two weeks 磯村勇斗(謎の刺客)のネタバレ【協力者か敵か】

NO IMAGE




三浦春馬さん主演のドラマ「two weeks」で磯村勇斗さんが演じる謎の刺客の正体についてネタバレしていきたいと思います。

 

磯村勇斗さん演じる刺客は結城(三浦春馬)にとって味方なのか、敵なのか?

韓国版のネタバレも踏まえて考察していくので、ネタバレを知りたくない人は絶対にこの記事を読まないでくださいね!

 

スポンサードリンク

two weeks 謎の刺客(磯村勇斗)のネタバレ

ネタバレになるので、先を知りたくない人は閲覧をお控えください。

 

先を知りたくない人にオススメの記事

two weeks 娘役の子役は誰?はなちゃんを演じる女の子が可愛い!

 

 

 

磯村勇斗さん演じる謎の殺し屋は「灰谷」という名前。

灰谷は、韓国版「two weeks」では「キム先生」という役名の登場人物に当たります。

 

キム先生はムン会長(日本版の柴崎)の養子。

キム先生は物語終盤まで、逃亡中のテサン(日本版の結城)と戦いを繰り広げていきます。

 

そして気になるのがキム先生はムン会長から寝返ったりしないのか?ということですが、
残念ながら寝返りません。

 

最後までテサンの敵で、最終的には逮捕されます。

そしてその後もテサンとムン会長の戦いが続いていきます。

 

もし日本版と韓国版が全く同じ展開だった場合、灰谷は柴崎の養子で最後まで結城の敵。

警察とは別の勢力の、結城の邪魔をする存在ということになります。

 

しかし日本版では灰谷が柴崎に対して行動では示さないまでも反抗的な目をしたりといったシーンも映し出されています。

となるともしかしたら日本版では柴崎に寝返る可能性もあるのではないかと考えています。

 

あるいは、灰谷にとって敵とか味方とかどうでも良く、自分が仕えて特になる方にただついているだけで、

最後柴崎が逮捕されればポツッと姿を消す。

 

「柴崎一味は捕まえたものの、灰谷だけは行方不明」といった結末もあり得るのではないかとも考えられます。

あまり人に対する感情があるタイプに見えないからです。

>>磯村勇斗さんのシーンも含めた「two weeks」全体の結末ネタバレはこちら

 

スポンサードリンク

まとめ

ドラマ「two weeks」の謎の刺客(磯村勇斗)の正体をネタバレしていきました。

 

 

two weeksはFODで全話配信中!

ドラマ「two weeks」はFODで全話配信されています。

 

「two weeks」以外にもFODには1万本以上の作品が配信されており、

今なら月額料金が1ヶ月無料でお試し利用できます。

 

無料お試しキャンペーンはいつ終わるか分からないので、

この機会に良かったら利用してみてください。

>>FODをまずは無料でお試し!

 

*紹介している内容や配信状況は2019年7月時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

 

 

 

 

ドラマ記事に関する裏話を発信中!

ブログでは発信していない裏話やお得情報などをLINE@で配信しています。

スマホの通知がうるさくならない程度の適度な頻度で面白い情報を発信していくので、

よかったら「友達追加」してみてくださいね♪

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)

 

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.