ラジエーションハウス 2話のネタバレあらすじと感想/母・子の絆、杏の過去も

NO IMAGE

2019年4月15日放送のドラマ「ラジエーションハウス」第2話のネタバレあらすじと感想について見ていきます。

 

「ラジエーションハウス」のメインキャスト
ラジエーションハウス キャスト一覧【出演者の役柄・見どころ】「ラジエーションハウス」第2話のゲストキャスト
ラジエーションハウス 2話のゲストキャスト/子役・母親役は誰?

 

スポンサードリンク

ラジエーションハウス 2話の予告あらすじ

「ラジエーションハウス」第2話の予告あらすじはこちら。

 

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院院長の渚(和久井映見)から、放射線科医として働く気はないのか、と問われる。しかし唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからだと言って断る。放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織。その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、周囲に医者であることがばれないように、と釘を刺さした。

ラジエーションハウスの技師長・小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒否し続けていた。膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行った際、離婚したら会えなくなるかもしれない息子のことを思い出す小野寺。辻村(鈴木伸之)とともに健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。
一方、唯織と裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査にもかかわらず携帯電話を手放そうとしない富恵(宮田早苗)に手を焼く。閉所恐怖症だという富恵は、携帯電話に保存してある愛犬の写真を見せ、一緒じゃなければ入れない、と騒ぎ立てた。そのとき唯織は、かつて杏が捨て犬の手当てをしたことを思い出す。杏がそのときのことを覚えていれば、自分のことも思い出すかもしれないと考える唯織。

富恵は、威能(丸山智己)の機転によって無事にMRI検査を終える。ところが、その間に表につないであった富恵の愛犬が逃げてしまうトラブルが発生。唯織は、後を追って無事捕獲したものの、犬を連れ去ったと疑われ、部長の鏑木(浅野和之)から叱責される。実は富恵は、鏑木が研究費を支援してもらっている金田製薬の会長夫人だった。
健太郎に会った杏は、成長痛のことを話し、心配しないよう伝える。そこで健太郎は、母子家庭で、仕事ばかりしている母・美佐子(中越典子)に構ってほしくて大げさに痛がったことを打ち明けた。杏は、そんな健太郎に「お母さんはどんなに忙しくても、健太郎くんのことを一番大事に思っているはず」と話す。
検査を終えた健太郎は、美佐子とともに病院を出てバスを待っていた。ところがそこで、美佐子が激しい腹痛に襲われて倒れ……。

出典: www.fujitv.co.jp

ラジエーションハウス 2話の放送前の反響

ネタバレあらすじに入る前に、「ラジエーションハウス」第2話の放送前の反響について調査してみました。

 

 

 

 

 

 

第2話への期待度は人によってまちまちでした。

初回である第1話をみて、離脱してしまったという人も残念ながらいるよう。

 

しかし全体的には高く評価している人が多く、特に放射線科というこれまでの医療ドラマとは違う部分にスポットが当てられているため、
第2話以降にも大きな期待を寄せている人が多いようですね。

 

また、第1話では窪田正孝さん演じる五十嵐が本田翼さん演じる杏に圧倒的に気持ち悪がられていたため(笑)、
ここからいかに五十嵐が杏から好かれていくのか、その過程を楽しみに

している人も多いようでした。

ただただ重いテーマではなく、エンタメ要素も存分に盛り込まれているため「放射線科」と聞いてイマイチピンとこない人でもポップな感じで楽しめるのではないでしょうか?

