明石家さんまの落語家時代の画像やエピソードが気になる!

NO IMAGE

今や日本に知らない人はいないというぐらい
有名なお笑いタレント・明石家さんまさんですが、
明石家さんまさんがその昔落語家だったというのは
以外と知らない人が多いのではないでしょうか?

 

 

というわけで今回は、
明石家さんまさんの落語家時代のエピソードや、
当時の画像などについて見ていきます。

 

明石家さんまが落語家になったきっかけ

明石家さんまさんが落語家になったのは、
高校3年生の時に落語家の2代目笑福亭松之助のもとに弟子入りしたことから始まります。

 

 

弟子入りすることを決めた理由としては、
花月劇場で見た笑福亭松之助さんの落語が面白かったからだとか。

 

 

さんまさんが面白いというほどですから、
笑福亭松之助さんは相当なセンスがあった方なのでしょうね!

 

 

高校卒業後さんまさんは本格的に落語の修行を始め、
入門した時は丸刈りにされたのだそうです。笑

 

 

ちなみに当時の明石家さんまさんの芸名は
「笑福亭さんま」だったみたいです。

 

スポンサーリンク


 

明石家さんまの落語家時代の活動は?

明石家さんまさん(当時の笑福亭さんまさん)は
入門して落語の修行をはじめると、
半年もしないうちに京都花月での初舞台をやらされたのだとか。

 

 

その当時のさんまさんは
「初舞台で緊張して頭が真っ白になり、ネタをやり直した」のだとか。

 

 

今のテレビで見る明石家さんまさんからは想像もできませんが、
さんまさんにも人前で緊張した時期があったんですね。笑

 

 

今現在大スターとして活躍されている人の下積み時代の失敗談などは
とても興味深く感じます。

 

 

また、当時の吉本のマネージャーをやっていた佐敷愼次さんは、
「当時のさんまは口数が少なく人見知りだが、人と交わると別人のように輝く」
と語っています。

 

 

第一印象が「人見知り」だったというのはあまりにも意外ですが、
人を楽しませる、輝く才能は当時から持っていたことがわかりますね。

 

 

そんな明石家さんまさんの落語家時代の画像を探してみました。

 

 

 

 

なんとお若い!笑

 

 

また、明石家さんまさんの落語家時代の動画もありました。

 

 

声やしゃべり口調は今も若い頃も同じなんですね!笑

 

 

この動画は短いので面白いのか面白くないのかわかりませんが、
雰囲気からは面白い感じは伝わってきます。

 

スポンサーリンク


明石家さんまの落語家時代のエピソードは?

このように落語家時代から活躍していた明石家さんまさんですが、
実は落語家時代のさんまさんには、
若者らしい驚きのエピソードがあります。

 

 

それは、修行を放り出して女性と駆け落ちしたこと。

 

 

当時付き合っていた女性を連れて、
勝手に東京に上京したらしいです。

 

 

しかも当時の師匠である笑福亭松之助さんは、
さんまさんに「女がいた」ことを薄々察していたらしく、
駆け落ちしても追いかけることはせず自由にさせたのだとか。

 

 

さんまさん弟子入りするぐらいの人ですから、
笑福亭松之助さんも普通の人とは一味違った人物であったことが伺えます。

 

 

その後さんまさんが無事帰ってきた時も、
一切しからず優しく受け入れたのだそうです。

 

 

なんとも器が大きく、心の広い人だったんですね。

 

 

まさに上司にいて欲しいタイプの人です。笑

 

 

ちなみにその当時さんまさんが駆け落ちした女性は、
別の男性と結婚してしまったのだとか。

 

 

落語家時代に明石家さんまさんが味わった挫折でした。

 

スポンサーリンク


まとめ

明石家さんまさんの落語家時代のエピソードについて見てきました。

 

 

今の「お笑い怪獣」としてスターの座を誇る明石家さんまさんからは、
想像もできないようなエピソードや挫折があったことが分かりました。

 

 

落語家時代は今の明石家さんまさんの原点だったのです。

 

 

【明石家さんまの関連記事】

明石家さんまの学歴について!出身高校や中学校はどこ?本名は杉本高文!

明石家さんまがロングインタビューで今まで付き合った女性芸能人を暴露!?

芸能カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.