ストロベリーナイトサーガ 4話のネタバレあらすじ・感想/ゲストや放送前の反響

NO IMAGE

2019年5月2日放送のドラマ「「ストロベリーナイトサーガ」第4話のネタバレあらすじと感想について、
第4話放送前の予告あらすじや視聴者の声とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 4話の予告あらすじ

ドラマ「ストロベリーナイトサーガ」第4話の予告あらすじはこちら。

「不審死を遂げた男がいる」と、監察医の國奥定之助(伊武雅刀)に呼び出された姫川玲子(二階堂ふみ)。男の死因は劇症肝炎と判断され、体内からは覚せい剤も検出されていた。時を同じくして、劇症肝炎で死亡した別の男がいることが判明。死体からは同じ成分の覚せい剤が検出され、姫川は連続殺人事件の可能性があるとして捜査を開始する。

すると、死亡した二人の男の携帯電話から共通の番号が見つかる。持ち主として浮上したのは意外にも、黒髪で清楚(せいそ)、いかにも優等生らしい女子高生、下坂美樹だった。見かけによらず反抗的かつ挑発的な態度を取る下坂。下坂はなぜ成人男性と連絡を取っていたのか?そして彼らを殺したのは下坂なのか?姫川玲子と下坂美樹の緊迫した心理戦が繰り広げられる。

出典: www.fujitv.co.jp

ストロベリーナイトサーガ 4話の放送前の反響

そんな「ストロベリーナイトサーガ」第4話の放送前の視聴者の反響について見ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 4話のネタバレあらすじ

「ストロベリーナイトサーガ」第4話のネタバレあらすじを書いていきます。

 

今から11年前、姫川玲子は夜道を1人で歩いて帰っていた。

母親から同窓会で遅くなると連絡が来ていた。すると突然背後から男に襲われる。

必死に抵抗するがナイフで刺され、そのまま強姦されてしまう。

 

そんな記憶がある中、姫川は取調室である人物を待っていた。

中に入って来たのは、真面目そうな女子高生だった。

姫川は、自分の名刺を差し出し名前を尋ねる。

 

すると女子高生は、突然笑い出し姫川を馬鹿にしたような口調で喋り出す。

名前は下坂美樹。この下坂美樹が何故取調室に呼ばれたのかは、前日に遡る。

姫川は菊田と共に東京都監察医務院を訪れていた。

 

監察医の國奥から劇症肝炎で亡くなった2人の男性が新種の違法薬物で亡くなった可能性があると伝えられる。

西ヶ原・杉並連続殺人事件の捜査会議が行われる。被害者は綱島信彦と三沢光浩。

死因は劇症肝炎による肝不全及び心不全とされ、微量の覚醒剤使用の痕跡が見つかった。

 

しかし被害者宅から覚醒剤は見つかっていなかった。

捜査会議を終え、姫川が自宅に戻ると妹がいて、母親が今朝倒れ病院に入院したと告げられる。

姫川が見合いを断り結婚しないのは、過去の事件のせいだと母親は自分をずっと責めていた事を伝える。

 

翌朝母親の元を訪れ、結婚をしないのは過去の事件のせいとは関係ないと言い、事件について思い出す時もあるが、
今は乗り越えて刑事になり幸せだと、母親に自分の胸の内を語るのだった。

被害者2人の携帯にあった共通の番号から、都内不動産会社勤務の下坂勇一郎が割り出されていた。

 

しかしこの携帯は下坂本人の物では無く、娘の為に契約された物だった。

そこで娘の美樹を連行し取調室に呼んだのだった。

何故被害者2人の携帯に美樹の番号が入っていたのか尋ねると、パパ活ですと笑みを浮かべ、悪びれた様子も無く話始める。

 

警察や大人を馬鹿にしたような口調で話し始め、姫川に何故警察になったのか尋ねる。

すると姫川は、過去の自分を思い出す。

事件後、病室に埼玉県警捜査一課の佐田美智子が尋ねてくる。

 

それから佐田刑事は姫川の元に何度も足を運び、ファッション雑誌や自分の好きな音楽、漫画、アイスなどを持って来て姫川の気持ちを和らげようとした。

佐田刑事は自分が刑事になった想いを語り、自分がした失敗談を面白おかしく話しをする。

 

すると姫川に笑顔が戻る。姫川の調子が良くなったところを見計らい、佐田刑事は犯人の事を尋ねるが、恐怖で体が震えて何も話す事が出来なかった。

佐田刑事は、そんな姫川の手を優しく握りしめる。

 

立ち直って欲しい、負けずに前を向いて生きて欲しいと言い、姫川が元気になるまで待つと励ますのだった。

それから佐田刑事は、姫川の前に姿を見せ無くなってしまう。

すると別の刑事が姿を見せ、姫川を襲った犯人が捕まった事と、佐田刑事が殉職した事を伝えられる。

 

姫川は刑事になった理由を売春をする美樹に、話す価値は無いと伝える。

売春は社会から認められた仕事ではないと罪の重さを伝える。

しかし美樹は社会と自分は無関係だと言い張る。

 

姫川は社会が無関係と言うなら、美樹の社会性を無茶苦茶にしてやると言い、美樹が売春をやっている事を周りの人全てに話すと脅しをかけ動揺させる。

被害者2人との関係を聞くと、出会い系アプリで知り合い売春して薬を渡したと語る。

 

薬を美樹に渡したのは医大生の宇田川浩一だった。話しは過去に遡る。

姫川は佐田刑事殉職の話を聞き呆然としていた。

すると病室に佐田刑事の母親が尋ねて来て、佐田刑事が書いた日記を見せる。

 

