ストロベリーナイトサーガ6話のネタバレあらすじ・感想/ゲストキャストやタイトル

NO IMAGE

2019年5月16日放送のドラマ「「ストロベリーナイトサーガ」第6話のネタバレあらすじと感想について、
第6話放送前の予告あらすじや視聴者の声とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 6話の予告あらすじ

ドラマ「ストロベリーナイトサーガ」第6話の予告あらすじはこちら。

今泉春男(山口馬木也)が連続刺傷事件の捜査命令を伝えに来た。被害者は三人。計画的犯行なのか、通り魔によるものなのか定かではないが、“通り魔”という言葉を耳にした瞬間、葉山則之(葉山奨之)の身に緊張が走る。というのも、葉山には小学生時代、目の前で家庭教師の有田麗子(新実芹菜)を通り魔に殺されるという過去があったのだ。事件解明を託された姫川班の面々は、上本所署に赴き、担当係長の越野忠光(田中啓三)から詳しい現状を聞く。

容疑者が最初に刃物で襲った峰岡里美(黒沢あすか)は、数カ所刺されて通行中の菅沼久志(市川貴之)、小野彩香(横田美紀)に助けを求める。二人は会社の同僚で、昼食を食べた店から出てきた所だった。峰岡と同様に二人は容疑者に切りつけられ、菅沼は頸部に損傷を受けたため失血死してしまう。その後、容疑者は自殺を図って意識不明の重体となってしまったため、身元の特定や犯行動機が困難になっていた。

葉山は真剣な表情で「小野彩香を当たらせて欲しい」と姫川玲子(二階堂ふみ)に懇願する。ただならぬ思いを感じ取った姫川は葉山の申し出を許可。事件解明に向け、それぞれの捜査が動き出す。

出典: www.fujitv.co.jp

 

ストロベリーナイトサーガ 6話のタイトル

「ストロベリーナイトサーガ」には毎回そのストーリーを象徴するタイトルがありますが、第6話のタイトルは

「夢の中・闇の中」

となっています。

 

一体どういう意味なのか、放送を見ながら確かめていきたいですね。

 

ストロベリーナイトサーガ 6話の放送前の反響

「ストロベリーナイトサーガ」第6話の放送前の視聴者の反響について見ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

ストロベリーナイトサーガ 6話のネタバレあらすじ

「ストロベリーナイトサーガ」第6話のネタバレあらすじを書いていきます。

 

葉山則之は辛い過去の夢を見ていた。

大好きな家庭教師の有田麗子を見かけて、追いかけて声をかけようとするが、突然見知らぬ男性に刃物で刺されてしまう現場を目撃する。

女性が悲鳴を上げたのを聞き、犯人はその場から逃走する。

 

横を通り過ぎるたのにも関わらず、葉山は恐怖で立ちすくみ何も出来ずにいた。

夢から覚めると、署内のディスクに座っていた。菊田がいつも遅くまで勉強している葉山を心配して、コーヒーを持ってくる。

 

コーヒーを一口飲み気分を落ち着かせる。

すると姫川が現れ、勉強熱心な葉山を褒める。

その言葉に、思わず家庭教師の麗子の姿を重ね合わせてしまう葉山だった。

 

課長が来て、墨田区錦糸7丁目で起きた殺傷事件を姫川班で捜査をするよう指示される。

被害者は3名で、1人の死亡が確認された。犯人は確保されたが、自殺を図って意識不明の重体だった。

確保された犯人は、身元を特定する物を所持しておらず、犯行の動機も不明だった。

 

翌日姫川班は、上本所警察署で事件の概要について説明を受ける。

最初に襲われたのは峰岡里美で、前方からいきなり万能包丁で切りつけられ、腹部、背部などに支障を負わせられた。

通行中の男女に助けを求める。男性の名前は菅沼久志、女性の名前は尾崎彩美。

 

