ドラゴン桜2 米山圭太のネタバレと結末を原作から!

ドラゴン桜2の初回の冒頭では、桜木の落ちぶれた姿が映し出されましたね。

桜木が弁護士事務所をやめたのは、教え子の米山君が鍵を握っているようでした。

 

この記事では、

・米山圭太の原作でのネタバレは?

・ドラゴン桜2 米山圭太のドラマでの結末を予想

・ドラマ「ドラゴン桜2」で米山圭太を演じる俳優

についてまとめていきます。

最新話まで全話の無料視聴はこちら

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 米山圭太の原作でのネタバレは?

原作「ドラゴン桜2」は、「ドラゴン桜」の10年後を描く漫画です。

桜木が進学校とした学園が、女帝の方針のために東大合格者がゼロになってしまったところから物語が始まります。

 

原作では、桜木が行方不明になるシーンは登場しません。

また、東大受験に不合格になって自殺を図る米山圭太は、ドラマ完全オリジナルキャラクターです。

 

初回ドラマの最後では、IT社長の坂本と共に登場。

「奴をつぶすにはもってこいの展開ですね。」と、不敵な雰囲気を醸し出していました。

坂本社長の原作ネタバレはこちら

 

ドラゴン桜2 米山圭太のドラマでの結末を予想

IT社長の坂本は、桜木の教えを受けた水野の後輩です。

水野の必死の依頼を受け、行方不明の桜木の身元を探してあげていました。

 

てっきり水野の味方だから桜木を応援する立場かと思ったら、どうやら米山の闇にかかわっているようですね。

米山圭太は、東大不合格になった後、2浪して東大入学した設定になっているようです。

 

意識不明を乗り越え苦しみを味わった彼が、桜木に復讐するのかどうなのか気になるところです。

 

予想としては、米山君は桜木ともう一度しっかり向き合うことで、桜木の愛に触れ人間性を取り戻すのではないかと思います。

そこに至るまでは、いくつか桜木を陥れようと画策するシーンや、女帝の理事長とかけひきする場面もあるのではないかと思います。

原作の結末ネタバレはこちら

 

スポンサードリンク

 

ドラマ「ドラゴン桜2」で米山圭太を演じる俳優

米山圭太を演じている俳優さんは、佐野勇斗(さのはやと)さんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐野勇斗(M!LK)(@sanohayato_milk)がシェアした投稿

 

1998年生まれの23歳。

中学3年生の時に、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に出場したことがきっかけで、スカウトされたそうです。

 

北川景子さんなどが入っているスターダストプロモーションに所属しています。

5人組ボーカルダンスユニットM!LK(ミルク)のメンバーです。

 

M!LKの中では、「クール担当のはずがボケ担当。おちゃらけキュンキュン王子」というキャラクターで素敵です。

自身も大学受験をし、そのために半年間芸能活動を休業したという経歴をもっています。

 

「ちはやふる~結び」や「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」など、たくさんの映画に出演し、CMでもひっぱりだこですね。

書道と空手が趣味という面もあり、これからどんどん人気が上昇していきそうな俳優さんです。

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 米山圭太についてまとめ

ドラマオリジナルキャラクターの米山圭太は、果たして今後どのような動きをするのでしょうか。

どんでん返しがありそうです。

 

素敵な俳優さんのキャスティングで、ますます目が離せませんね。

ドラマを盛り上げてくれる存在の米山圭太に注目です。

ドラゴン桜2までのフル動画を全話無料視聴する方法【1話〜最終回】

 

スポンサードリンク