ストロベリーナイトサーガ 5話のネタバレあらすじ・感想/ゲストやタイトル、反響

NO IMAGE

2019年5月9日放送のドラマ「「ストロベリーナイトサーガ」第5話のネタバレあらすじと感想について、
第5話放送前の予告あらすじや視聴者の声とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 5話の予告あらすじ

ドラマ「ストロベリーナイトサーガ」第5話の予告あらすじはこちら。

板橋区のアパートで50代男性の死体が見つかった。死因は全身数カ所刺されての外傷性ショック死。現場に駆けつけた姫川玲子(二階堂ふみ)たちに高島平南署の相楽康江巡査部長(宮地雅子)が状況を説明する。殺害されたのはこのアパートの住人、吉原秀一(小林隆)。指紋が拭き取られた凶器の包丁はこの部屋のものと思われた。死体の傍にある、“ある印”に気づいた姫川に、相楽は吉原の持ち物と思われる折りたたみ式携帯電話を見せる。相楽によると携帯には入力途中の番号「0456666*」が表示されていたという。また、姫川は部屋の中にマジック関連の書籍やグッズが多数あることに気付く。事実、相楽は吉原の職業がマジシャンだったことを報告する。

高島平南署に捜査本部が立ち上がり、姫川たちは吉原の携帯電話に登録されていた人物から聞き込みを始める。すると、登録リストの中に驚くべき名前を発見する。なんと、警視庁捜査一課の勝俣健作(江口洋介)の名前が入っていたのだ。姫川は勝俣に尋ねるが、知らぬ存ぜずの一点張り。姫川はこの件を今泉春男係長(山口馬木也)に報告。今泉は「勝俣の件は俺が引き取る」と言い、姫川は他の知人や友人に聞き込みを開始する。

出典: www.fujitv.co.jp

 

ストロベリーナイトサーガ 5話のタイトル

「ストロベリーナイトサーガ」には毎回そのストーリーを象徴するタイトルがありますが、
第5話のタイトルは

「左だけ見た場合」

となっています。

 

一体どういう意味なのか、放送を見ながら確かめていきたいですね。

 

ストロベリーナイトサーガ 5話の放送前の反響

「ストロベリーナイトサーガ」第5話の放送前の視聴者の反響について見ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

ストロベリーナイトサーガ 5話のネタバレあらすじ

「ストロベリーナイトサーガ」第5話のネタバレあらすじを書いていきます。

 

署内のTVでFBI特殊捜査SPを観ていた湯田康平。

しかし周りから胡散臭いと、超能力などあり得ないと冷ややかな態度を取られる。

宮島荘の住人、吉原秀一の死体が発見され、姫川達は現場の捜査に向かう。

 

現場には高島平南署強行犯捜査係の相良康江巡査部長がおり、事件の概要を説明する。

死因は全身数カ所刺されての外傷性ショック死。

凶器はこの部屋の物と思われる包丁で、指紋が拭き取られていた。

 

吉原の所持品のガラケーの画面には、入力途中の数字「0456666*」が残されていた。

部屋が荒らされていない事から、物取りの犯行では無く、顔見知りによる犯行とされた。

吉原はマジシャンをしており、マジックショップの名刺に「04」の付く電話番号が記載されていた。

 

管理人の話しでは、昨夜は特に異変を感じず、吉原が手を触れず物を動かしているのを見た事があり、本物の超能力者だと語っていた。

捜査会議が行われ、現場の台所から犯人の物と思われる指紋、玄関からは下足痕が見つかった。

犯人は玄関から入り、その後被害者と揉め刺殺した為、怨恨の可能性があると推測された。

 

姫川と相良は、被害者の携帯リストに名前があった人物をあたる事に。

登録されている53名のリストを見ていた姫川は、ある人物のところで目を留める。

そこには勝俣健作の名前があった。

 

姫川はすぐにガンテツの元に向かい被害者との関係を尋ねるが、知らないと言われる。

菊田達は名刺があったマジックショップを訪れ、吉原について聞き込みをすると、ある客と揉めていた事がわかる。

 

名前はわからず顔見知りの様だったと言われる。

姫川達は、吉原の競馬仲間に聞き込みをすると、競馬場で谷口という人物に何かお願い事をされ、断っていたと事がわかる。

 

携帯電話には登録されていない人物だった。誰もが口を揃えて、吉原は人に恨まれような人物では無いと語った。

姫川と相良は一緒に食事をするが、食べようとした姫川に風邪予防だと言い、ウェットティッシュを渡す。

そんな中、井岡が現れ姫川との出会いを喜ぶが、冷たくあしらわれてしまう。

 

現場近くの公衆トイレで、衣服を洗う中年の犯人らしき人物が目撃され、鑑識課が調べると被害者の血液反応が出る。

そして被害者が最後に携帯電話を触った時、閉じられた状態であった事がわかるが、何故か死体発見時は携帯電話は開かれていた。

菊田の元にマジックショップから連絡が入り、以前吉原と揉めていた人物は谷口であると伝えられる。

 

競馬場で揉めていた人物と名前が一致した事から、姫川達は谷口に会いに行く。

警察だと名乗ると谷口は突然暴れ、姫川と菊田を振り切り逃げようとする。

その光景を見ていた葉山の脳裏に、女性が男性に刺されるシーンが浮かぶ。

葉山の方に谷口が向かうが、何も出来ず逃げられてしまう。

 

菊田が叫ぶと葉山は我に返り、慌てて追いかける。

菊田が無事取り押さえるが、葉山の様子の異変に姫川は気付く。

谷口は取り調べで、吉原にマジックのタネを聞こうとして、断られ腹が立っていたが、自分は殺していないと否定する。

 

