ルパンの娘 華のおばあちゃん役は誰?三雲マツを演じる個性の強い女優について

NO IMAGE




「ルパンの娘」第1話〜最新話まではFODで配信中!

FODなら1か月間無料で「ルパンの娘」最新話までを視聴することができます。

→FODをまずは無料でお試し!

*紹介している内容は2019年7月時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

 

深田恭子さん主演ドラマ『ルパンの娘』が、2019年7月よりスタートしました。

主人公の華の家族を演じる役者さんたちが個性豊かでおもしろいと話題になっていますね。

今回は、そんな華の家族の中から、祖母である三雲マツを演じている女優さんについて、調べていきたいと思います。

>>ルパンの娘の全キャストについてはこちら

 

スポンサードリンク

ルパンの娘 華のおばあちゃん役は誰?

華の祖母・三雲マツを演じているのは、女優のどんぐりさんです。

 

どんぐりさんが出たのは、どんなシーン?

和馬(瀬戸康史さん)の家族との顔合わせで、心身ともに疲れ切った状態で帰宅した三雲華(深田恭子さん)。

そんな華を三雲家の家族たちはそれぞれ今日盗んできたものを抱えながら出迎えます。

 

祖母の三雲マツも例外なく、どこかから盗んできたフグを抱えていました。

夕食にはフグをさばいて、家族に振る舞いました。

 

その直後に、兄の渉(栗原類さん)がお腹を壊したとかで騒いでいた気がしますが…。

物語の後半に入り、愛する和馬に危険が迫ります。

 

なんとか助けてほしいと家族に泣きつく華。

華は、父の尊(渡部篤郎さん)母の悦子(小沢真珠さん)そして、祖母のマツとともに、レオタード姿に着替えて、和馬のもとへ向かいます。

 

兄の渉も情報を盗み、華たちをサポートするため、レオタード姿でパソコンに向かっています。

華の家族は全員がそれぞれ、泥棒として一流の分野を持っていました。

 

祖母の三雲マツの得意分野は鍵でした。どんなに複雑な鍵でも一瞬で開けることができる腕前の鍵師なのです。

父の尊と母の悦子がオトリとなって敵を引きつけている間に、華とマツはアジトに潜入しました。

 

マツは、すばやく鍵を開けて、華を建物の中へと入れてあげました。

 

どんぐりさんのプロフィールと過去の出演作品

では、どんぐりさんのプロフィールと過去の出演作品を紹介します。

プロフィール   

本名    竹原 芳子
別名義   竹原 芳子、西天満亭どんぐり、葵樹泉
生年月日  1960年2月10日
出身地   大阪府
身長    150 cm
血液型   B型

 

どんぐりさんが芸能界入りしたのは、なんと50代になってからなのだそうです。

どんぐりさんが一躍有名になったきっかけは、もちろん映画『カメラを止めるな!』ですね。

 

『カメラを止めるな!』の中で、どんぐりさんは、劇中の映画のプロデューサー役で出演されていました。

個性豊かな『カメ止め』メンバーの中でも、その存在感は強烈で、インパクトがありました。

 

出演作品

【映画】

カメラを止めるな!(2018年6月23日公開、ENBUゼミナール/アスミック・エース、監督:上田慎一郎) – 笹原芳子 役 ※「竹原芳子」名義

クレイジーアイランド 奈緒美の愛と青春と狂気の爆走ロード(2019年3月23日公開、監督:辻凪子・阪元裕吾) – 島の長老 金さん 役

【短編映画】

ぱん。(2017年、監督:阪元裕吾・辻凪子) – 店長の妻 みさえ 役 ※「葵樹泉」名義

8年と1泊2日(2018年、監督:東かほり) – 旅館の女将 役 ※「たけはらよしこ」名義

【テレビドラマ】

リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜 第8話(2018年12月6日、テレビ朝日) – 丸山珠美 役

深夜のダメ恋図鑑 最終夜(2018年12月9日、ABC・テレビ朝日) – 掃除のおばちゃん 役

執事 西園寺の名推理2 第2話(2019年5月3日、テレビ東京) – 大葉雅代 役

ルパンの娘(2019年7月11日 – 、フジテレビ) – 三雲マツ 役

 

まだ、女優としてのキャリアは短いどんぐりさんですが、短い期間でたくさんのドラマや映画に出演されていますね。

どんぐりさんが人気名バイプレーヤーとなるのはもう時間の問題かもしれません。

 

では、どんぐりさんが『ルパンの娘』に出演されるに際してのコメントを紹介したいと思います。

 

◆原作、脚本を読まれた際の印象は?

「原作は、面白くて、まさかの展開があり、気持ちを揺さぶられるところもあって、気がついたら泣きながら読んでいました。脚本では、主人公の華さんと和馬さんの心の声が聞こえてきて、(原作と)同じ出来事でも、場所や展開も違っていたりするのでドキドキしました」

◆深田恭子さん、瀬戸康史さん、渡部篤郎さん、その他共演者の皆さんについていかがでしょうか?

「深田恭子さんは、華やかで、それでいてどんな役にもなれる方。瀬戸康史さんは、目がキラキラしていて、見ている人が引き込まれる方。渡部篤郎さんは優しさと完璧さを持っていらっしゃる方という印象があります。深田さん、瀬戸さん、渡部さん、その他共演者の皆さんは、私がこれまでテレビ画面やスクリーンの向こう側で拝見させていただいていた方々。すてきな、すごい方ばかりです。今回ご一緒させていただき夢のようです」

◆本作で連続ドラマレギュラー初出演になります。

「はい。本当にびっくりしています。ドッキリカメラではないかと思った時がありました(笑)。自分のキャラクターを生かせるよう、成長できるよう、精いっぱい頑張ります」

◆ドラマを楽しみにしているファンへのメッセージ

「このドラマは、泥棒家族と警察家族の主人公が恋愛、というだけでも面白いと感じますが、その上、展開が驚きの連続です。衣装もとてもすてきです。衣装合わせの時から、たくさんのスタッフさんが関わってくださいました。一話もお見逃しなく、お楽しみいただきたいです!映画『カメラを止めるな!』(2018年6月23日公開)のおかげで、私は、いまここにいさせていただいています。見てくださった皆様、関係者の皆様、ありがとうございます!」

スポンサードリンク

まとめ

祖母のマツは、華が家族の中でもっとも心を許している存在です。

 

生粋の泥棒気質である両親や祖父と違い、自分とマツは普通の女性の感覚に近いと華は思っているようです。

 

そんな華とマツが心が通い合う様子がどのように描かれていくのかというところも楽しみですね。

 

 

 

 

 

ドラマ記事に関する裏話を発信中!

ブログでは発信していない裏話やお得情報などをLINE@で配信しています。

スマホの通知がうるさくならない程度の適度な頻度で面白い情報を発信していくので、

よかったら「友達追加」してみてくださいね♪

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.