ドラゴン桜2 坂本社長(林遣都)は何者?敵なの?原作ネタバレと結末

「ドラゴン桜2」で林遺都さんが演じている坂本社長。

にこにこしていて好感度も高いと思ったら、米山と不敵な笑みを浮かべて、ラスボス的な存在感を示しています。

 

この記事では、そんな坂本に視点をあて、

・坂本智之(林遣都)と桜木の関係

・ 坂本智之(林遣都)の原作ネタバレ

・ドラゴン桜2 坂本智之(林遣都)のドラマでの結末予想

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 坂本社長(林遣都)と桜木の関係

坂本は、水野の後輩という設定になっています。

桜木が教育コンサルタントをしている学校で学び、東大に入学したエリートです。

桜木とは師弟の関係ですね。

 

東大卒で、IT社長を起業しているところを見ると、相当なやり手ですね。

水野の依頼を受けて、行方不明になった桜木を見つけ出すというスキルだけでも半端ないです。

 

水野に対してにこにこして愛想もいいので、桜木の味方かと思ったら、米山との関係で急に暗転しています。

米山の復讐を手伝っているようで、桜木とは微妙な関係ですね。

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 坂本社長(林遣都)は敵なのか?原作ネタバレ

「ドラゴン桜」の原作では、米山も坂本も登場してこないので、ドラマのオリジナルキャラクターです。

 

水野の愚痴をよく聞いて、面倒見のいい好青年の坂本ですが、米山が不敵なセリフを言ったときに見せるなんともいえない闇の深さが、すごいですね。

 

米山が坂本の会社に出入りして、仕事を手伝っているのはすんなり理解できるのですが、米山の復讐を手伝う坂本のメリットは何かなと、今後の展開が気になる存在です。

 

米山も浪人して、東大に入学しているようなので、学歴と経済社会との関係にも、何か彼らなりの自論がありそうです。

米山の原作ネタバレはこちら

 

ドラゴン桜2 坂本社長(林遣都)のドラマでの結末予想

坂本が米山の復讐を手伝うメリットは、熱い友情なのでしょうか?

単にそれだけではないような気がします。

 

水野の愚痴を聞いて面倒を見ている裏で、米山とつながっている坂本です。

ここまでは坂本の二面性があぶりだされています。

 

水野も坂本にとって何か自分に好都合なことがあるから、愛想がいいんでしょうね。

きっと、まだ裏で駆け引きされている何かが誰かの存在がありそうです。

 

坂本は、最終回までに桜木に牙をむく時がくると予想しています。

その時、坂本の闇の真相があぶり出されることでしょう。

ドラマの全話無料視聴はこちら

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 坂本社長(林遣都)についてまとめ

権力志向の分かりやすい元理事長。世間しらずのお嬢様の理事長。

それぞれの背景を抱えた生徒たち。

実際に桜木の教えを受けたOBの水野をはじめ、坂本や米山。

 

どちらを向いても個性豊かで癖のある面々ですが、その中でも坂本は二面性があり闇が深そうです。

これから、坂本がどう関わってくるのか注目ですね。

ドラマの全話無料視聴はこちら

 

スポンサードリンク