水曜日のダウンタウン ナダルが言った放送禁止用語は?闇営業とは?【6月5日】

NO IMAGE




2019年6月5日に放送された「水曜日のダウンタウン」でお笑い芸人のナダルさんが言った放送禁止用語に注目が集まっています。

 

そこでは、我々一般人が聞きなれない「闇営業」という言葉も。

一体ナダルさんはどんなヤバイことを言ったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

水曜日のダウンタウン ナダルが言った放送禁止用語とは?

2019年6月5日に放送された「水曜日のダウンタウン」では、「『俺に何か言わなきゃいけないことないか?』とカマかけられたら下手に余計なこと喋っちゃう説」という説が放送されました。

 

その説の中で、フジモンさんが仕掛け人となってナダルさんを呼び出し、カマをかけナダルさんが抱えている秘密を暴露させようとしました。

 

そのナダルさんが暴露した秘密の内容がヤバい!

 

「闇営業をしている」という暴露の後、「テレビでは放送できない何か」を暴露し、スタジオが凍りつく事態になりました。

 

あの放送コードギリギリを攻めている「水曜日のダウンタウン」ですら放送できないような内容。

一体ナダルさんは何を言ったのでしょうか?

 

ちなみに闇営業というのは、芸人が事務所からギャラを中抜きされないために、「事務所を通さずに営業をすること」のことを言うのだそうです。

→闇営業についての詳しい説明はこちら

 

 

 

まあ視聴者がいくら推測したところで本当の答えがわかるはずがありませんが、

逮捕されるようなヤバい内容じゃなければいいですね・・・

 

ただVTRが終わった後も、スタジオにいたダウンタウンさんや千原ジュニアさん、陣内智則さんなど先輩芸人さんたちからも誰からもイジられずに次の説に行ったので、

相当ヤバい内容だったのは間違い無いでしょう。

 

完全に「触れたらアカンやつ」感が出ていましたからね。

→「水曜日のダウンタウン」過去の神回動画はParaviで見れます(クロちゃんシリーズもアリ)

*2019年6月5日時点の情報です。最新情報は公式サイトでご確認ください。

 

 

 

テレビ番組カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.