令和生まれの赤ちゃんの名前で人気なのは?付け方や考え方も紹介

NO IMAGE

2019年5月1日から新元号「令和」が始まりますが、令和時代になってからお子さんを授かるというおめでたい方もたくさんいらっしゃることでしょう。

そしてその中には、「せっかく令和に我が子を授かったんだから新元号にまつわる名前をつけたい!」と考えている方も多いと思います。

 

そこでこの記事では、令和生まれの赤ちゃんの名前として人気の名前は何なのか、
独自にアンケート調査を行い「どうしてその名前にしたのか」という名前の付け方や考え方とともに紹介していきます。

 

スポンサードリンク

令和生まれの赤ちゃんの名前

今回は30人の人を対象に、

「もしあなたに令和生まれの子供ができた場合、なんという名前をつけますか?」

というアンケートを行いました。

 

アンケートを行った結果、予想通り「令か和の文字が入っている名前」が最も多く、
その次に「令と和の文字は入っていないけど令和に関係のある名前」、
そして「あえて令和には関係のない名前」を答えてくれた人も一部いらっしゃいました。

 

当然どれが正解ということはなく、各々が共感できる考え方で赤ちゃんに名前をつけるのがベストだと思います。

それぞれの回答に素敵な想いが込められているので、令和におめでたい予定がある方などは
「名前をそのまま真似する」というよりかは「考え方を参考にする」といった感じで読み進めていただければと思います。

 

考え方①令か和の文字が入っている名前

まずは王道、「せっかく令和という新時代に赤ちゃん生まれるのだから、どちらかの文字が入っている名前にしたい!」という考え方です。

この考え方の場合、どういう名前が例として挙げられるのか見ていきます。

 

「和樹」
令和の「和」を使い、優しさを持ちながらも樹のようにどっしりとした人間になってほしいという希望を込めて、「和樹」と名付けたいです。

 

「和成」
平成の時代も大切にし、新しい令和の時代を元気よく生きてもらいたいので、この2つの時代の漢字を1字とって名付けました。

 

「令美」「令和」
新しい年号に生まれるのは何か意味のあることと思うので、できれば一字でもその年号の漢字を使いたいと思います。男の子なら漢字は同じで、読みは変えて、女の子なら美を用いたいです。

 

「玲花」
令和の”令”の響きが綺麗なので用いたいと思いました。ただそのまま令の字を使うのはどうかと思ったので、聡明・美しいなどの意味を持つ玲の字が良いと考えました。

 

「令」
男の子なら「りょう」、女の子なら「れい」と読めるからです。元号に使用されるおめでたい字で、一文字でもバランスが良いからです。

 

「玲」(2人が回答)
令和の令も入っていて、響きも良いし、お嬢様のような品の良い感じがするので、玲がよいと思います。また一文字で格好良いです。令和の「令」とつけたいところだけど、今年は「令」という名前の子が増えそうなきがしたので、少しだけ変化球

 

「和奏(わかな)」
和は平和や和やかと言う意味があるので、和は入れたいと思いました。和の気持ちを周りの人にも広めてほしいので、楽しく奏でることができたらいいなと考えました。

 

「令子」
平成が終わり新しい時代の令和にふさわしいということで令和に生まれた子供でこれからの時代の子供ということで名前を決めました。

 

「和葉」
令和の和という文字が柔らかい印象で女の子の名前にピッタリだと思い、かつ古典に出てきそうな日本らしい名前にしたかったので。

 

「令翔(はると)」
令和の時代に生を受け翔び回る位元気に生きていくことを願って付けました。響きもけっこう気にいってます。

 

「令生」
令和元年に生まれたので、そのまんまですが、覚えやすいし、その子自身が記念になると思いました。令和の令は名前としても珍しいと思います。

 

「なごみ」
令和の「和」をとって、ひらがなで「なごみ」という名前にしました。周りをなごませてくれる、癒し系の子に育つように考えました。

 