 

「ラジエーションハウス」は基本的に1話完結型なので、第1話をまだ見れてない人も第2話から見て楽しむことができます。

 

スポンサードリンク

ラジエーションハウス 2話のネタバレあらすじ

「ラジエーションハウス」第2話の詳しいネタバレあらすじを見ていきます。

机の上にある離婚届を小野寺技師長は見つめていた。

妻と別居して1年が経つが、いまだに離婚届にサインをしようとしなかった。

唯織は院長室に呼ばれ、院長から放射線科医として働く気はないかと言われるが、唯織の意思は固く、医師免許を持っている事を内緒にして欲しいとお願いをする。

 

そんな中、膝の痛みを訴える少年のレントゲン撮影が行われていた。少年の名前は千葉健太郎。

杏と整形外科医の辻村で読影を行うが、特に異常は見られず成長痛の可能性が高い為、経過観察となる。

読影後、辻村は杏をランチに誘おうとするが、あっさり断られてしまう。

 

MRI検査室の前では、携帯電話を手放そうとしない患者と揉める広瀬の姿があった。

患者の金田は閉所恐怖症の為、ペロちゃんと一緒で無ければ入れないと、愛犬の画像を見せる。

そのやり取りを見ていた唯織は、共通の思い出である犬を使い、杏に自分の事を思い出してもらおうと考える。

 

広瀬が困り果てていると、技師の威能が現れる。

金田に優しく微笑み、自分が検査中ずっと側にいますからとエスコートして、無事乗り切る。

唯織は外に繋がれた犬を眺め、杏との思い出の怪我の手当てをした犬の名前を思い出そうとしていた。

 

すると犬が繋がれていたリードが外れ、逃げだしてしまう。

唯織は慌てて犬の後を追いかける。杏は病院のベンチに1人座っている健太郎を見つけ話しかけ、膝の痛みは成長痛が原因だから心配しなくても良いと伝える。

すると健太郎は、膝の痛みを少し大袈裟に言ってしまい、母親の仕事の邪魔をしてしまった自分を責めるのだった。

 

無事検査が終わり金田が帰ろうとすると、繋いで置いたはずの愛犬が居なくなっていることに気が付き取り乱す。

そこへ犬を捕まえた唯織が現れ、杏の姿を見つけ犬を見せるが、犬は嫌いだと言い、その場を去って行く。

唖然とする唯織に、犬を奪われたと勘違いした金田のビンタが飛ぶ。

 

広瀬と唯織は診療部長の鏑木に、犬の件の苦情で呼び出され説教をされていた。

金田は金田製薬の会長夫人で、鏑木は多額の研究費を支援してもらっていたのだ。

小野寺技師長も必死に謝罪し、この場を収める。

健太郎と母親は診察が終わりバスに乗って帰ろうとするが、母親は突然腹痛に襲われ、その場に倒れてしまう。

 

偶然側にいた少年が駆け寄り、母親は病院へ搬送される。その少年は小野寺技師長の息子だった。

検査が終わり、杏が読影を行うが特に異常は見られなかった。

すると検査を終えた母親を見て小野寺技師長は、見覚えのある顔だとして、ある患者のカルテを見つめていた。

 

そこには小山美佐子と書かれていたが、名字が違う為、確信を持てずにいた。

この患者は7年前に副腎皮質がんを患い治療に通っていた。

その事実を知った唯織は、より詳しい検査が必要だとして、検査を終え帰ろうとする美佐子を引き止める。

 

検査を受けた結果、がんの再発は認められず腹痛の原因は恐らく膵炎であるとして、しばらく入院することになる。

放射線科に小野寺技師長の息子が、離婚届を父に渡して欲しいと置いて行く。

しかし黒羽が後を追いかけ、直接渡した方が良いと返す。

唯織は健太郎の膝が気になり、レントゲンの写真を現像していた。

 

リフラウメニ症候群の可能性があるとして、整形外科のスタッフルームに居座っていた。

その事で鏑木に苦情が入り、小野寺技師長は連れ戻すように指示をされる。

謝罪を繰り返す小野寺技師長の姿を、息子は見つめ呆れていた。

 

気付かれないように離婚届を、父親の机の上に置こうとしていると、放射線科のメンバー達が帰って来てしまい、慌てて物陰に隠れる。

唯織は健太郎の膝をより精密に検査する為、MRI検査を医師の指示無く行いたいと言う。

みんなが反対する中、小野寺技師長は調べて病気が無ければそれで良いと、唯織を擁護するのだった。

 

