日大緊急会見の司会者(広報)は誰?名前は米倉久邦と特定?記者にも問題ありなのでは

日大緊急会見の司会者(広報)は誰?名前は米倉久邦と特定?記者にも問題ありなのでは

アメリカンフットボールの悪質タックル問題で連日騒がれていますが、
2018年5月23日夜、日大アメフト部の監督とコーチが緊急会見を行いさらなる炎上が巻き起こっています。

 

この緊急会見の中でも特に炎上したのが、会見の司会者を務めていた男性の態度。

 

この司会者の男性は日大の広報部の男性だそうですが、一体誰なのでしょうか?

 

この記事では、日大緊急会見で司会者を務めていた広報部の男性の特定されている名前、
さらにこの司会者の男性が会見であのような態度をとった意図について見ていきます。

 

スポンサーリンク


日大緊急会見で司会者の態度が悪いと話題に

まずは問題となっている日大緊急会見に関する報道記事を見ていきます。

 

アメリカンフットボールの定期戦(6日)で、日大の守備選手が関学大のQB選手に悪質なタックルを仕掛けて負傷させた問題で、日大の内田正人前監督、井上奨コーチが23日、東京都千代田区の日大本部で緊急会見を行った。

報道陣約250人が集まり、午後8時から始まった会見で2人は「(反則の)指示はしておりません」と22日に会見した日大当該選手と異なる説明を続けて約90分が経過。司会の男性が「同じ質問が繰り返されているので会見を打ち切ります」と切り出した。これに一部出席者から「納得できない」「刑事事件にもなっている」と不満の声を上げた。

「もうやめてください」と強引に会見を打ち切ろうとする司会者。これに対し、報道関係者の一人が「日大のブランドがあなたの発言で落ちている」と指摘すると、司会の男性が「落ちません」と応酬し、場が混乱した。その後も釈明会見は延々と続いた。

出典: headlines.yahoo.co.jp

 

この緊急会見では監督やコーチの「(相手を怪我させろとの)指示は出していない」という主張と、記者側の「指示を出したのではないか?」という主張との堂々巡りなやりとりが続き、
会見を見ている側の不信感がさらに増すような会見となりました。

 

さらに、会見で司会者を務めていた男性が途中でイラ立ちを見せ始め、
無理やり記者からの質問を制止したり会見を途中で打ち切ろうとする行動を取り始め、
世間からの印象をより一層悪くする形となってしまいました。

 

 

 

会見で一番究明されるべきだったのは監督やコーチが選手にどのような指示を出していたのか、
相手に怪我をさせる目的の指示を出していたのかということでしたが、
結局はこの司会者の態度が最も注目される形となってしまったようです。

【参考】内田正人監督と井上奨コーチが逮捕される可能性は?宮川選手の減刑の可能性も

 

日大緊急会見の司会者(広報部)の名前は米倉久邦?

では、日大緊急会見で炎上した司会者は誰なのでしょうか?

 

この司会者は日大で広報部を務める男性で、名前は「米倉久邦(よねくらひさくに)」氏と特定されています。

 

米倉久邦氏に関して分かっている情報は、

・1942年生まれ

・東京都出身
・早稲田大学卒業
・職業は客員論説委員、日大広報部職員
・職歴は共同通信でワシントン特派員、経済部長、ニュースセンター長、論説委員長を経て客員論説委員に

 

今回の経験での態度は一旦置いといて、学歴や経歴などを見る限りでは大変優秀な人物であることがわかります。

 

また、客員論説委員や日大の広報部職員の仕事以外にも日本山岳会の会員や森林インストラクターといった活動も行なっているようです。

 

しかし、米倉久邦氏は以前から悪い評判もあったようです。

 

 

これはかつて日大が反社会勢力から借金をしたことがあり、それが明るみになった際、日大の学部長は謝罪したのだとか。

 

しかし、広報部の米倉久邦氏は「報告義務はない」と主張し、当時はその強気な態度に炎上していたそうです。

 

スポンサーリンク


日大緊急会見での司会者の意図とは?

では、今回のアメフトの問題の緊急会見で司会者の米倉久邦氏があのような態度をとった意図とはなんだったのでしょうか?

 

一つは「単に(司会者が)イライラしていた」といったことが考えられますが、
もう一つに「わざと悪い態度をとって焦点をずらそうとしていた」
ということが考えられます。

 

実際緊急会見が終わった後、会見の焦点は監督やコーチの指示についてであるにもかかわらず、
世間の批判の矛先は司会者に向いてしまっています。

 

もしこれが日大側の思惑通りだったのだとしたら、世間はまんまとその思惑にハマっていることになります。

 

また、司会者の米倉久邦氏は「同じ質問が繰り返されているので会見を打ち切る」といった発言もしていましたが、
「同じ質問が繰り返されている」ということに関してはその通りです。

 

もちろん司会者の男性の態度は決して賞賛されるものではありません。

 

しかしそれは一旦置いといて、どれだけ質問をしようが日大側からは「ケガをさせろとの指示は出していない」という一点張りの答えしか返ってこないことは明白です。

 

会見は2時間ほどで終了しましたが、あの会見を仮に5時間やろうが10時間やろうが
「やった、やってない」の平行線上のまま発展することはなかったでしょう。

 

つまり、緊急会見自体があまりにも無意味なものであったわけです。

 

もちろん会見を開いたのは日大側なので「何のための会見だったんだ?」という話ではありますが、
記者側も無駄な質問を永遠と繰り返していたことは否めないですね。

 

そもそも今回の悪質タックルの問題に関しては客観性に基づいた証拠がない限り、それぞれの主張だけでは解決することはありません。

 

司会者の男性の態度は腹ただしいものではありますが、
「同じ質問の繰り返し」や「無駄な質問はやめてください」と言った記者への主張自体はそれほど間違ったものではない気がします。

 

日大の会見に限らず一般の記者会見そのものがあまりに無意味で、頓珍漢な質問の応酬が続くものが多いので、
貴社の質問の仕方など、記者会見のあり方そのもののあり方も見直す必要があるかもしれません。

 

また我々は、問題の本質からそれたところに注目するのではなく、
「今回の問題で一番大事なことは何か?」ということを見失わないようにしたいですね。

 

スポンサーリンク


まとめ

日大緊急記者会見の司会者の男性の名前が特定されていること、
また司会者の男性の意図は何だったのか、さらに記者会見そのもののあり方について見てきました。

 

ニュースカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.