2人は同じ会社の同僚で、近くの飲食店キッチンまどかから出て来たところだった。

峰岡を追って来た犯人は構わず包丁を振り回し、尾崎は右腕を負傷、犯人を取り押さえようとした菅沼は、左頸部を切られる。

被害者達は病院に救急搬送されるが、菅沼は搬送後亡くなる。

 

尾崎は軽傷で済んだが、精神的ショックでほとんど事情聴取が出来ていなかった。

姫川と菊田は入院中の峰岡の事情聴取を行うが、対人関係でのトラブルは無かったかの質問に、今までとは違った反応を見せる。

菊田は家族関係を調べ、姫川は峰岡の自宅を調べる事となる。

 

捜査の結果、峰岡には重樹という長男がいる事が判明する。

認知されなかった為、戸籍上に父親の名前は無く、就学歴も無かった。

その一方で湯田と葉山は、尾崎の自宅を何度も訪ねるが話が聞けずにいた。

 

姫川と菊田は峰岡の元に行き、息子の話をするが何の反応も示さず、姫川班全員で峰岡の千葉の本籍地を捜査する事に。

しかし葉山だけは尾崎の事情聴取をする事となる。

菊田から1人で頑張り過ぎるなよと声をかけられた葉山は、尾崎が昔の自分と重なって見えると言い、過去の事件について語り始める。

 

被害に遭ったのは自分の家庭教師の先生で、事件を目撃しながら恐怖で何も出来ず、証言すら出来なかった。

そんな自分に後悔し、情けない自分を変える為に警察官になったと言う。

菊田は励ましの言葉をかけ、捜査を頑張るように伝える。

 

菊田が去った後、葉山は捜査資料に目を通していた。峰岡の本籍地を捜査するが、家の状態は老朽化し酷い有様だった。

葉山は尾崎の自宅を訪れ、玄関の前で尾崎の辛い心境や、自身も同じ様な経験をしている事を語る。

そんな葉山の言葉に尾崎の心は揺り動かされ、部屋に招き入れるのだった。

 

峰岡の家の中はゴミなどが散乱しており、とても酷い状況だった。

そんな中、押入れの布団の中から白骨化した死体が見つかる。

姫川と菊田は峰岡の元に行き、3歳から4歳くらいの幼児遺体を発見した事を伝える。

 

すると峰岡の表情が変わり口を開き、それは重樹だと語る。

生活がとても苦しく子供の存在が邪魔になり、そのうち食べ物だけ与えて放置するようになり、家に帰ったら亡くなっていたという。

 

大家から家を取り壊すから出て行けと言われ、そのまま放置して来ていた。

襲った犯人については、見知らぬ男だと語る。

あの部屋には、2人用の対戦型ゲームが複数あり、ゲーム機が1台しか無かった為、重樹以外に誰かいた可能性が出てくる。

 

白骨死体は重樹の年齢とは合わず、尾崎の証言から犯人が峰岡を襲った際、ヒロに謝れと叫んでいた事がわかる。

そんな中、犯人の意識が戻る。名前は峰岡重樹、現在の名前は内田茂之。

菅沼が亡くなった事を知り、目を見開き驚いた表情を見せ、犯行を認める。

 

そして白骨した遺体は、重樹の弟のヒロだった。

家から出る事が許されなかったが、弟がいる事で救われていた事、弟の死を母親に責められ、その後見捨てられた事などを語る。

久々に再会した母親からは、自分達兄弟の存在など無かったかの様に、冷たくあしらわれ、毎日弟の事を思い続けていた重樹にとっては許し難い事だった。

 

母親を殺し自分も死に弟の元へ行くと決心し、事件は起きてしまった。

自分の事を重樹と呼んでくれた事、弟を見つけてくれた事を姫川に感謝し、肩を震わせ涙を流す。

そんな重樹の姿に姫川は涙し、そっと重樹の肩に手を置くのだった。

 

姫川班達は事件後、飲みながら事件の後味の悪さを語っていた。

菊田は1人席を離れた姫川が気になり側に行く。

姫川は母親が亡くなれば良かったと思ってしまった事で、自分を責めていた。

 

