ラジエーションハウス 1話のネタバレあらすじ・感想

NO IMAGE




2019年4月8日放送のドラマ「ラジエーションハウス」第1話のネタバレあらすじと感想について見ていきます。

この記事ではドラマの内容に関するネタバレも含まれているため、まだ放送を見ていない方は注意してください。

 

 

スポンサードリンク

ラジエーションハウス 1話の予告動画と予告あらすじ

まずは「ラジエーションハウス」第1話の予告動画と予告あらすじについて見ていきます。

 

「ラジエーションハウス」第1話の予告動画はこちら。

 

 

続いて、「ラジエーションハウス」第1話の予告あらすじはこちら。

 

五十嵐唯織(窪田正孝)は、「写真には必ず真実が映る」と信じている放射線技師。アメリカで最も権威ある放射線科医からその才能を認められた唯織は、帰国後、ずっと思いを寄せている幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。
22年前、杏は、父親の跡を継いで医者になる夢を唯織に話していた。そのとき杏は、病気を見つけるにはカメラマンが必要だから、世界一のカメラマンになってお手伝いをして、と唯織に告げていた。

初出勤の日、唯織はバスで甘春総合病院へと向かう。同じバスには、唯織とともに採用された新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)の姿もあった。その途中、バス運転手・天野(春海四方)のわずかな異変に気づいた唯織は、救急車を呼ぶよう乗客に呼びかける。唯織は、駆けつけた救急隊員に、血管造影ができる病院へ搬送するよう指示する。
天野は甘春総合病院に搬送された。受け入れたのは救急担当の整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)だ。だが、天野は自力で立てるほど元気で……。
甘春総合病院の放射線科は、科長兼診療部長の鏑木安富(浅野和之)のもと、ギャンブル好きの技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)、男勝りな独身女子・黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)が放射線技師として働いている。彼らの間では、唯織が病院長・大森渚(和久井映見)の隠し子ではないか、という噂も広まっていた。

唯織は、バスの一件で遅刻しながらも、遂に杏と再会を果たす。ところが杏は、唯織のことなどまったく覚えていなかった。大きなショックを受ける唯織。
そんな折、前夜、唯織が河川敷で出会い、親しくなった菊島亨(イッセー尾形)が甘春総合病院に搬送されてくる。実は菊島は世界的な写真家だった。小野寺たちは、頭痛を訴える菊島の頭部MRI検査を行った。しかし、画像の左上が黒く抜けて欠損していて……

出典: www.fujitv.co.jp

 

今までも医療ドラマというのは数え切れないほど放送されてきましたが、放射線科にスポットを当てたドラマというのは今までにない着眼点で面白そうですね。

ちなみに「ラジエーションハウス」というのは「放射線科」を意味する言葉なのだそうです。

 

予告動画を見ると窪田正孝さん演じる主人公・五十嵐の変人感も出ていてなかなか良いのではないでしょうか。(笑)

 

放射線科という、素人からすれば一見地味に思えてしまう医療現場をドラマで見ることで、
それが患者の命を救うのにいかに重要な役割を果たしているのかということを知れそうです。

 

また、ドラマ「ラジエーションハウス」では医療現場だけでなく登場人物たちの人間模様も描かれると思うので、
あらゆる面で楽しみな第1話です。

 

ラジエーションハウス 1話の放送前の反響

そんな「ラジエーションハウス」第1話の放送前の反響を見ていきます。

 

 

 

 

 

第1話放送前の反響としては、放送を待ち望む声が多いものの、
原作ファンからは「実写となると微妙かも」という意見もあるみたいです。

 

ただこうしたマイナス意見はは原作漫画のドラマ化となると必ず出る意見なので、
ドラマ放送後に期待値が低い視聴者の期待を良い意味で裏切ることができるかどうかが鍵となってきそうですね。

 

 

スポンサードリンク

ラジエーションハウス 1話のネタバレあらすじ

ここからは、「ラジエーションハウス」第1話の詳しいネタバレあらすじについてみていきます。

 

