチーム式です。

 

 

また、スチーム式は出る蒸気も熱いため、

エアコンでそこまで温度を上げなくてもある程度部屋を暖かくできるのが長所です。

 

 

エアコンで温度を上げるほど湿度は下がっていくので、
スチーム式の加湿器の導入は湿度を上げられてエアコンの温度も下げられて一石二鳥ですね。

 

 

ただし、超音波式や気化式の加湿器に比べると
電気代が高くつくので、そこは欠点です。

 

 

インフルエンザウイルス対策を完璧にしたい人は、
エアコンの温度調節に加え、スチーム式の加湿器を取り入れるのがいいかもしれません。

 

スポンサーリンク


インフルエンザ対策には換気も忘れずに!

 

インフルエンザを防ぐには、エアコンによる温度調節と程度な湿度を保つこと以外に、
換気も重要になってきます。

 

 

これは、部屋に漂っている空気を新鮮な空気と入れ替えて部屋の空気をきれいにするためです。

 

 

寒い時期に換気をするのはなかなか難しいことではありますが、
「雪国に住んでいて1秒でも開けたらまずい!」という人でなければ、
数時間に1回は換気を心がけたほうがいいでしょう。

 

 

この際の換気時間は1回5分程度でいいとされています。

 

 

特に加湿器をつけている場合、ずっと部屋が密閉されているとカビの原因にもなりますから、
こまめな換気は必須ですね。

 

スポンサーリンク


まとめ

インフルエンザを最大限予防するためにエアコンで部屋を暖かくするだけでなく、
適度な湿度の維持、そしてこまめな換気が重要であることを述べてきました。

 

 

こうした対策はインフルエンザだけでなくその他の風邪ウイルスを防ぐことにもつながるのでぜひ実践したいですね!

 

 

【関連記事】
インフルエンザ2017年のワクチンは在庫が足りてない?我々が取るべき行動は?
【2017年度】インフルエンザの都道府県別発生数ランキング
インフルエンザ2017年は流行が早い!?前年との比較と対策方法

未分類カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.