ドラゴン桜2 5巻のネタバレと学べること

東大合格へ向けて進む東大専科の英語の授業。

2人も徐々にコツを掴んでいました。

 

そんな中、桜木は、早瀬と平野の母親を同時に学校へ呼び出し進路の相談をすることにしていました。

第5巻の無料試し読みはこちら(序盤だけならアカウント登録なしで読めます)

 

スポンサードリンク

 

ドラゴン桜2 5巻の内容をざっくりネタバレ

英語特別講師、鍋の元でリスニングの極意を学ぶ2人。

試験には運も大事だと話し、何事もポジティブに捉えることが大事だと話します。

 

授業ではさらに実際の試験問題を解くための4つの攻略法やどんな内容の問題がでる傾向にあるのかを教えます。

 

一方、桜木は早瀬と平野の母親を進路相談のために呼び出していました。

 

桜木は子どもたちが東大を受験して必ず受かるようにすること、そのためには家族の理解、協力が大事だと力説します。

 

始めは不信感から乗り気ではなかった2人でしたが、桜木の話術と説得力によって協力することを決意します。

 

同じく東大を目指すことになった難関大コースの小杉と文系担当の田村は、東大専科の勉強方法に焦りを感じていましたが、桜木は小杉は今のままでも十分に合格できるとし田村に諭します。

第5巻の無料試し読みはこちら(序盤だけならアカウント登録なしで読めます)

 

スポンサードリンク

 

ドラゴン2 5巻から学べること

5巻から学べること①リスニングの試験対策に新聞を読め

リスニングの出題傾向として、その年の世界情勢や社会問題などから出されることが多いため、毎日新聞をチェックすることで予想が立てられるとしました。

 

5巻から学べること②合格は日常生活の延長線上

東大に合格するためには、特別扱いするのではなくて、家族が協力してきちんとした日常生活を送れるようにすることだとし、

プレッシャーやストレスを与えるのではなくて、精神的安定が集中力そして成績のアップにつながると桜木は断言します。

 

5巻から学べること③浮気は禁物

受験勉強の仕方が確立されているならば無理に他の方法に変えるのではなく、そのまま続けたほうがいいとされています。

浮気性な勉強法は受験に失敗する傾向があるのです。

ドラゴン桜2の漫画を無料で読むことができる?

ドラゴン桜2 第6巻〜最終巻のネタバレはこちら

 

スポンサードリンク

 

ドラゴン桜2 5巻ネタバレについてまとめ

桜木は両母親との面談で東大受験とそのための協力を求め、納得させることに成功。

理解と協力を得られた2人は受験に向けてさらに邁進していきます。

 

一方難関大コースの小杉は、自分にあった勉強法で文系担当の田村と東大を目指すことになりました。

 

スポンサードリンク