そこには姫川に対する沢山の想いと、犯人を逮捕する意気込みが書かれていた。

それを見て涙する姫川だった。

裁判所では犯人の裁判が行われ、姫川は証言台に立っていた。

犯人の弁護士から合意の上ではなかったのかと、容赦ない言葉を浴びせられ固まっていた。

 

すると姫川の耳に負けちゃダメだと佐田刑事の声が届く。

そして姫川は毅然として自分の胸の内を語り出す。

ナイフで脅され殺されるかもしれない恐怖感で抵抗出来なかったのが、何故合意になるのか。

 

命がけで犯人を捕まえようとして殉職した佐田刑事も、死んで当然だったと言えるのかと声を荒げる。

係員に取り押えられても佐田刑事や警察官に対する想いを叫び続ける姫川に、傍聴席に座っていた警察官が総立ちとなり涙を流し敬礼をするのだった。

 

警察官の目には姫川の中にいる佐田刑事の姿が見えていたのだった。

美樹に薬を渡した宇田川の取り調べが行われる。

美樹に付き合いを断られた為、殺して永遠に自分の物にしようとして、薬を覚醒剤と調合して渡したと自供する。

 

そんな様子を面通しする為、美樹と共に見ていた姫川。

美樹が宇田川を笑い飛ばし、ただの人殺しだと言う言葉に怒り、美樹も同じ人殺しだと突き飛ばす。

そして反省の無い美樹の胸ぐらを掴み、自分のやった事の罪の重さを考えろと壁を右手の拳で殴る。

 

そして泣き崩れる美樹に警察をなめるなと言い、その場を去って行く。

廊下をしばらく歩いた姫川は、あまりの激痛に顔をしかめるのだった。

そして佐田刑事の墓参りに向かい、佐田刑事が持って来てくれた豆腐アイスをお供えし、墓石に向かい敬礼するのだった。

 

姫川班は姫川からの差し入れの豆腐アイスに舌鼓を打つのだった。

そして包帯で巻かれた右手を出し、キレてももう右手では絶対殴りませんと菊田に語る姫川だった。

 

ストロベリーナイトサーガ 4話の感想

続いて、「ストロベリーナイトサーガ」第4話の感想を書いていきます。

 

謎の死因で発見された2人の被害者。

その殺人容疑者として名前が浮上したのが、女子高生の下坂美樹。

清楚で真面目そうな見た目から、犯罪を犯しているとはとても思えませんでした。

 

しかし取調室に入り、姫川玲子の質問を答える際に突如豹変します。

突然吹き出したように笑う美樹の姿にゾッとしました。

そして口を開けば、姫川を馬鹿にしたような態度を取る。

 

何故彼女はこの様な性格になってしまったのだろうか。

売春をしてたのは、ただお金が欲しかっただけだろうか。

謎が深まるばかりです。姫川と美樹のやり取りは、とても見応えがありました。

 

美樹には人の命を奪ってしまうという、自分の犯した罪の重さを反省して欲しいなと思いました。

「ストロベリーナイトサーガ」第4話では姫川玲子の事件についてのエピソードがありました。

前作のストロベリーナイトよりも、更に内容が濃く描かれていた様に感じます。

姫川を立ち直させる為に、佐田刑事は何度も病室に足を運び、励まし続けます。

 

初めは上の空で佐田刑事に背を向けていた姫川でしたが、佐田刑事の想いが伝わったのか徐々に心を開いていきます。

こんな刑事がいてくれたら、被害者はどんなに心強いだろうか。

特に印象に残っているのは、犯人について聞かれ体を震わせ怖がる姫川の手を、佐田刑事が優しく握りしめるシーンです。

 

そこで姫川に向けて言った言葉は、どんなに姫川に力を与えただろうか。

そんな信頼関係で結ばれた2人に待っていた結末は、佐田刑事殉職による別れでした。

佐田刑事の死は、姫川にとってどれ程辛く悲しいものだっただろう。

その後、裁判で被害者として証言台に立った姫川でした。

 

しかしそこは、被害者にとって辛い言葉を浴びせられる場でした。

犯人の弁護士とは言え、心に傷を負っている被害者に、良くもあんな言葉が言えたなと怒りが込み上げてきました。

姫川が何も言い返せずに下を向こうとした瞬間、佐田刑事の声が姫川の耳に届きます。

 

その言葉で毅然とした態度で、自分の胸の内を語ります。

そこには被害者として犯人に怯える姫川の姿は無く、命がけで犯人を捕まえくれた佐田刑事の想いを引き継ぐかのような、力強い姿がありました。

姫川が佐田刑事の無念の死などを叫び、傍聴席にいた警察官全員が総立ちとなり、敬礼するシーンは涙が溢れてきました。

 

あの瞬間、警察官同士の強い絆を感じました。

姫川には被害者の気持ちに寄り添う、佐田刑事の想いを引き継いだ立派な刑事になって欲しいなと思いました。

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 4話の出演者

「ストロベリーナイトサーガ」第3話にはレギュラー出演するメインキャストのほか、
第4話限定で出演するゲストキャストが出演します。

 

 

ストロベリーナイトサーガ 4話の動画を視聴

「ストロベリーナイトサーガ」第4話までで
「見逃してしまった回がある」
「あのシーンをもう一度見たい!」

 

という方は、動画を合法的に無料視聴する方法があります。

ストロベリーナイトサーガ 4話5話6話の動画を無料視聴【見逃し配信】再放送

第1話から全話一気見したい方はこちら!

 

 

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.