ここに一台のカメラがある。1997年一斉を風靡したカメラだ。

27枚撮り、まだ1枚残っている。そのカメラを1人の少年が手にしていた。

そこへ3人の少年が現れ、無理矢理カメラを奪おうとし、少年を突き飛ばす。

それを見ていた1人の少女が駆け寄り、虐めている少年の1人にキックをする。

 

少女の顔を見た少年達は、「甘春だ」と言い慌ててその場を去って行く。

助けられた少年はカメラを手にし、残りの1枚で去って行く少女の後ろ姿を撮影するのだった。

それが五十嵐唯織と甘春杏との出会いだった。

それから年月は流れ唯織は公園のベンチに座り、少女の後ろ姿の写真を眺めていた。

 

するとそこへカメラを抱えた男性が現れ、「良い写真だね」と褒めるのだった。

すると唯織は「明日その子に22年と128日ぶりに会うんです」と説明する。

彼女に見合う男になろうと、努力に努力を重ねた結果月日が流れてしまったのだった。

すると男性はカメラを手にし、星を写し出し見せてくれた。

 

男性の名前は菊島亨といい写真家だった。

星の説明を受けている最中、菊島は突然の頭痛に見舞われる。

唯唯は必ず病院に行くようにと伝え、その場を去って行く。

翌日バスに乗った唯織は杏の事を想いながら、1人ぶつぶつ呟いていた。

 

そこから離れた席に座っていた広瀬裕乃は、診療放射線技師パーフェクトマニュアルを手に大丈夫と気持ちを落ち着けていた。

すると突然バスが激しい揺れを起こし止まってしまう。

バスの運転手に近づいた唯織は、運転手の様子を見ると救急車を呼ぶようにと伝える。

 

救急隊員が来て病院に搬送されるが、待ち構えていた医師が驚くほど患者は元気だった。

甘春総合病院の放射線科に到着した新人の広瀬が放射線科で挨拶するが、歓迎ムードは無く無関心だった。一方で遅れて甘春総合病院に到着した唯織の前に杏が現れる。

 

緊張しながら話かけるが唯織を覚えておらず、逆に変人扱いをして去って行く。

そして杏は院長に何故唯織を採用したのか訴えに行く。

するとアメリカの権威あるピレス教授が認めた人物だと説明を受けるが信じようとはしなかった。

唯織に関して放射線科では院長の隠し子との噂が立っていた。

 

そんな中、写真家の菊島が倒れ甘春総合病院に搬送されてくる。

世界的に有名な写真家という事でマスコミからも注目されていた。

頭部の検査を受けた菊島だったが、金属アーチファクトの影響で脳の左上が欠ける現象が起きていた。

 

唯織は菊島の病室を訪れ、菊島が撮影したウユニ塩湖などの写真を見ていた。

すると1枚の写真に目が止まる。ウユニ塩湖の上に一面の星空が広がり、その下に男女2人が結婚式の格好で写っていた。

菊島と妻が一緒に撮った写真だという。

 

妻の命日に写真集を出そうとしているが、未だ未完成だという。

菊島の入院手続きに訪れた娘だが、父親の事嫌い会おうとはしなかった。

母親が倒れた時も写真撮影の為戻らず、帰ってきたのは母親の葬儀が全て終わった後だった。

母親が可哀想だと語り、その場を去って行く。

 

菊島の容体が急変し、非常に危険な状態だとし娘は病院に呼ばれる。

そんな中病院では、菊島の病気の原因を突き止めれない為、転院させる話となっていた。

杏は転院に反対し、造影剤アレルギーがある菊島に対して造影剤を投与し、病気の原因を突き止める判断を下す。

 

造影剤投与の準備が進む中、唯織は1人パソコンに向かい、消えた脳の画像の修復作業を行っていた。

そして画像の修復作業が終わり、菊島の病気の原因を突き止める。

ウェステルマン肺吸虫、寄生虫が原因だという。

 