そんな父親の言葉に息子は耳を傾けていた。

小野寺技師長が鏑木にお願いに行くが、忙しいと断られる。

その場を去ろうとすると、杏が呼び止める。

そして健太郎のMRI検査が行われる。

 

金田製薬の会長が脳検査を受ける事が出来ずに、会食に遅れると怒りをぶちまけていた。

苦情を言われた鏑木は、怒りを露わにすぐ検査を辞めるように指示を出す。

しかし小野寺技師長が何かあれば自分が責任を取ると、検査を続行させようとする。

するとそこへ杏が現れ、自分のオーダーだと言い、検査が続行される。

 

鏑木は恐る恐る金田会長の所へ戻り弁解しようとすると、そこへ威能が現れ会長に話しかける。

今日は金田夫人の誕生日だと伝え、会長は思い出させてくれた事を感謝するのだった。

検査が終わり、健太郎は骨肉腫である事が分かる。

その事実を知った母親は、動揺し涙するのだった。

 

自分が病気になった事を必死に謝る健太郎に、母親は優しくなだめ、そして親子で病気と立ち向かう決心をするのだった。

息子に離婚届を渡された小野寺技師長は、息子が待つロビーに向かい手渡す。

そこにはサインは書かれておらず、離婚しない意思が書かれていた。

 

息子はそれを見て笑顔になり病院を後にする。

杏は院長に唯織は何者なのか聞くが、自分も良く分からないと返事をされ、何か困った時は彼を頼れば力になってくれると言われる。

唯織は院長から、杏の兄が杏の代わりに逃亡した犬を捕まえようとして、建物の崩落に巻き込まれ亡くなった事を知る。

 

兄が継ぐはずだった病院を守る為、必死に頑張っていたのだった。

唯織は、その話を聞き技師として杏を支える事を心に誓うのだった。

そんな唯織だったが、目の前で杏と辻村が2人で食事に行く話を聞きショックを受けるのだった。

 

スポンサードリンク

 

ラジエーションハウス 2話の感想

「ラジエーションハウス」第2話の感想について、詳しい内容を更新していきます。

 

忙しい仕事の中で徐々にすれ違ってしまった夫婦の仲。

今回はそんな離婚危機の小野寺技師長に、スポットが当たった回だったと思います。

別居して1年も経つのに離婚しないのは何故なんだろうか。

 

離婚届にサインしてあげれば良いのにと、周囲から言われても頑なに拒む小野寺技師長。

ただ意地を張っているだけかと思っていたのですが、話が進むにつれて家族や妻に対する愛情が、変わらずある為なんだと感じました。

最初は息子も、職場でぺこぺこ頭を下げてばかりいる父親に呆れていたのですが、偶然知った父親の姿を見て思い直す事となります。

 

父親には芯の通った力強さがあり、上に立つ者として部下達を支え、守ろうとする姿があったのです。

普段家ではだらしなく、ギャンブルばかりする父親からは想像する事の出来ない姿でした。

この父親の姿を見れた事は、息子にとってとても良かった事だと思います。

 

自分にとって汚点だと思っていた父親が、きっと今では誇らしく感じていると思います。

今後母親を説得して、もう一度家族としての時間を取り戻して欲しいなと思いました。

また今回の話の中で、膝の痛みを訴え、甘春総合病院へ診察に訪れた千葉健太郎。

 

母親は7年前がんを患い、長い闘病生活を経てようやく社会復帰を果たしました。

離婚してシングルマザーとなり、自分が息子を立派に育て上げると心に誓い正社員になる為、毎日忙しく働いていました。

そんな忙しく働く母親を見ていた健太郎はいつのまにか、母親に気を使う子供となってしまっていました。

 

8歳という母親に甘えたい年頃にも関わらず、自分の気持ちを押し殺して、母親の仕事の邪魔をしないようにという事を常に考えていました。

骨肉腫という病気が判明した時でさえ、母親に迷惑をかけたと謝る姿に胸が痛みました。

母親はそんな健太郎の姿に、自分の事を責めるのでした。

 

