ドラゴン桜2 2話のあらすじネタバレと感想/見逃し配信や再放送もここから!

「ドラゴン桜2」第2話は、バトミント部の岩崎楓がクローズアップされているストーリー展開です。

平手友梨奈さんが岩崎楓を好演していますね。

この記事では、「ドラゴン桜2」2話のネタバレと感想をまとめていきます。

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 2話のあらすじをネタバレ


2話のネタバレ①楓の推薦の行方は?

岩崎楓は、バトミントンで有名な大学の推薦が決まる大会を控えていました。

オリンピックを目指している楓にとっては、大学のスカウトコーチにアピールする機会です。

しかし、膝の調子はイマイチでした。

しかも、東大専科の弁護士の桜木に万引きの弱みを握られ、コンビニの映像も彼が持っていることを知って、切羽詰まっていました。

 

2話のネタバレ②東大専科が焼かれる

そんな中、桜木は水野とラーメン屋さんでラーメンを食べていました。

このラーメン屋さんは、龍海学園の生徒である瀬戸の家業です。

瀬戸のお姉さんからの差し入れもあり、二人は喜んでラーメンを堪能していました。

しかし、そこへ学園から連絡が入ります。

二人が駆けつけると、学園の前には人だかりができていて、出前に行った瀬戸の姿もありました。

東大専科の桜木のテントが焼かれていました。

 

2話のネタバレ③楓のバトミントン大会

いよいよ楓のバトミントン大会が始まりました。

楓は、ダブルスもシングルも出場する大切な役割を担っています。

 

しかし、会場に着くと、何やら怪しい雰囲気でした。

大会会場のトイレには、「万引き女」というビラも貼られていました。

楓は、桜木の仕業だと思い込みます。

バトミントンの試合は、楓のスマッシュなど素晴らしいプレーが続きます。

 

楓の両親も揃って、娘のオリンピック出場を夢見て応援に来ていました。

これなら、絶対推薦をもらえると確信した直後、ダブルスの相手がぶつかってきて、楓は倒れてしまいました。

とうとう膝を痛めてしまい、試合を棄権することになってしまいます。

反面、ダブルスのペアは、好プレーを連発します。

 

2話のネタバレ④楓が半月板損傷に!

楓は半月板損傷でした。

最低でも治癒に2年はかかり、選手生命も危ぶまれます。

期待していた両親は、ケガを隠していたことに激高します。

そんな両親の前で、桜木は、楓の気持ちを無視し、両親のオリンピックへの夢を押し付けていることを諭すのでした。

 

2話のネタバレ⑤放火の犯人と真相

実は、学園放火の犯人は、楓でした。

ラーメン屋の瀬戸は、楓を心配して自ら自分がやったことと名乗り出ました。

しかし、放火の件は、桜木が過失であることを警察で話し、丸く収めていました。

桜木は楓を体育館に連れて行きました。

 

そこで、楓はバトミントン部のコーチと楓のペアが結託して、自分を引きずり降ろそうとしていたことを知ります。

桜木は、バイクで追いかけまわした小橋と岩井を味方につけて、二人の陰謀を暴いていたのでした。

トイレに「万引き女」と張り紙をしたのも、ペアの子でした。

推薦枠は1名分しかなかったので、楓を陥れたのです。

桜木は、楓に「五輪より東大に入る方が楽」と進め、楓は東大専科に入ることになりました。

2話までの見逃し配信・無料視聴はこちら

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 2話のネタバレ感想

前回、桜木が不良たちを追い回すシーンはかなり過激でしたが、追い詰めた小橋と岩井が味方になっているのはサプライズでしたね。

こういった意外性や驚きが、「ドラゴン桜2」のドラマの魅力だと、思います。

 

そして、びっくりするような相手も自分に引き寄せる桜木の人たらし的な技に、惹かれてしまいます。

 

第2話は、バトミントン部エースの岩崎楓さんがクローズアップされていた回でした。ご両親のトロフィーや盾もずらりと並んですごかったです。

 

お父さんに素直に「はい」と、逆らわない楓がいじらしかったです。期待を一身に背負って、オリンピックを目指すのは相当なプレッシャーだと想像しました。

 

プレッシャーにつぶされそうになった楓が、万引きや放火に走ってしまうのはなんか、切ないですね。

楓は、自分を裏切ったペアの子に「一番いいペアだった。強いよ。信じてる。」と、メッセージを伝え、チームを勝利に導きました。

 

相手を恨んでも仕方ないのに、自分の今するべきことが何かがはっきり分かっている楓を応援したくなりました。

 

これだけ信念のある子なら、東大に入るだけをゴールにしないで、自分の人生を切り開き、周囲に良い影響を与えるリーダー的存在になってくれるだろうなと期待します。

 

楓をサポートして、陰ひなたで支えている瀬戸君も、かっこいいですね。

ラーメン屋という家業を持ちながら、彼が東大に入り、経済を活性化し、人材育成を図ってくれそうな将来を、一視聴者として夢見てしまいました。

 

相変わらず、江口のりこさんは、いい味を出していました。こういう脇役がいるから、ドラマに深みと面白さが出てくるんですよね。

 

校長のゲイ疑惑に対しても鷹揚な感じでやり過ごすかと思ったら、お金がからむと一変して物を投げつけるシーンは最高でした。

 

今後、この頑固な理事長がどう桜木を邪魔するかが、見どころですね。

 

米山と桜木の再会も、心に残っている場面です。

米山が桜木に対して従順な感じだったので、「えっ、そっちの方向で進むの?」と思ったとたん、坂

本社長と不敵な笑みをや壁ているのは、闇が深く、「これで終わるわけないね」と、次の展開が気になりました。

2話までの見逃し配信・無料視聴はこちら

 

スポンサードリンク

ドラゴン桜2 2話の動画・見逃し配信・再放送はこちら

「絶対、東大なんか入らない」と宣言していた岩崎楓も、いよいよ東大を目指しますね。

両親のプレッシャーと自身の足の不調に、いちはやく気づいた桜木への信頼感も増したようでした。

第2話で東大専科の生徒のメンバーがそろった感じなので、第3話が楽しみですね。

 

「ドラゴン桜2」2話を見逃した人は、

再放送情報

見逃し配信情報(こちらの方が確実)

を参考にしてください。