ストロベリーナイトサーガ 1話のネタバレあらすじ・感想/大塚(重岡大毅)まさかの離脱!

NO IMAGE

ドラマ記事に関する裏話をLINEで発信中!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)

 

2019年4月11日放送のドラマ「「ストロベリーナイトサーガ」第1話のネタバレあらすじと感想について、
第1話放送前の予告あらすじや視聴者の声とともに見ていきます。

 

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 1話の予告動画と予告あらすじ

まずはドラマ「ストロベリーナイトサーガ」の予告動画と予告あらすじについて見ていきます。

 

第1話の予告動画はこちら。

 

 

第1話の予告あらすじはこちら。

 

警視庁捜査一課の菊田和男(亀梨和也)は、第十係、姫川玲子(二階堂ふみ)が率いる通称“姫川班”への勤務を任命された。折しも、捜査一課は亀有北署に『水元公園内殺人・死体遺棄事件特別捜査本部』を立てていた。捜査本部に向かった菊田は着任の挨拶をしようとするのだが、肝心の玲子の姿がないまま、捜査会議が始まってしまう。

管理官の橋爪俊介(岡田浩暉)とともに現れた係長、今泉俊介(山口馬木也)が事件の経緯を説明。水元公園の溜池付近で死体が発見される。被害者は金原太一という営業マンで、死因は出血性ショック死。凶器は薄型の刃物で、被害者の体には無数の傷がつけられていた。しかし、多くの傷は死因とは無関係で、致命傷は喉元の頚動脈を切断されたことと推定されている。さらに、死後、みぞおちから股関節までを切開されていた。捜査官の質疑が始まる頃、ようやく玲子が姿を現す。

玲子は到着するなり、話があると会議を遮った。呆れる橋爪をよそに今泉が促すと玲子は自分の見解を話し始める。玲子は被害者が死後に腹を割かれたのは、池に沈めるためだと指摘。今回、沈めることが出来なかったのは、犯人側にトラブルが発生したためだと言う。そして、この事件のひと月前に同公園の溜池にしか存在しない寄生アメーバに感染して死亡した男がいると告げた。そして、玲子はその池には腹部を割かれた別の犠牲者がいると言い切る。溜池を再捜索すると新たな死体が発見されて…。

出典: www.fujitv.co.jp

 

初回2時間SPで放送される「ストロベリーナイトサーガ」第1話。

第1話の主な見どころとしては、前作「ストロベリーナイト」から一新されたキャストの活躍ぶりといったところになるでしょうか。

 

新しいキャストに違和感を感じている人も多いようですが、そこをいい意味で裏切ってくれるよう、期待したいですね。

【参考】ストロベリーナイトサーガのキャストに違和感?【理由】逆に期待の声も?

 

第1話は水元公園付近の溜池で事件の被害者が発見。

 

捜査を進めていくうちに、新たな被害者も発見されるなど、初回2時間SPにふさわしい難解なミステリーが展開されていきます。

 

ストロベリーナイトサーガ 1話の放送前の反響

そんな「ストロベリーナイトサーガ」第1話の放送前の視聴者の反響について見ていきます。

 

 

 

 

 

個人的に第1話放送前の反響は大変興味深いものでした。

 

何が興味深かったのかというと、「前作とキャストが違うからあまり期待していないけど、見ないで決めるのは良くないからとりあえず第1話は見て決める」という声がとても多かったからです。

 

つまり、第1話のクオリティ次第で第2話以降の視聴率に大きな影響を与えると考えられます。

それ以外にも、注目されている重岡大毅さんが第1話で離脱するのではないかという説、純粋の放送を楽しみにている人など、様々な反響がありました。

 

「ストロベリーナイトサーガ」第1話はどんな出来に仕上がるのでしょうか?