事件当日のアリバイが確認され、谷口は犯人では無い事がわかる。

皆んなに予防の大切さを伝えていた相良が、風邪で捜査を休んだ為、姫川は菊田と共に捜査にあたる。

姫川は菊田がガラケーを操作する手を見つめ「何だ左ね」と呟く。

 

菊田は不思議そうな顔をして、姫川を見つめていた。

吉原の元大工仲間の友人から、増税前の建築ラッシュに、ようやく集めた石膏ボードが盗まれる事件が多発していた事を聞く。

そのせいで期日に間に合わず、吉原の工務店は倒産、妻も無理が祟って亡くなったという。

 

それからは自暴自棄となり、生きる気力を無くしていたが、TVで偶然観たマジックの映像に心惹かれ、マジシャンを目指すようになった。

すると最近石膏ボード窃盗事件で、一軒だけ被害に遭わなかった工務店があり、そこが窃盗を行い倍の値段で転売していたのではと噂が流れていた。

 

それを聞いた姫川は、工務店の社長の名前は渡辺繁ではと尋ねる。友人は驚いた様子を見せ、その人物がワタナベ工務店の社長だと語る。

その後、姫川は渡辺繁の後をつけ、指紋を採取する事に成功する。

その結果、被害者宅から見つかった遺留指紋と一致、公衆トイレの目撃者からも渡辺に良く似ていると証言を得られる。

 

渡辺は取り調べで、吉原に石膏ボード窃盗の件を咎められ、お金で解決しようとしたが、揉み合いとなり刺してしまった事を自供する。

ガンテツと吉原の繋がりは、当時石膏ボード事件を担当していたガンテツが、飲み屋で悲壮感漂う吉原を見つけ、
やりたいようにやって、それでもダメな時は一杯くらい付き合うと名刺を渡していた。

 

その時のガンテツの優しさが嬉しくて、携帯電話に番号を登録していたのだった。

菊田は姫川に、何故渡辺が犯人だとわかったのか尋ねる。

 

被害者が入力途中だった番号をカナ入力にすると「わたなべ」になり、吉原の携帯電話に登録された渡辺姓は、1人だけだった為だと説明をする。

現場で携帯電話が開かれていた謎は不明で、2人は首をかしげていた。

 

ストロベリーナイトサーガ 5話の感想

続いて、「ストロベリーナイトサーガ」第5話の感想を書いていきます。

 

「ストロベリーナイトサーガ」第5話は謎多きマジシャン殺人事件。

事件は過去に起きた窃盗事件により起きてしまいました。

被害者の工務店は、増税前の建築ラッシュで大忙しでした。

 

しかし家を建てる建材が不足、やっと掻き集めた建材を盗まれた事により、被害者の人生が大きく狂い始めてしまいました。

工務店、最愛の妻まで失ってしまうという悲劇。自暴自棄になってしまった被害者の気持ちは、痛いほどわかります。

 

悲壮感漂う、そんな被害者に手を差し伸べたのは勝俣主任でした。

いつもは荒々しい態度で、人に優しく接するなんていうイメージがあまりなかっただけに驚きました。

被害者に言った言葉も、一見きつい様な言い方ですが、その中には優しさが溢れていました。

そして人生を諦めかけた被害者に、マジシャンとしての一歩を踏み出す勇気をくれました。

 

勝俣主任の人間性を見直した瞬間でした。

細々ながらも自分の好きなマジックをして、生活を送っていた被害者。

これでようやく平凡ながらも、幸せを掴んで良い人生を歩むはずだったのですが。

また被害者の人生をぶち壊してしまう人物が現れます。

 

過去に起きた窃盗事件をろくに謝りもせずに、お金で解決しようとするその態度は、被害者ならずとも怒りを感じてしまいます。

窃盗事件が起きたせいで、大切な物を失ってしまった被害者の事を考えて欲しかったです。

己の欲の為に、人の人生を台無しにする何てあってはならない事です。

 

犯人には、深く反省して罪を償って欲しいと思いました。

今回の事件で面白かった部分は、現場の携帯電話に残された「0456666*」の番号です。

初めは入力途中の電話番号とされていましたが、後に犯人へと繋がる重要なメッセージである事がわかります。

 

カナ文字入力にすると犯人の名前が浮かび上がるとは、想像していなかったです。

菊田がガラケーを操作するところを見て、この事を閃いた姫川は流石だなと思いました。

やはり他の刑事とは違う、特殊な能力があるなと感じました。

 

今回の話で気になったのが、葉山の事です。

葉山の脳裏に浮かんだ、女性が男性に刺され倒れるシーンとは一体何なのだろうか。

特殊な能力があったら、過去に戻って守りたい人を守れる様にと語る葉山の言葉の意味とは。

 

過去に女性が刺されたのを目撃しながら、恐怖で身体が固まり、犯人に対して何も出来なかった事をずっと悔やんでいるという部分から、葉山の姉とか家族なのではと思いました。

警察官になったのも、その時逃してしまった犯人を捕まえる為なのかもしれません。今後の展開がとても気になる部分です。

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 5話の出演者

「ストロベリーナイトサーガ」第5話にはレギュラー出演するメインキャストのほか、
第5話限定で出演するゲストキャストが出演します。

 

 

 

ストロベリーナイトサーガ 5話の動画を視聴

「ストロベリーナイトサーガ」第5話までで
「見逃してしまった回がある」
「あのシーンをもう一度見たい!」

 

という方は、動画を合法的に無料視聴する方法があります。

ストロベリーナイトサーガ 4話5話6話の動画を無料視聴【見逃し配信】再放送

第1話から全話一気見したい方はこちら!

 

 

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.