ドラゴン桜2 漫画とドラマの違い!登場人物も異なる?

2021年4月〜放送のドラマ「ドラゴン桜2」ですが、ドラゴン桜2には原作漫画が存在します。

そしてドラゴン桜は、ドラマ版と漫画版で全く違う描かれ方がされています。

 

この記事では、

・ドラゴン桜2の漫画とドラマの登場人物の違い
・ドラゴン桜2の漫画とドラマの内容の違い

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 漫画とドラマの登場人物の違い

漫画の登場人物一覧

以下が漫画版「ドラゴン桜2」の主な登場人物一覧です。

・桜木健二
・水野直美
・龍野久美子
・奥田義明
・高原浩之
・宮原悦子
・早瀬菜緒
・天野晃一郎
・小杉麻里
・藤井遼

 

ドラマの登場人物一覧

以下がドラマ版「ドラゴン桜2」の登場人物一覧です。

・桜木建二(阿部寛)
・水野直美(長澤まさみ)
・瀬戸輝(髙橋海人)
・早瀬菜緒(南沙良)
・岩崎楓(平手友梨奈)
・天野晃一郎(加藤清史郎)
・藤井遼(鈴鹿央士)
・小杉麻里(志田彩良)
・原健太(細田佳央太)
・米山圭太(佐野勇斗)
・岸本香(早霧せいな)
・龍野久美子(江口のりこ)
・高原浩之(及川光博)

 

漫画とドラマで登場人物が違うところ

以下が、漫画とドラマで同じ登場人物です。

・桜木先生(ドラゴン桜1・2の主人公)
・水野直美(ドラゴン桜1では生徒で、2では桜木の助手)
・高原浩之(1にもいた教師)
・早瀬奈緒(2初登場の生徒)
・天野晃一郎(2初登場の生徒)
・小杉麻里(2初登場の生徒)
・藤井遼(2初登場の生徒)
・龍野久美子(2初登場の教師)

 

そして以下が、漫画には出てこない、ドラマオリジナルの登場人物です。

・瀬戸輝(生徒)
・岩崎楓(生徒)
・原健太(生徒)
・米山圭太(桜木の元教子)
・岸本香(桜木の事務所のエリート弁護士)

 

漫画よりもさらに、ドラマは生徒の数が増えていることがわかります。

【関連】ドラゴン桜2に山Pが出演する確率は65%ぐらい?

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 漫画とドラマの決定的な内容の違い

「ドラゴン桜1」は2005年に放送されていましたが、ドラゴン桜のドラマ版と漫画版は、

ベースとなる話は一緒でも描かれ方は全然違うものでした。

 

決定的な違いとしては、

・ドラマ版→登場人物たちの人間ドラマメインで、受験ノウハウはサブ的な扱い

・漫画→受験のノウハウメインで、人間ドラマがサブ的な扱い

・生徒たちの合否や進路も違う結末に

といった感じ。

 

そのため、「純粋に物語を楽しみたい!」という人からすれば漫画はつまらないでしょうし、

「物語よりも、もっとためになる受験のノウハウや考え方を知りたい!」という人であればドラマはつまらないと思います。

 

漫画版「ドラゴン桜」は受験のノウハウとはいっても、受験だけでなく

・社会人で「仕事をもっと成功させたい!」という人
・親の立場で「子供の教育に力を入れたい!」という人

にも非常に役立つ知識・考え方が多数紹介されています。

 

よって、

・ドラマ版では物語を純粋に楽しむ
・漫画版では自分自身のためになることを学ぶ

といった具合に、全く別々のものとして楽しむことができます。

 

漫画版はノウハウ的なことが多いとは書きましたが、堅苦しい書き方は全くされておらず、小学生〜大人までが読んでも分かりやすいようにポップに書かれているので、ぜひ気軽に漫画版「ドラゴン桜」を読んでみてください。

ドラゴン桜の漫画を無料で読む方法はこちら

ドラマ版ドラゴン桜を無料視聴する方法はこちら