 

次からは放送内容のネタバレとなるので、まだ放送を見てない方はご注意ください。

【参考】ストロベリーナイトサーガ 1話のゲストキャスト/被害者役から犯人役まで

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 1話のネタバレあらすじ

「ストロベリーナイトサーガ」第1話のネタバレあらすじを書いていきます。

 

巡査部長の菊田和男が第十係に配属になった日、水元公園内殺人・死体遺棄事件の特別捜査会議が開かれていた。

水元公園内のため池付近でビニールシートに包まれた金原太一の遺体が見つかる。

 

上半身に大小合わせて94ヶ所の傷があり、いずれも傷が浅く出血はあるが死因とは無関係で、致命傷は左頸動脈を切られた事によるものだった。

被害者のみぞおちから下腹部にかけて傷があり、死後切開されたものである事が判明する。

 

会議室の扉が開き、姫川が現れる。

そして管理官の前に行くと「話があるから捜査会議を一時中断して欲しい」と言う。

会議に参加しなかった姫川に対して怒鳴る管理官だったが、係長がなだめ話を聞く事となる。

 

死後に切開された被害者の傷痕は、死体から発生する腐敗ガスを無くし、池に沈める為のものだと語る。

沈める担当の共犯者が亡くなっていた為、池には沈められなかった。

 

1ヶ月前に水元公園内のため池に入り寄生アメーバに感染して亡くなった深沢が共犯者で、ため池には別の死体があると推理するのだった。

ため池から被害者と同じ様な状態の死体が見つかる。

 

金原の聞き込みを行うと勤務先で半年くらい前から突如やる気を見せる様になり、妻からの情報で半年前の第2日曜日に誰かと会っていた事がわかる。

各々の情報を持ち寄り会議をしていると、ガンテツこと第五係の勝俣が現れ、姫川を呼び出す。

 

勝俣は元公安で情報のプロ、何かと姫川に突っかかってくる人物だった。

勝俣は事件について知っている情報を全て出せと言ってくる。

姫川が事件について述べ去ろうとすると、勝俣は「今でも怖いのか?暑い夏の夜は」と言うと姫川の脳裏にある事件の事が浮かんでくる。

 

勝俣が去った後、姫川は意識を失いその場に倒れる。

心配する部下の大塚は、菊田に姫川は班の仲間を大切にし、自分が目標とする人物だと語るのだった。

 

深沢の事件について捜査を始めると、由香里という妹がいる事が判明する。

兄の事件があった日は、精神的に問題を抱えていて入院中だったという。

そこで妹に会いに行くと面会謝絶だと断られる。

 

姫川は医師の隙をつき病室へと向かうが、由香里は話せる状態では無かった。

深沢の手帳が見つかり、毎月第2日曜日に謎の文字S・Nが書かれていた。

その後、ため池から見つかった死体の身元が大手広告代理店のクリエイターをしていたと滑川幸雄だとわかる。

 

滑川はスランプに陥っていたが、突然やる気を見せていた。

大塚は滑川の友人の田代から、ストロベリーナイトという殺人ショーを行う、ダークネット系のサイトに滑川がアクセスしていた情報を入手する。

 

深沢の手帳に書かれていたS・Nとはストロベリーナイトの事だった。

ショーの行われそうな場所を探すがなかなか見つからず、署で一息ついていた姫川。

するとその場に大塚が現れ、捜査一課の刑事になるのが夢だったと語る。

 

姫川は何故刑事になったかの問いに、憧れの刑事がいたからと言い、詳しい事は今度話すと言う。

その後、新たに9体の死体が見つかるが、現場には勝俣班も現れ喧嘩となる。

姫川の為事件解決を急ぐ大塚は、タツミという人物に現金を渡し、ストロベリーナイトの掲示板に書かれた人物の特定を頼む。

 

後日連絡が来るが、この件から手を引いた方が良いと言われる。

そして渡された紙を見ていると突然携帯が鳴る。

大塚はある場所に向かい、扉を開けて中に入ると後ろから突然殴られてしまう。

倒れた大塚の目の前には銃口が向けられていた。

 

