平手友梨奈の演技力の評価【上手い?下手?】

平手友梨奈 演技ドラマ

ミステリアスな雰囲気で人々を虜にする元欅坂46平手友梨奈さん。

彼女のパフォーマンス姿は何かが憑依したかの如く、デビュー当初から人々に強烈なインパクトをあたえました。

欅坂を卒業 後は女優として活躍する彼女。

女優平手友梨奈さんについて、今回は調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

平手友梨奈の女優としての一面

平手友梨奈さんは、2018年映画「響-HIBIKI-」で本格的な女優デ ビューを果たしました。

2019年には、第42回日本アカデミー賞 新人俳優賞、2018年度日本インターネット映画大賞日本映画 ニューフェイスブレイク賞、第28回日本映画批評家大賞で新人 女優賞を受賞しています。

 

ミステリアスな雰囲気と人を圧倒さ せるような迫力、そして存在感を醸し出し、彼女の強みである 「目の演技」が素晴らしいと評価されています。

 

平手友梨奈の演技は上手い?下手?

 

平手友梨奈の演技は、上手いか下手かといわれると「わからな い」という意見が多いようです。

しかし、視聴者を自分が演じている役に引き込むような力があるようで、彼女の眼力に飲み込まれてしまいそうになるというほど。

 

まるで役に憑依したような、表現力に長けているのでしょう。

また、演技を重ねるごとにものすごいスピードで成長しているとの声もあるため、今後の演技にも注目です。

 

スポンサードリンク

 

平手友梨奈の演技を楽しむのにオススメの作品は?

オススメ作品①響-HIBIKI-

平手友梨奈さん初の映画デビューと数々の輝かしい賞を受賞したこの作品。

文芸雑誌編集部に平手友梨奈演じる天才高校生、鮎喰 響が書いた一編の新人賞応募作が届くことから話が始まります。

 

暴力的でエキセントリックな言動を繰り返す響と、周囲の 人々が巻き込まれていく先を描いた映画です。

 

オススメ作品②さんかく窓の外側は夜

幼い頃から霊が見えてしまう特異体質に悩まされている志尊淳さん演じる三角康介と書店にやってくる岡田将生さん演じる除霊師・冷川理人が出会い、三角は除霊事務所の助手となります。

 

様々な依頼を受けて除霊業務を行う中、2人は刑事の半澤より、1年前 に起きた連続殺人事件の話を持ち掛けられたところから物語は 動き始めます。

平手友梨奈さんはヒロイン役として出演しています。

 

スポンサードリンク

 

平手友梨奈の演技力についてまとめ

ソロアーティストとしても活躍している平手友梨奈さん。

歌手と女優の二 足の草鞋を履きながら、どちらも第一線で活躍している姿は輝いてみえます。

 

その迫真の演技力やパフォーマンス力に、各界から高く評価され、続々とオファーされています。

 

スポンサードリンク