TOKYO MERの意味とは?実在する救命救急チームなの?

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」は、TBSの7月期日曜劇場の新番組です。

鈴木亮平さんが、日曜劇場初主演ということで、早くも話題になっています。

 

この記事では、

・TOKYO MERの意味とは?

・TOKYO MERは実在する?似た組織はある?

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

TOKYO MERの意味とは?

「MER」は、モバイル・エマージェンシー・ルームの頭文字をとった略称です。

「モバイル」とは、「可動性の」とか「自由に動ける」とかの意味ですね。

 

「エマージェンシー」は、英語で「非常時」とか「緊急事態」のことですから、「MER」は、まさに「走る緊急救命室」のことです。

 

救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」が、ドラマの舞台です。このチームは、東京都知事の命令で新設されました。

 

医療機器もオペ室も最新の装備を備えた大型車両で、事故現場や大惨事の現場に駆け付けます。

現場では、多数の負傷者や高度な緊急手術を必要とする患者さんがいます。

 

彼らのミッションは、「一人の死者も出さない」こと。

自分自身の命も危険に晒しながら、勇猛果敢に現場で救命にあたるチームの姿が描かれています。

 

スポンサードリンク

TOKYO MERは実在する?似た組織はある?

高度なオペができるプロ医療チームと、最新鋭の機材やオペ室を搭載した「TOKYO MER」の車両。

現実には存在しない架空の車のようです。

 

しかし、ドラマを監修した救命医たちが「本当にあったら最高の車だ」と唸ったそうなので、期待が高まります。

 

このドラマのために、8トントラックを6か月もかけて改造したようですよ。

実際の「救急救命室」というのは、救急車で来院する患者さんたちを病院の中で診療するスペースのことですね。

 

このドラマのように、病院の外の事故現場に出かけていく救急救命医さんたちは、ドクターヘリやドクターカーで、出動されています。

判断力と決断力が必要な仕事です。

 

日本でも、大きな交通事故で救急車での救出に時間がかかる場合、医師や看護師が現場に行き、救命にあたっています。

 

スポンサードリンク

TOKYO MERの意味についてまとめ

コロナ禍の中で、献身的な努力をされている医療従事者の方々に感謝の日々です。

「このような時こそ、命に向き合うドラマを通して、医療従事者の方々にエールを贈りたい」という主演の鈴木亮平さんのコメントが素敵です。

 

7月スタートの「TOKYO MER」が楽しみですね。

 

スポンサードリンク