「美令」
令和生まれなのて令という字を入れたいのと、これから始まる人生が美しいものでありますように(いい人生でありますように)という意味を込めて決めました

 

「令華」(3人が回答)
令和元年生まれという事で、令という字を用いて、更に令和の時代に華やかな人生を送ってほしいという願いを込めました。新号の令和から令を取りほめことばにも使われるので選び、華やかに女の子らしく生きて欲しいので令華にしました。「れいか」と読む。私が宝塚が好きだから。女の子だったら、きれいになるように、「華」という文字を使う。年寄りくさくない文字だから。

 

「和花」(2人が回答)
和は令和の和ですが、同時に平和の和でもあります。平和への希望を、平和の花が開くという願いを込めています。読みは、ワカ、です。単純ですが、令和の和は日本らしいとても綺麗な字ですし、響き的にもそこに花をつけました。万葉集からとった令和ですので、花、というのも万葉集に、たくさん出てきますし。女の子限定ですが。

 

 

考え方②令と和の文字は入っていないが新元号に関係する名前

次に、「令と和の文字は入っていないが新元号に関係する名前」のパターンです。

 

こちらは「新元号に関係させたいけど、直接文字入れない凝った名前にしたい」という方にオススメです。

アンケートで得られた回答は以下のようになっています。

 

「一」
はじめという名前にしたいと考えています。令和元年ということもありますし、その年の記念だけでなく一番になって欲しいというおもいもあります。

 

「新」「蘭」
男の子なら新(あらた)女の子なら蘭(らん)です。言葉どおり新しい時代という意味と、蘭の花咲く季節に新しい年号に変わるので、その激動の年に生まれてきた喜びを込めています。

 

「一歩」
勇気を持って一歩を踏み出せる子どもになって欲しいなという思いを込めてです。令和になり私自身も一歩前進したい思いを子どもにも繋げます。

 

「凛」
令嬢、令月という「令」の持つイメージから、常に凛として気品ある人間であってほしいという意味を込めました。

 

「光」
来たる「令和」という新しい時代を、灯台のように明るく照らし、道しるべになってくれるように。また未来が希望の光に満ちたものであるようにという願いを込めて。男女どちらでもつけられます。
「晴人」
「令和」は「零和」つまり弱肉強食のゼロサムゲームにつながるのでそのような時代に巻き込まれず共存共栄のパレート最適で生きてほしいという願いでパレート→はると、です。

 

 

考え方③あえて新元号には関係のない名前

「あえて新元号には関係のない名前をつける」という考え方もあります。

こちらは「新時代だからとか関係なく子供にはこういう名前をつけたい!」という名前がある方には特にオススメです。

 

また「新元号に関係する名前をひたすら考えていたけど、考えすぎて逆に決まらなくなってしまった」という方は、
あえて視点を変えてみることで良い名前が思いつくかもしれません。

 

アンケートでは以下のような回答が得られました。

 

「詠介」
今年の9月に男の子が生まれる予定なので、9月の別名「詠月」から一字取って「詠介」と名付けたいと考えています。令和とは直接関係ありませんが…

 

陽菜
令和に子供が生まれるかどうかとは全く関係なく、女の子が生まれた場合は陽菜という漢字にしようと思ってます。

 

「光羽」
光る羽で光羽。初海外で、日本では見れない地平線や空の広さに感動しました。子供の進みたい道を見つけた時に自ら光の羽を広げで旅立って欲しいと願います。

 

「香り」「優一」
理由は、花の香りが好きなので香りりがいいと思った。 男なら、優一です。一番優くしてくれると思って考えました。

 

「未帆」
新時代の未来を背負う人材として活躍できるようになってほしい思いを込めて、未来に向かって帆を張って堂々と生きていってもらいたいから。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

令和生まれの赤ちゃんにつける名前として、名前を考える際のポイントや、それぞれの考え方における名前の例などを見ていきました。

赤ちゃんの名前というのはその子の一生を決めるとても大事なもの。

 

しっかりと意味を込めた名前にしてあげたいですね。

 

 

雑学カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.