ストロベリーナイトサーガ 2話のネタバレあらすじ・感想/前作と同じ内容再び!

NO IMAGE

2019年4月18日放送のドラマ「「ストロベリーナイトサーガ」第2話のネタバレあらすじと感想について、
第2話放送前の予告あらすじや視聴者の声とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 2話の予告あらすじ

ドラマ「ストロベリーナイトサーガ」第2話の予告あらすじはこちら。

 

ここのところ事件もなく平和な日々の捜査一課。しかし、姫川玲子(二階堂ふみ)はそれが不満なのかイライラと動き回り、仕事を求めていた。菊田和男(亀梨和也)や湯田康平(中林大樹)は不謹慎だと諌めるが、玲子は彼らの言葉が耳に入らない様子で、石倉保(宍戸開)に今朝発生した事案を尋ねる。玲子はこれが大きな事件に発展すると読んでいた。そんな時、橋爪俊介管理官(岡田浩暉)と今泉春男係長(山口馬木也)が特別捜査本部を立てると来た。玲子の勘は的中した。

捜査本部が立てられたのは蒲田西署。亀有北署から異動になったと井岡博満(今野浩喜)もいた。井岡は蒲田西署の葉山則之(葉山奨之)を玲子たちに紹介する。会議が始まると今泉が今朝の事案を説明。多摩川土手の路上に放置されたスクーターの荷台から、成人男性の左手首が発見される。三島耕介(堀井新太)の証言と指紋から、手首は高岡賢一(寺脇康文)のものと判明。高岡は工務店を経営していて、耕介は従業員。耕介が出勤すると工務店のガレージの床が血の海になっていたため、高岡を探していたのだ。

早速、玲子が体などは川に遺棄されたのだろうと発言しだすと遮るものが現れる。日下守(神保悟志)だ。予断は捜査の妨げになると言う日下に玲子は反論しようとするが、橋爪に止められる。
なぜ高岡は殺されたのか。そして、なぜ手首だけが残されていたのか?死体なき殺人事件の真相を追う姫川たちの前に、次々と驚がくの真実が浮かび上がっていく……。

出典: www.fujitv.co.jp

 

ストロベリーナイトサーガ 2話の放送前の反響

そんな「ストロベリーナイトサーガ」第2話の放送前の視聴者の反響について見ていきます。

 

 

 

 

 

 

「ストロベリーナイトサーガ」は第1話が始まる前はキャストが一新されることへの不安から、ネガティブな意見もそれなりに多かったようですが、
第1話終了後から第2話が始まるまでの感想を見ていると、第2話に期待を寄せている人が多い印象でした。

 

第1話を見てやめてしまった人もいるのかもしれませんが、「何だかんだ新しいキャストでも面白いじゃん!」という人も一定数いるようです。

【関連】ストロベリーナイトサーガのキャストに違和感?【理由】逆に期待の声も?

 

ストーリー自体は第1話からかなり面白かったですしね。

第2話は第2話・第3話続けてのストーリーとなるようです。

 

また、第2話も第1話と同様前作と同じ内容が描かれるということで、前作との比較で賛否両論は出ると思いますが、
どんな意見を持っている人であれ最後までストーリーを見届けていきたいですね。

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 2話のネタバレあらすじ

「ストロベリーナイトサーガ」第2話のネタバレあらすじを書いていきます。

 

今から9年前、マンションの建設現場で男性作業員2人が深刻そうに話をしていた。

そのうち1人の男性は、自分の息子に満足に食事を与えられない、不甲斐ない自分に憤りを感じていた。

そして思い詰めた様子で立ち上がると、そのまま転落して死亡してしまう。

 

警察署に1人呼ばれた少年は父親の遺体と対面し、吐き気がこみ上げてくる。

その後、父親の職場で父親の荷物と共に香典をある男性に渡される。

帰ろうとすると、父親の友達だと名乗る男性に話をかけられ、一緒にご飯を食べようと言われる。

 

