嘉島陸の子役時代と出演ドラマ【演技の評判】復帰理由がすごい!

嘉島陸の子役時代と出演ドラマ【演技の評判】復帰理由がすごい!

かつて子役として活躍し、2018年の春ドラマ「花のち晴れ〜花男Next Season〜」で芸能界に復帰した俳優・嘉島陸さんの子役時代にスポットを当てていきます。

 

嘉島陸さんの子役時代の出演ドラマや役柄、さらには演技の評判といったことについて見ていきます。

 

スポンサーリンク


嘉島陸の子役時代の経歴【出演ドラマと引退理由】

嘉島陸のプロフィール
名前:嘉島陸(かしまりく)
旧名義:嘉数 一星
生年月日:1998年11月12日
出身地:沖縄県
活動期間:2005年〜2011年、2018年〜
所属:セブンズアベニュー

 

1998年に沖縄で生まれた嘉島陸さんは、小学校に入学する前にお父さんの転勤の都合で千葉県に引っ越し。

 

家族で東京に遊びに行っているうちに何度かスカウトされ、
2005年、7歳の時にABCマートのイメージモデルのオーディションでグランプリを獲得し、子役として芸能界デビューを果たします。

 

嘉島陸さんの子役デビュー時の芸名は「嘉島陸」ではなく、「嘉数一星」という名前でした。

 

嘉島陸さんのテレビドラマでのデビュー作は2005年に放送された「女王の教室」。

 

天海祐希さん主演のドラマで数々の賞を受賞、視聴率も平均で17%という高視聴率を叩き出すなど、
今だに名作として語り継がれているドラマです。

 

「女王の教室」と聞いて「ああ、懐かしい!」と思った方も多いでしょう。

 

嘉島陸さんは「女王の教室」ではメインキャストではなかったようですが、デビュー作が大ヒットドラマということで良い子役スタートだったのではないでしょうか?

 

その後嘉島陸さんは、「流星の絆」(2008年)、「RESCUE~特別高度救助隊」(2009年)、「アイシテル~海容~」(2009年)、「仮面ライダーW」(2009年)といった人気ドラマを始め、およそ20作品ものドラマへ出演。

 

2011年に「アイシテル〜絆〜」への出演を最後に、芸能界を引退しました。
引退理由は、中学校に進学する際に家族全員で沖縄に帰ることになったからでした。

 

ここで、嘉島陸さんが子役時代に出演した主なドラマでの役柄について見ていきます。

 

2008年の「流星の絆」では、関ジャニ∞の錦戸亮さんが演じる有明泰輔の幼少期役を演じました。

 

「仮面ライダーW」では第2話と最終話でそれぞれ違う役で出演。

 

第2話では桐山漣さん演じる左翔太郎の幼少期役、最終話では青山晶をいう役名で出演しています。

 

また、「アイシテル」では11歳でありながら7歳の少年の命を奪ってしまうという重たい役を演じています。

 

YouTubeに「アイシテル」の予告動画が残っていましたが、稲森いずみさんとのシリアスな親子の役を見事に演じ切っている印象です。

 

 

勝手なイメージですが、子役時代から注目されていた人はシリアスな演技が上手な印象がありますね。

 

子役時代から存在感があっただけに、芸能界を引退した時はかなり惜しまれていたみたいですね。

 

スポンサーリンク


嘉島陸は子役時代から演技が注目されていた!

故郷へ帰ることをきっかけに俳優業を一度引退した嘉島陸さんでしたが、嘉島陸さんが沖縄に帰った後も事務所は沖縄に足を運んでスカウトをしていたそうです。

 

それほど嘉島陸さんの存在感がすごかったのだとか。

 

しかし嘉島陸さんは、中高でバスケットボールに夢中になっていたためスカウトの誘いは断り、一度地元の大学に進学します。

 

芸能界のスカウトを断るほどバスケに夢中jになっていたということは、プロの選手でも目指していたのでしょうか?

 

嘉島陸さんが一度進学した具体的な大学名はわかりませんでしたが、沖縄県には
・沖縄科学技術大学院大学
・沖縄キリスト教学院大学
・沖縄県立看護大学
・沖縄国際大学
・沖縄県立芸術大学
・沖縄国際大学
・沖縄大学
・名桜大学
・琉球大学

といった大学があります。

 

なので嘉島陸さんが進学した大学もこの中のどれかだと考えられます。

 

大学に進学したものの、事務所は嘉島陸さんへのスカウトを諦めていませんでした。

 

そんな時、2017年に放送された「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」を見たことをきっかけに改めて俳優業に挑戦することを決意したそうです。

 

嘉島陸さんはコードブルーを見て演技で人を感動させる仕事の凄さを実感し、再チャレンジすることにしたみたいです。

 

演技で人を感動させる仕事はすごいなと、成長して分かるようになった。やらないで後悔するより、やってみて考えたい

出典: www.sanspo.com

 

子役の時ならまだしも、大人になってから役者への道に進むというのはそう簡単に後戻りできるものではありません。

 

嘉島陸さんにとってはかなり大きな決断だったことが想像できます。

 

復帰を決意した嘉島陸さんはそれまでスカウトされていた事務所「セブンズアヴェニュー」に所属。

 

過去には井上真央さんが所属していた事務所で、現在は松嶋菜々子さんや伊藤歩さん、嘉島陸さんと同じく「花のち晴れ」に出演しているアレックス翔さんなどが所属しています。

 

嘉島陸さんが所属した時は男性タレント第一号だったそうです。

 

嘉島陸さんの復帰作は2018年4月から放送されているTBSドラマ「花のち晴れ〜花男Next Season〜」。

 

中川大志さん演じる馳天馬を慕う近衛仁という役名でレギュラー出演しています。

【参考】「花のち晴れ」近衛(このえ)役・嘉島陸の声がハスキー!カスカスで変との声も?

 

独特の演技に早速注目が集まっているみたいですね。

 

独特な嘉島陸さんの演技に対して否定的な意見もあるみたいですが、万人ウケしない演技だからこそ一つの個性として光り、役者として唯一無二の存在になっていけるのだと思います。

 

これからも「無難な役者」に寄せていくのではなく、嘉島陸さんにしか出せない個性を大切にしながら突き進んでいって欲しいですね。(万人ウケする役者を否定しているわけではありません)

 

子役時代にシリアスな役を演じてきたことは先述しましたが、復帰作である「花のち晴れ」でも嘉島陸さんはサイコパスな役を演じています。

 

裏と表がある狂気じみた演技に注目したいところです。

 

ちなみに嘉島陸さんが憧れている俳優は小栗旬さんで、最終的に目標としている舞台はハリウッドだそうです。

 

まだまだフレッシュな実力派俳優。

 

今後どのようにステップアップしていくのか、非常に楽しみです。

 

ハリウッドは流石にスケールが大きすぎますが、日本のドラマの主演ぐらいならすぐになってしまうのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク


まとめ

嘉島陸さんの子役時代の出演ドラマや引退理由、また当時の演技の評判や芸能界に復帰した理由について見てきました。

 

「花のち晴れ」での復帰を皮切りに今後は様々な作品に出演していくと考えられます。

【参考】「花のち晴れ」近衛仁のエピソードネタバレ【天馬と音の衝撃の結末も】

 

まだまだ若くて実力のある人が活躍していくというのはとても喜ばしいことですね!

 

【オススメ記事】

「花のち晴れ」西門総二郎の登場シーンネタバレ!原作では何巻?

「花のち晴れ」ドラマは完結しない?1期は原作の何話までで結末は?

花のち晴れの原作漫画を無料&格安で読むことができる配信サービス

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.