ストロベリーナイトサーガ 脚本家【過去のヒット作やドラマに期待できること】

ストロベリーナイトサーガ 脚本家【過去のヒット作やドラマに期待できること】

ドラマ記事に関する裏話をLINEで発信中!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)

 

ドラマ「ストロベリーナイトサーガ」の脚本家についてみていきます。

キャストが丸々違う前作がある中で、ドラマの脚本家にも大きな注目が集まっていますが、
一体どなたが脚本家を務めるのでしょうか?

 

過去に手がけた作品や世界観、作風、期待度と言った観点から見ていきます。

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガの脚本家はだれ?

【ストロベリーナイトサーガの脚本家】
徳永友一(とくながゆういち)
別名・西平晃太

 

【プロフィール・経歴】
1976年生まれ。2001年獨協大学法学部法律学科卒業後、総合人材サービス会社インテリジェンス(現・パーソナルキャリア)に7年勤務し、ナレッジマネジメントに従事。

2002年、オリジナル作品「同棲倶楽部」が第14回フジテレビヤングシナリオ大賞の最終選考対象作品に選出される。

2005年にフジテレビのテレビドラマ「電車男」第6話の脚本で地上波デビューを果たす。

現在は、映画や漫画にも活動の幅を広げている。

2017年よりオリガミクスパートナーを離れフリーで活動をしている。

 

ストロベリーナイトサーガの脚本家の過去の作品

【過去に脚本した作品】
「電車男」(2005年)第6話。

「電車男DELUXE最後の聖戦」(2006年)

「きらきら研修医」(2007年)

「結婚披露宴〜人生最悪の3時間〜」(2007年)

「パパとムスメの7日間」(2007年)第1話のみ共同執筆。

「ホームレス中学生」(2008年)

「打撃天使ルリ」(2008年)

「セレブと貧乏太郎(2008年)第1話、第2話共同執筆。

「ホームレス中学生2」(2009年)「BOSS」(2009年)第7話、第9話。西平晃太の名で脚本。

「卒うた」(2010年)

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」(2010年)第5話、第10話。

「検事・鬼島平八郎」(2010年)

「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」(2011年)

「BOSS 2ndシーズン」(2011年)第6話、第8話、第9話。

「ここが噂のエル・パラシオ」(2011年)

「ステップファザー・ステップ」(2012年)

「マジすか学園3」(2012年)

「TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜」(2012年)第3話、第8話。

「嘘の証明 犯罪心理分析官・梶原圭子2」(2013年)

「でたらめヒーロー」(2013年)「刑事100キロ」(2013年)

「東京トイボックス」(2013年)

「海の上診療所」(2013年)「トラベルライター青木亜木子 第2作 日光・鬼怒川 湯煙の殺意」(2014年)

「リアル脱出ゲームTV」(2014年)

「刑事100キロ2」(2014年)

「水球ヤンキース」(2014年)

「信長協奏曲」(2014年)第7話、第9話。

「マジすか学園4」(2015年)

「警部補・杉山真太郎〜吉祥寺署事件ファイル」(2015年)第9話。

「探偵の探偵」(2015年)「海に降る」(2015年)WOWOW連続ドラマW

「ザ・ドライバー」(2015年)

「スペシャリスト」(2016年)

「土曜ワイド劇場 西村京太郎トラベルミステリー65 伊豆海岸殺人ルート」(2016年)共同執筆

「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」(2016年)

「嫌われる勇気」(2017年)

「僕たちがやりました」(2017年)

「刑事ゆがみ」(2017年)第7話、共同執筆。

「海月姫」(2018年)

「欠点だらけの刑事」(2018年)

「刑事7人」(2018年)

「グッドドクター」(2018年)「刑事ゼロ」(2019年)

「約束のステージ〜時を駆けるふたりの歌〜」(2019年)YTV開局60周年スペシャルドラマ。

映画「翔んで埼玉」(2019年)

「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」(2019年)

などを脚本している。

 

脚本家・徳永友一でストロベリーナイトサーガに期待できること

2005年「電車男」でデビュー後、コメディ、サスペンス、ホームドラマなどジャンルを問わず多数の作品を手がけてきています。

「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」「僕たちがやりました」など、原作の持ち味を生かす脚色に定評があります。

 

視聴率には苦労していますが、いずれも高評価を得ています。

今回のストロベリーナイトサーガは、一度映像化された物をキャストを一新して再度テレビドラマ化した物です。

 

人気ドラマであったストロベリーナイト、視聴者の期待が膨らむ一方で、ドラマ制作側は前作のプレッシャーという物もあると思います。

 

しかし人気ドラマの脚本を多数こなしてきた経験と実績で、以前ドラマを観ていた視聴者にも物足りなさを感じさせず、
また以前とは違った面白さを感じる事が出来る内容に仕上げてくれるのではと期待しています。

 

スポンサードリンク

まとめ

今回のストロベリーナイトサーガの脚本を担当する徳永友一さんは、電車男で脚本デビューしてから、テレビドラマだけではなく映画、漫画など様々な分野で活躍の幅を広げています。

 

脚本を手掛けた作品を見ると、誰もが一度は観た事があるドラマばかりではないでしょうか。

その事から、今では話題作の脚本には欠かせない人物となっているのではと思います。

 

ストロベリーナイトサーガは前作との比較もあるので、キャストならず脚本家やスタッフにもプレッシャーが重くのしかかかると思います。

そのプレッシャーを跳ね除け、前作以上の仕上がりのドラマになれば良いなと思います。

【参考】ストロベリーナイトサーガ キャスト一覧【全出演者の役柄と見どころ】

 

今回は姫川玲子と菊田和男が主役となり、2人の視点から様々な事件の模様を見る事が出来ます。

その点が今回のストロベリーナイトサーガの一番の特色ではないかと感じています。

その部分がどういった風にドラマの中で観られるのかが注目したいポイントです。

 

ストロベリーナイトサーガを観て、再度前作のストロベリーナイトも観てみたいなと思う視聴者が増える内容に仕上がるのではないかと思っています。

人気ドラマの第1話がどういった内容になるのか今から期待が高まります。

 

 

 

ドラマ記事に関する裏話を発信中!

ブログでは発信していない裏話やお得情報などをLINE@で配信しています。

スマホの通知がうるさくならない程度の適度な頻度で面白い情報を発信していくので、

よかったら「友達追加」してみてくださいね♪

 

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.