アジア地域やアフリカ、南米に生息しその名の通り主に肺に寄生する虫で、これが脳に寄生した場合頭痛や嘔吐、運動障害などが起きる。

感染源は主に淡水産の蟹と言われていて、菊島は毎年ボリビアを訪れていて、その時に生の蟹を食べた事により感染したのだった。

 

父親の容体が落ち着いた事を知り安堵する娘だった。

帰ろうとする娘に唯織は菊島が撮影したウユニ塩湖の星空の写真を見せる。

この写真はまだ未完成で、よく見ると目には見えない被写体にピントが合っていると。

そして菊島が妻と2人で写った写真を見せ、娘が生まれた時に菊島は妻とある約束をしていたという。

 

いつか娘が大きくなって大切な誰かを見つけた時は、必ずここで写真を撮ってあげて欲しいと妻に言われいた。

世界中を飛び回っている菊島が本当に撮りたかったのは、星では無かったのかも知れないと言われ、娘はジッと写真を見つめるのだった。

元気になった菊島は退院の日を迎える。

 

外に出ると唯織が現れ、「退院おめでとうございます、どうかお大事と」伝え去って行く。

すると入口にいた沢山のマスコミの先に娘が立ち、菊島に笑顔を向けていた。

それを見た菊島にも自然と笑みがこぼれ、照れ臭そうに娘の元へ歩み寄るのだった。

一方で唯織が緊急搬送させたバスの運転手は、脳梗塞が起きる前に検査が受けれた事で命拾いしていた。

 

その様子を見ていた広瀬は唯織の後ろ姿を見つめ尊敬の念を感じるのだった。

唯織の元には菊島から感謝のハガキと共に完成した写真集が送られてきていた。

その表紙には結婚相手と笑顔で写る娘の姿があった。

出勤途中院長に会った唯織は、医師免許を持ちピレス教授に認められる実力がありながら、何故医師では無く技師の道を選んだのかと言われる。

 

すると唯織は約束したからと照れ臭そうに言うのだった。

病院で杏とすれ違い挨拶をすると杏はおはようと答えてくれた。

その事に喜ぶ唯織だった。

 

スポンサードリンク

 

ラジエーションハウス 1話の感想

「ラジエーションハウス」第1話の感想について書いていきます。

 

唯織と杏の幼き日にした約束。杏が放射線科医となり唯織が放射線技師となる。

その約束を果たす為、放射線技師となり甘春総合病院の杏の元に訪れた唯織でしたが、杏は約束どころか唯織の事さえ覚えていないという状況に、唯織が可哀想だなと感じました。

杏に見合う男になる為に、必死に努力を重ねた結果、アメリカの権威ある放射線科医に認められるまでの実力を身につけたのは凄いなと思いました。

 

その努力が今後、杏の支えとなっていってくれる事だと思います。

今回のドラマを通して、放射線科医や放射線技師の日本での認知度の低さを改めて痛感しました。

実際患者を診察する内科医や外科医ばかりが注目されて、放射線科医が下に見られてる事はとても残念な事だと思います。

 

陰ながら支える、放射線科医にももっとスポットが当たっても良いのではないかと思いました。

今回のドラマではバスの運転手と世界的有名な写真家の2人の患者にスポットが当たりました。

偶然バスに乗り合わせて唯織の機転により、バスの運転手は脳梗塞から救われました。

普通なら元気に歩いている人が病気だとは思いもしません。

 

人のちょっとした異変を見逃さない唯織の診断力は、凄いなと思いました。

杏との約束の為、放射線技師として現在働いていますが、画像診断など裏方の仕事では無く、患者の診断の方もやったら良いのになと思いました。

そうする事で医師からの指示が無いと動けない、放射線技師の煩わしさが無くなるのではないかと思いました。

 

