令和大学が誕生!?偏差値や教授は?慶應大学から帝京平成大学までの誕生経緯も

NO IMAGE




・慶應義塾大学
・明治大学
・大正大学
・昭和大学
・帝京平成大学

日本にはこれまで、各元号の名前をとった大学が誕生してきました。

 

ラインナップを見ていると、歴史ある名門大学から、比較的新しくまだまだこれからの大学まで。

2019年5月から新元号「令和」に変わるということで、「令和大学」という大学が誕生してもおかしくありません。

 

そんな中、2019年4月1日に「令和大学」という名の大学が誕生したことで話題になりました。

突如誕生した令和大学とはどのような大学なのか、その詳細を調査していきます。

 

スポンサードリンク

令和大学が誕生?偏差値や教授は?

2019年4月1日、ツイッターで新たにできた令和大学が新校設立の投稿をしました。

 

 

4月9日に第1期生の入学式が行われるとのこと。

 

いやいやめちゃくちゃ急ピッチだなw

てかいつの間に入学試験していたの??

 

そこで、令和大学の偏差値や教授について調べてみました。

【令和大学詳細】
偏差値:不明
教授:不明
所在地:不明

 

個別の問い合わせにも対応していないみたいで、その実態をつかむことはできませんでした。

しかし、令和大学のツイート上にあるリンクをクリックすると、その全貌を知ることができます。

はい、そんなものはありません!ww

令和大学のツイートを見て騙された人、5人に1人ぐらいはいるのではないでしょうかw

 

しかし今回はエイプリルフールのネタでしたが、「令和大学」あるいは「〇〇令和大学」、「令和〇〇大学」という大学が今後できる可能性は大いにあります。

いやむしろ「できる」に賭けても構いません。(笑)

 

そこで、かつての元号を名称にとった

・慶應義塾大学
・明治大学
・大正大学
・昭和大学
・帝京平成大学

のできた経緯について調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

慶應義塾大学から帝京平成大学までのできたきっかけ

まず慶應義塾大学ができたのは1920年(大正9年)。

福沢諭吉が作った蘭学塾を起源に持ち、1868年(明治元年)に「慶應義塾」という名称に。

1920年に大学令によって日本最初の私立大学として設立されます。

 

続いて明治大学も1920年(大正9年)に設立。

1881年に設立された「明治法律学校」が起源となっています。

1903年に専門学校令により現校名へ、1920年に大学令によって慶應大学、早稲田大学に次3番目の私立大学となります。

 

続いて大正大学は、1926年(大正15年)に設立。

1885年に設立された寛永寺の天台宗中学林を起源に持ちます。

 

続いて昭和大学は1946年(昭和26年)に設立。

1928年に設立された昭和医学専門学校が起源となっています。

 

最後に帝京平成大学は1987年(昭和63年)に帝京技術科学大学として誕生しており、
1995年(平成7年)に帝京平成大学へと名前を改めています。

 

以上、まとめると、

どの大学も元々なんらかの形で学校自体は存在しており、のちに現在の名称の大学になっていることが分かります。

 

よって「令和大学」という大学が誕生するとしたら、「新たに大学が設立される」というよりかは、

既存の大学が令和の名前をとって名称を変更する可能性の方が高いと考えられます。

 

現在経営に苦しんでいる大学は、「令和大学」もしくは「〇〇令和大学」へと名前を改めるチャンスかもしれません!

 

スポンサードリンク

まとめ

新元号「令和」が発表されたことにより、国だけでなく企業もそれに乗じて様々な動きを見せています。

 

令和にともなってどんなものが世の中に誕生していくのか、注目していきたいですね。

 

雑学カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.