ドラゴン桜2 海のロケ地はどこ?桜木が釣りをしていた場所

テレビドラマ「ドラゴン桜2」の学園の舞台は、海の近くでしたね。

桜木が釣りをしていたり、生徒を海に落としたりと、海のシーンがたくさん出てきます。

 

この記事では、

・桜木が釣りをしていた海のロケ地
・海のロケ地が登場するシーン

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 桜木が釣りをしていた海のロケ地はどこ?

ドラゴン桜2の海のロケ地は、茨城県大洗港です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

osamu@i(@osamu.43)がシェアした投稿

 

ツイッターでも、大洗港でロケをしていることが紹介されています。

 

アイドルの平手友梨奈さんなどの付近での目撃情報も寄せられていました。

 

大洗港は、江戸時代から漁港として栄えた港です。

2019年には、みなとオアシスの認定を受けています。

北海道の苫小牧まで行くフェリーが出ている港で、北海道ツーリングの拠点ともなっているんですよ。

 

ドラマでは大きな鯛が釣れていましたが、大洗港では投げ釣りでマダイヤアナゴが釣れるようです。

釣り船もたくさんあるようですね。

 

大洗港の位置は、学園のロケ地である「とちぎ海浜自然公園」から車で約20分くらいの距離です。

ロケ地巡りをする時は、徒歩では難しいようですね。

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 海のロケ地が登場するシーン

ドラマの冒頭では、桜木が不貞腐れた感じで釣りをしていました。

 

なかなか釣れない桜木に対して、禁止区域の表示がしてあるところで次々と鯛を釣り上げ、見せびらかすいけすかないおじさんが登場したシーンがありました。

 

そして、おどおどした生徒を海に落とすシーンも印象的でしたね。

ドラマの最後に、桜木自身も一緒に飛び込んだことが分かり、彼のコンプレックスを解放する意図を感じて、ほっとしました。

 

桜木は、相手に合わせた指導法ができるんですね。

 

不良に絡まれる海のシーンもありました。

このドラマでは、海がキーポイントになりそうですね。

ドラゴン桜シーズン1・2を全話0円で見る方法

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 海のロケ地についてまとめ

「ドラゴン桜2」海のロケ地についてまとめていきました。
ロケが行われたころは、春先でしょうか。

 

まだ、かなり寒さも残っていたのではないでしょうか。

冷たい海に飛び込んだ後、阿部さんや生徒さんが風邪をひかなかったのかなとか、リハーサルなしで一発できめたのかなと、気になるところが満載です。