先に北見だけ戻り、なかなか署に戻らない大塚を心配する姫川達の前に係長が現れ、大塚の死体が見つかったと告げる。

取り乱す姫川を必死になだめる菊田だった。大塚のノートを手に捜査を開始する姫川班だった。すると署に姫川宛に電話が入る。

菊田がその人物に会い行くと、大塚に情報を提供した人物タツミだった。

 

大塚が渡された情報の紙と同じ物を手にした菊田は、滑川の友人の田代に会いに行く。

そしてストロベリーナイトの情報について聞き、「F」という人物がいた事が判明し、由香里の病院へ向かうと勝俣も現れる。

 

すると由香里がいなくなった事がわかる。

医師の話によると抜け出したのは、今回が初めてでは無く、由香里は義父の虐待に遭い、精神が崩壊していったという。

一方で姫川は北見に怪しそうな建物があると言われ捜査しに来ていた。

 

姫川は北見の言動に違和感を感じ、追求すると突然豹変し姫川に銃を向け撃つ。

一方で勝俣の元にタツミからストロベリーナイトの黒幕が北見だと連絡が入る。

姫川と北見は揉み合いとなり、大塚を殺したのは北見の指示だとわかる。

 

するとその場に深沢由香里が現れる。

「F」の正体は由香里だった。ショーを始めようと北見が由香里に伝えると、拒否をする。

説得にあたろうと北見が近寄った瞬間、姫川が北見に襲いかかる。

しかし北見に応戦され蹴られた瞬間、建物の空いた穴に落ちそうになる。

 

必死にしがみつく姫川に北見が銃口を向けた瞬間、菊田や勝俣が現れ姫川を救い出す。

姫川は大塚が亡くなった現場を訪れ、刑事になった理由を話し始める。

自分は犯罪被害者で、事件を担当した女性刑事により立ち直る事が出来た。

 

そして事件の犯人を捕まえる際にナイフで刺され殉職し、階級が上がり警部補となった。

姫川はその刑事と同じ歳になるまでに警部補になると心に誓い、一緒に戦って行こうと心に誓っていたのだった。

大塚の分まで戦うと、気を引き締める姫川だった。

 

現場から立ち去ろうとすると、菊田が現れ、手には大塚が大好きだったメンチカツを持っていた。

それを見た姫川は、やっぱり良い人だねと微笑み、その場を去って行く。

その後ろ姿を菊田は、見つめていた。そして新たな事件が起きる。

 

ストロベリーナイトサーガ 1話の感想

続いて、「ストロベリーナイトサーガ」第1話の感想を書いていきます。

姫川玲子と菊田和男。後に信頼関係が築かれる2人の刑事の出会いから、今回のドラマが始まっていきます。

姫川班に配属となった菊田は、主任の姫川に対して今まで見たことのない刑事として、疑問を抱きつつ仕事をしていました。

 

そんな菊田に対して、姫川を尊敬する部下の大塚が、姫川は部下想いの素晴らしい人物だと伝えます。

その大塚の言葉の意味を後々、感じることになる菊田でした。

 

確かに姫川は捜査会議にも参加せず、単独行動をとったりと、自分勝手な人物だなと思ってしまいます。

自分の勘で動くその姿は菊田ならずとも、最初は唖然としてしまいます。

 

しかし姫川の凄いところは、その勘を元に必ず事件を解決に導くという部分です。

女性刑事で捜査一課の主任という大きなプレッシャーの中で、素晴らしい活躍だなと感じました。

そんな姫川を心底尊敬する大塚。将来は姫川の様になりたいと、輝かしい未来へと希望を抱いていました。

 

そんな中起きた悲しい事件。

姫川を勝俣に勝たせてあげたい、力になりたいといつも以上の行動をした結果、命を落とすことになってしまうとは、大塚も思っていなかったと思います。

 

大塚が見つけたダークネット系の殺人ショーを行うサイト「ストロベリーナイト」。

人が殺される瞬間を生で観る事の出来るサイトと知り、思わずゾッとしました。

しかも殺される人物は、ストロベリーナイトの会員の中からランダムに選ばれるというのです。

 

