DAZNの後払いによる支払い方法/バンドルカードが使えないは嘘!

DAZNの支払いは基本的に「決済が完了してから使用できるようになる」という流れになっているので、
DAZN自体に後払いによる支払い手段はありません。

 

しかし、バンドルカードをpaypal経由で使うことで「後払いによる登録」も可能です。(クレカ決済にバンドルカードを使っても登録できません)

 

この記事ではバンドルカードを使ってDAZNに後払い登録する方法についてまとめていきます。

 

まずは1ヶ月無料トライアル

DAZN公式サイトはこちら

後払いでも簡単に登録可能

 

DAZN自体に後払いの支払い方法はない

まず、DAZNの支払い方法は以下の8つ。

・クレジットカード、デビットカード払い
・Paypal
・DAZNプリペイドカード
・DAZN年間視聴パス
・Apple ID(アプリ内課金)
・Amazon(アプリ内課金)
・Google Play(アプリ内課金)
・モバイルキャリア決済(Softbank、Y!Mobile、au、UQ Mobile。docomoは「DAZN for docomo」加入者のみ利用可能)

 

どの支払い方法も「前払いの支払い」となっており、後払いでの支払い手段はありませんが、
とある方法を使うことで「後払いによるダゾーンの登録」が可能になります。

 

その方法とは、「paypalでの支払いを選択し、バンドルカードを登録する方法」です。

 

バンドルカードには「ポチッとチャージ」という機能がついており、必要な金額をアプリにチャージすることで決済に使用することができます。

 

ポチッとチャージの詳細を別タブで開けるようにしてあるので、この記事と一緒に開きながら読み進めていただけると分かりやすいかと思います。

チャージした金額は翌月末までに支払えばOK。

①バンドルカードのポチッとチャージに必要金額をチャージ(この時点では支払わなくてOK

②チャージされたバンドルカードを使い、「Paypalでの支払い」でDAZNに登録

翌月末までにコンビニorネット銀行or銀行ATMでチャージした金額を支払い

 

こうすることで、DAZNに後払いで登録することができます。

 

まずは1ヶ月無料トライアル

DAZN公式サイトはこちら

後払いでも簡単に登録可能

 

DAZNはクレカ経由だとバンドルカードでの支払いができない

注意したいのが、DAZNの支払い方法を選択する画面で「クレジットカード払い」を選択してバンドルカードの情報を入力しても、
DAZNに登録することはできません。

 

必ず「Paypalでの支払い」を選択してバンドルカードの情報を入力するようにしてください。

 

DAZNのpaypal経由・バンドルカードによる後払い方法

基本的にこちらのDAZNトップページから登録を進めていき、

Paypal支払いを選択→バンドルカードの情報を入力することで実質後払い登録することができますが、

Paypalの画面で入力方法がわからなくなった時は、DAZNの登録画面を開きながらこちらの記事の真ん中ぐらいに書かれている

「paypalの登録方法」を参考にしながら進めていってください。

 

クレカを持っていないのが理由なら後払いよりもDAZNプリペイドカードの方が簡単

後払いをするのには様々な事情があると思いますが、単に「クレジットカードを持っていない」「キャリア決済をしたくない」というのが理由であれば、

コンビニで購入できるDAZNプリペイドカードを購入して登録する方が簡単です。

 

DAZNプリペイドカードは

セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
楽天市場
エディオングループ(エディオン、100満ボルト)
ケーズデンキ
上新電機
TSUTAYA
ビックカメラグループ(ビックカメラ・ソフマップ・コジマ)
PCデポ
ヤマダ電機
ヨドバシカメラ
New Days
ドン・キホーテ

で販売されているので、こちらで購入してDAZNに登録しましょう。

 

まずは1ヶ月無料トライアル

DAZN公式サイトはこちら

後払いでも簡単に登録可能