それが高岡賢一と三島耕介の出会いだった。

それから時は過ぎ2018年12月4日。三島耕介は警察と共に、高岡工務店と書かれたスクーターの確認をしていた。

すると荷台からナイロン袋に入った、血塗れの人の手首が見つかる。

警視庁捜査一課では、事件も無く平穏な日々が続いていた。

 

暇を持て余していた姫川は、仕事が出来ずに苛立っていた。

そんな中、管理官と係長が現れ蒲田で殺人事件が起きた事を伝える。

姫川達は蒲田西警察署へ訪れる。すると井岡が待ち受けていて巡査部長に昇任した事を報告する。

まとわりつく井岡に苛立つ姫川だった。

 

そして多摩川変死体遺棄事件の捜査会議に参加する。

事件の第一発見者は三島耕介21歳。

三島の証言と指紋から多摩川で見つかったスクーターは、高岡賢一の物と判明。

高岡は大工仕事の請負をしていて、従業員は三島だけだった。

 

三島が今朝出勤しガレージのシャッターを開けると、コンクリートの床は血の海になっていた。

高岡の携帯に連絡するが繋がらず、自宅にも姿は無かった。

そこで交番に相談に行ったという。

 

ガレージと放置スクーター、発見された左手首の血液のDNAが一致していた。

姫川が憶測を元に発言していると、その言葉を遮るかのように日下が、余談は捜査の妨げになるからやめて欲しいと忠告をする。

姫川達は班に分かれ、現場周辺を捜査する。

 

すると姫川はある場所に目が止まる。そこはホームレスが生活する様な家だった。

家の中には、1人の男性が具合悪そうに寝込んでいた。

話を聞こうとすると、男性は咳き込みながら特に異変を感じなかった事を伝え、「俺なんかに何が言える」と言う。

 

姫川達はその場を去るが、男性のキザな言い方に違和感を覚える姫川だった。

その後、日下は三島、姫川は三島耕介の彼女の中川美智子の事情聴取を行う。

三島は高岡が父親を亡くした後、面倒を見てくれていた事や高岡工務店で働く経緯を語る。

そして姫川は、中川は美容師を目指していて、父親を転落死で亡くした事を聞く。

 

少しの物音に敏感に反応する姿を見て、暴力の被害者ではと疑いを持つ。

捜査会議では報告が行われ、三島と中川の父親が共に鴨下総業の現場で転落死をしている共通点が見つかる。

高岡は5年ほど前まで坂林建設に勤めていて、坂林の現場では鴨下総業の人間を使う事が多かったという。

日下は、鴨下総業に2人の転落死の生命保険について聞く。

 

保険に関しては戸部真喜夫という、坂林建設から出向して来ている人物が担当しているという。

本人は出社しておらず、こちらからも連絡がつかないという。

日下達が帰ろうとする、ある女性従業員と目が合う。

菊田は高岡の生命保険受け取り人が三島耕介の他に、内藤君江という人物がいる事を突き止める。

 

君江の勤め先から後を追うと、北千住中央病院の中に入って行く。

中には甥っ子とみらる内藤雄太が入院していた。

雄太は4年ほど前にこの病院に転院してきていて、13年前に爆発事故に巻き込まれていた。

姫川は聞き込みで2ヶ月ほど前、高岡と耕介が父親の死の真相を巡り揉めていた事を知る。

 

三島忠治の死は自殺で、保険金を得る為に事故死に見せかけるように足場から飛び下りていた。

耕介は、その現場に高岡が居たのにも関わらず、父親の自殺を止めてくれなかった事に怒りを感じていた。

姫川達は内藤雄太の爆発事故について調べていた。

 

雑居ビルでガス爆発が起き、父親の内藤和敏は重傷、息子雄太は意識不明の重体、母親は死亡していた。

そして父親の内藤和敏は建築作業員だと分かる。

内藤君江は和敏の姉だった。

姫川は高岡の過去を知る人物に会いに鰻店を訪れる。

 

店主に高岡の過去について話しを聞くと、何故か人物像と食い違う。

日下は鴨下総業の女性従業員から、戸部はヤクザで女性従業員の更衣室に勝手に出入りしたり、痴漢は日常茶飯事でレイプされた女性従業員もいた事を話す。

 