そんな姫川に対して菊田は、主任は大丈夫ですと伝える。

菊田の言葉に姫川の気持ちは少し楽になり、飲み会の席へと戻るのだった。

 

ストロベリーナイトサーガ 6話の感想

続いて、「ストロベリーナイトサーガ」第6話の感想を書いていきます。

 

民間人を突如襲った連続殺傷事件。

その事件により1人の尊い命が奪われてしまいました。

一体犯人の狙いは何なのか、何故犯行後に自殺を図ったのか疑問に感じました。

事件の真相には、犯人の悲しい想いが隠されていました。

 

幼き日に学校にも通わせてもらえず、家から外に出る事は許されず、母親から育児放棄の様な目に合わされていました。

普通なら精神がおかしくなってしまう出来事ですが、そんな重樹を救ってくれたのは弟のヒロの存在でした。

 

母親からの愛情を感じられなかった分、お兄ちゃんと懐いてくれる弟の存在が、どれだけ心に潤いを与えてくれていたでしょうか。

そんな弟が突然亡くなり、責められるのは母親であるはずなのに、全ての罪を押し付けられてしまう。

 

その後、見捨てられるという、あまりにも酷い仕打ちです。

久々に再会した母親からは謝られるどころか、冷たい仕打ちを受ける。

怒りを感じるのは当然です。

 

しかし、その怒りを犯罪行為に向けてしまうのはいけない事です。

弟の事を思うなら、弟が慕ってくれた良いお兄ちゃんのままでいるべきだったと思います。

身勝手な犯行により、関係のない人達まで巻き添えにして、その被害者に心の傷を負わせてしまいました。

 

亡くなった被害者の菅沼は、尾崎から兄のように慕われていました。

大切な人が目の前で亡くなった精神的ショックは、計り知れないと思います。

葉山も同様な経験をしていました。

 

時折見せる異変が気になっていましたが、今回の事件を通して心に抱えていたものが何か分かりました。

今回の事件の被害者の尾崎を何とか救い出そうと、自分と同じ様な気持ちを抱えて欲しくないと、一生懸命奮闘する姿はとても頼もしく感じました。

 

この事件により葉山はトラウマを乗り越えたのではないでしょうか。

今回の事件で気になったのが、峰岡里美の態度です。

重樹の話を聞けば、子供達に愛情を与えなかった悪い母親です。

 

子供の事を嫌っているかの様な態度をしていましたが、何故か姫川からの聴取で犯人は知らない男だと言います。

嫌っているなら、息子に刺されたと言えば済むはずです。

何だか、かばっている様に感じてしまいました。

 

心の奥底には、母親としての愛情が残っていたのかもしれません。

子供達を立派に育てあげたかったが、生活が苦しく楽な方へ逃げてしまった事を負い目に感じていたのかもしれません。

 

重樹が会いに来た時、こんな母親の側にいては不幸になるかもしれないと、わざと突き放すようにしたのかなと今は思っています。

親子が和解出来る日がくれば良いなと思いました。

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガ 6話の出演者

「ストロベリーナイトサーガ」第6話にはレギュラー出演するメインキャストのほか、
第6話限定で出演するゲストキャストが出演します。

 

第6話には以下の方々がゲストキャストとして出演します。

・越野忠光役 – 田中啓三さん
・有田麗子役 – 新実芹菜さん
・峰岡里美役 – 黒沢あすかさん
・菅沼久志役 – 市川貴之さん
・小野彩香役 – 横田美紀さん
・役不明 – 今井悠貴さん

 

ストロベリーナイトサーガ 6話の動画を視聴

「ストロベリーナイトサーガ」第6話までで
「見逃してしまった回がある」
「あのシーンをもう一度見たい!」

 

という方は、動画を合法的に無料視聴する方法があります。

ストロベリーナイトサーガ 4話5話6話の動画を無料視聴【見逃し配信】再放送

 

第1話から全話一気見したい方はこちら!

 

 

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.