自分が殺されるかもしれないという事で、会員の人達はそれぞれ仕事に対しても意欲が増し成果が上がったと言っていました。

もっと違う部分でやる気を起こす事が出来なかったのだろうか。

 

自分が殺されるかもしれないと知っていたら、普通は仕事に身が入らなくなりそうですが。

人が血を流し、苦しむ姿を見て喜ぶ心理が理解出来ないです。

大塚が掴んだストロベリーナイトの情報により、大塚自身が命を奪われてしまった事が残念でなりません。

 

大塚が亡くなったと知った時の、取り乱す姫川を見て心が痛みました。

何故こんなに純粋に頑張ろうと、努力している人物の命が奪われなければならなかったのか。

涙と共に犯人に対する怒りが込み上げてきました。

 

大塚の為にもと、より一層姫川班の信頼関係が強くなり、捜査にも力が入りました。

そんな中、現れた犯人の正体にとても驚きました。

まさか警察関係者だったとは。

 

しかも大塚と共に捜査を行っていた北見刑事だったとは想像していませんでした。

犯人は身近にいるものなんですね。

北見の正体に早く気付く事が出来ていたら、大塚も命を奪われる事は無かったのにと思うと悔しい気持ちになります。

 

北見は過去に様々な犯罪を犯してきたと、得意げに姫川に話していました。

犯罪は自慢出来る事では無く、恥ずべき事だという事に何故気付かないかのだろうか。

警察官という職務にありながら、人を殺して楽しむなんて言語道断です。

 

逮捕された北見には、自分のした事の罪の重さをしっかりと考えて欲しいと思います。

またストロベリーナイトのもう1人の重要な人物「F」こと深沢由香里。

彼女は、義父から受けた虐待により精神が崩壊してしまいました。

こういった犯罪行為は、世の中からなかなか無くならないですね。

 

こういった話しを聞くたびに、何か改善策はないのだろうかと思ってしまいます。

学校が終わり、癒されるべきである自宅で日々行われていた虐待。

毎日、毎日辛かったと思います。

 

女性である事を嫌になり、自分の身体を自分自身で傷つけていたと知った時は、とてもいたたまれない気分になりました。

本当義父に対する怒りもそうですが、何もしなかった母親にも問題があるのではないかと思います。

子供が辛い目にあっているのに、見て見ぬ振りをするなんて信じられません。

 

こんなにも苦しんでいる由香里を、何故周りの人達は気付いてあげる事が出来なかったのだろうか。

誰かがあの時、手を差し伸べていたら由香里の精神も崩壊する事が無く、犯罪に手を染める事は無かったと思います。

 

由香里の言った「自分は汚れている」「ただみんなと同じだと感じたかった」という言葉は、とても印象に残りました。

「汚れていないよ、同じだよ」と犯罪を犯す前に言ってあげたかったです。

事件解決にあたり、勝俣主任の活躍も印象的でした。

 

最初は姫川に突っかかってきたり、心の傷をえぐる様な事を言ってきたりと、何て最低な男だと思っていました。

しかし北見に襲われていた姫川を助けたりと、優しい一面が見えた事により、勝俣に対する考えが変わりました。

 

本当は良い人なのかもしれないと。

姫川に突っかかってきたりして、辛く当たっているのは、姫川の事を想っての行動かもしれません。

刑事というのは、とても大変な仕事です。

 

男性でさえ根をあげる者がいるのに、女性がやるなんて尚更大変だと考えているのかもしれません。

今後、勝俣も姫川を助けていく存在となりそうな気がします。

 

 

 

 

ドラマ記事に関する裏話を発信中!

ブログでは発信していない裏話やお得情報などをLINE@で配信しています。

スマホの通知がうるさくならない程度の適度な頻度で面白い情報を発信していくので、

よかったら「友達追加」してみてくださいね♪

 

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.