せっかくの医師免許を持ちながら、それが生かせていないというのが残念だなと思います。また医師の指示が絶対的で、技師は指示無くして動けない。

おかしいと疑問を持っても意見が通らないというのは、どうなんだろうかと思いました。

技師の意見も取り入れていき、お互いに協力し合った方が患者の為にもなるのではと感じました。

 

もう1人の患者の写真家の菊島亨。原因不明の頭痛に悩まされていました。

通常であれば、検査で病気の原因が突き止められるはずでした。

しかし、金属アーチファクトという体の内部に金属がある事で、頭部画像が上手く写らない現象が起きてしまいました。

 

その他にも造影剤アレルギーの持ち主で、頭を抱える事だらけの難問でした。

謎が解明出来ない間に患者の容体が急変してしまうという事態。

そんな状況で杏は苦肉の策で、副作用の影響を出ることを覚悟の上で、造影剤を使用する決断を下しました。

 

病気の解明が優先、このまま患者を放っておけない、患者を救いたい。

その杏の気持ちは痛いほど伝わりました。

そんな中、唯織は院長が使用していた湿布のフィルムからヒントを得ます。

 

普段臨床で使う画像の他にもう一つ隠された画像、位相画像の存在を思いつきます。

普通は使われる事は無く、まず捨てられてしまう副産物的画像。

これを逆算して掛け合わせると元の画像の欠けた部分を補正出来るかもしれないという、誰もが思いつかない方法を使います。

 

みんなとは違った視点で物事を見る事の大切さが、分かった瞬間でもありました。

唯織が1人黙々とパソコンに向かい補正作業を行う中、刻一刻と造影剤投与の準備が進められていきます。

パソコンの中の脳の画像が少しずつ補正されていく中、思わず唯織に急いでと言ってしまいそうになりました。

 

いざ造影剤投与となった瞬間とても緊張が高まりました。

患者の菊島はどうなってしまうのだろうか、そんな事を思った瞬間でした。唯織から待ちに待った一言が聞けたのは。

「見えた」の一言と共に急いで造影剤投与を中止してと叫びたくなりました。

 

今回の話の中で一番緊張感が高まりハラハラした瞬間でした。

唯織の努力の成果で造影剤投与無くして、無事に頭部画像が写し出され、病気の原因究明が出来たのは良かったなと思いました。

原因がまさかの寄生虫だとは思いもしませんでした。

 

とにかく無事患者が元気になり退院出来たのは良かったなと思いました。

唯織は菊島の病気の原因究明を解決しただけではなく、もう一つの悩みを解決していました。

それは菊島亨が長年抱えていた、娘との確執でした。

写真家として活躍する一方で、娘との溝がどんどん深まっていきました。

 

そして父親が嫌われる決定的な出来事が起きてしまいます。

それは母親の死でした。母親が倒れた時、父親は星空の写真撮影で帰って来ませんでした。

母親か倒れ、頼るべき存在の父親も無く1人母親の死に向き合った娘。

1人でどんなに心細く辛かっただろうかと考えると、胸が痛みます。

 

父親を憎んでしまう気持ちもわかる気がします。

大人になり、ますます疎遠になった親子を再び結びつけたのは1枚の写真でした。

そこにはウユニ塩湖の上に一面星空が広がる何とも幻想的な写真でした。

そこに寄り添い写る、父と母の姿。

 

その写真に秘められた両親の想い。

その写真で親子の絆が元通り戻ったのが、とても良かったです。

菊島が退院するとき入口の外に微笑み待っている娘の姿がとても印象的でした。

これから止まっていた親子の時間を取り戻していって欲しいなと思いました。

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ドラマ「ラジエーションハウス」第1話のネタバレあらすじと感想について、
第1話の予告あらすじや放送前の反響とともに見ていきました。

 

ドラマ「ラジエーションハウス」第1話はFODプレミアムで放送終了後に配信されています。

 

↓今なら初回1カ月間、月額料金が無料!

→FODをまずは無料でお試し!

*紹介している内容は2019年4月9日時点の情報です。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

 

 

 

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.