そして戸部は12月3日を最後に出社して来ていないという。

その日は高岡賢一が殺された日にちと同じだった。

鰻店の店主により高岡の家は坂林建設の地上げに遭っていた事がわかる。

そして姫川が高岡の写真を見せると、店主はどなたですかと首を傾げる。

 

そして姫川が、この人物は高岡賢一ではないかと尋ねると店主は違うと言う。

店を出た姫川は人間関係のメモをじっと見つめる。

すると菊田から連絡が入り、内藤和敏が亡くなっていた事を知る。

その事実を知り「私達すっかり騙されていた」とどこかへ向かい駆け出すのだった。

 

スポンサードリンク

 

ストロベリーナイトサーガ 2話の感想

続いて、「ストロベリーナイトサーガ」第2話の感想を書いていきます。

 

多摩川で見つかったナイロン袋に入れられた人間の手首。

スクーターの持ち主から被害者は高岡工務店の経営者、高岡賢一だと思われていました。ここから事件は様々な展開を見せます。

 

高岡賢一が我が子の様に可愛がっていた、高岡工務店の従業員の三島耕介。耕介の父親は建設中のマンションの足場から転落し亡くなっていました。

息子に満足に食事を与えられない苦しい生活で、息子が空腹のあまりボロボロの畳を口にしようとしてしまいます。

 

父親はそれを見て自分を馬鹿にしてるのかと、息子の顔を殴ろうとします。

息子の顔にアザが出来ると、虐待だと誰かに保護されるかもしれない。

父親の脳裏に浮かびましたが、どうしても息子の顔を殴る事が出来ませんでした。

 

息子の頬を優しく撫でるシーンはとても印象的で、息子を想う父親の愛情を感じられるシーンでした。

父親を幼い頃に亡くしてしまった耕介でしたが、性格が捻じ曲がる事も無く立派に成長していきました。

それはきっと高岡賢一が、父親の様に愛情を注いでくれたおかげだと思います。

 

ただ父親の友人だというだけで、そこまで他人の子供に愛情を注げたのは凄いなと思いました。

そして物語が進むにつれ、耕介の父親の死の真相が明らかになります。

保険金の為に自ら飛び降りた自殺でした。

 

しかも耕介の彼女、中川美智子の父親も同じ様な死に方をしていました。

この美智子にも何か隠された秘密がありそうです。

異常に音に敏感に反応する姿には、姫川同様に違和感を感じました。

彼女の身に何があったのか気になります。

 

2つの不可解な転落死。

ここに関係してるであろう、鴨下総業に出向で来ている戸部真喜夫の存在。

この戸部はとても最低な人物でした。

会社内での評判も悪く、女性従業員達を苦しめていたのです。

 

何故会社はそんな悪行に目をつぶってきていたのか、やはりヤクザが関係していたのかもしれません。

そんな戸部が、高岡賢一が殺害された日から会社に出社していません。

この事はどういう意味を持っているのでしょうか。

この事件に戸部が関係しているのかもしれません。

 

姫川が現場の捜査で出会った、ホームレス風の男性。

具合悪そうに咳をしながら受け答えしていましたが、何故か顔を背けたまま姫川達を見ようとはしませんでした。

この人物も事件に何か関わっているのではないか、そんな疑いを持っています。

この事件の真相とは一体何なのか、どんな結末を迎えるのか今からとても楽しみです。

 

【第2話の続き】ストロベリーナイトサーガ 3話のネタバレあらすじ・感想/ソウルケイジの衝撃の結末

 

ストロベリーナイトサーガ 2話の出演者

「ストロベリーナイトサーガ」第2話にはレギュラー出演するメインキャストのほか、
第2話(+第3話)限定で出演するゲストキャストが出演します。

 

 

ストロベリーナイトサーガ 2話の動画を視聴

「ストロベリーナイトサーガ」第2話までで
「見逃してしまった回がある」
「あのシーンをもう一度見たい!」

 

という方は、動画を合法的に無料視聴する方法があります。

 

 

 

 

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.