シングルマザーとなり、息子を立派に育ててなければという母親の気持ちはとても良く分かります。

一生懸命頑張っていた分、周りに目が行かず、息子に寂しい思いをさせていた事に気が付いていなかったのでしょう。

あるいは、気が付いていたが、いつも母親を気遣い自分は大丈夫だと言う息子に甘えが出ていたのかもしれません。

 

今回息子に骨肉腫という骨のがんが見つかりました。

この事をきっかけに母親は、息子が普段から無理をしていた事に気付かされました。

病気が親子の絆をより一層深めてくれたような気がします。

 

唯織のおかげで早期発見となり、他に転移している事も見られなかったので、今後は親子でがんという共通の病を経験した者同士支え合い、克服していって欲しいと思いました。

今回の患者の病を見抜いたのも唯織でした。

医師までもが見逃してしまった点を見つけ出す力は凄いなと思います。

 

少しでも疑わしき点があれば、見逃さず原因が分かるまで突き止める。

まさに医療業界には、無くてはならない人物で、患者にとってはヒーローです。

周囲の人達は、そんな唯織に振り回されながらも、患者を助けたいという気持ちは皆同じで、いつの間にか唯織に協力的になっているような気がします。

 

最初は唯織に対して変人扱いをしていた杏も、唯織の仕事ぶりを見て徐々に実力を認めてきているように感じます。

そんな杏に自分の事を思い出してもらおうと、日々アピールを続ける唯織。

今回は2人共通の思い出の犬を使って、思い出してもらおうとします。

 

しかし思い出すどころか、逆に犬は嫌いだと言われてしまい中々上手くいきません。

杏が小さな頃平気だった犬を、嫌いになったのには深い理由がありました。

犬が原因で兄を亡くしてしまったという、深い悲しみがそこにはあったのです。

 

自分が犬を追いかけようとしなければ、兄が建物の崩落に遭い亡くなる事はなかった。

杏は、ずっと自分の事を責め続けていたのかもしれません。

自分の兄が亡くなってしまった事は、杏にとって深い心の傷となり、兄が継ぐはずだった甘春総合病院を守ってこそ、兄に対して罪滅ぼしとなると考えたのかもしれません。

 

父親が引退後ずっと1人で歯を食いしばり、頑張ってきていたんだなと思うと、同情したくなりました。

兄が亡くなった辛い過去があるからこそ、昔の出来事を思い出そうとせず、唯織の事も思い出せていないのかもしれません。

 

杏の過去を知った唯織は、放射線科医の杏を自分が放射線技師として支えると、改めて心の中で決意します。

院長が杏に語った、困った時は唯織を頼れば彼が助けてくれるという言葉の意味を、まだこの時の杏には理解出来ていなかったかもしれません。

 

しかし後々、この言葉の意味を思い知る事になるのではないかと思います。

今後杏は過去の唯織の絆とは関係なく、現在の唯織と深い信頼関係で結ばれていくのではないでしょうか。

そんな2人の仲に割って入ろうとする人物が出てきました。

 

整形外科医の辻村です。

杏の先輩である辻村は、自分の気持ちに気付いてもらおうとご飯に誘ったり必死にアピールをしています。

今後この三角関係の行方にも注目していきたいです。

 

スポンサードリンク

 

ラジエーションハウス 2話までで見逃した回がある・もう一度見たい回がある場合

「ラジエーションハウス」第2話までで、

「見逃してしまった回がある」

「あのシーンをもう一度見てみたい!」

という方は、動画を合法的に無料で視聴する方法があります。

【詳細】ラジエーションハウス 2話の動画を無料視聴【見逃し配信】4月15日放送

 

第2話以外のネタバレあらすじ・感想

【第1話】

ラジエーションハウス 1話のネタバレあらすじ・感想

 

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.