「花のち晴れ」の意味は音が天馬からハルトに乗り換えるということ?

「花のち晴れ」の意味は音が天馬からハルトに乗り換えるということ?

2018年4月17日(火)から「花より男子」の続編ドラマ「花のち晴れ〜花男Next Season〜」がスタートしますが、
ドラマタイトルの「花のち晴れ」には意味が隠されているようです。

 

前作の「花より男子」にも意味が隠されていたようで、どちらも主人公のヒロインを巡る三角関係が関係していることがわかりました。

 

というわけで、「花のち晴れ」に隠されている意味を、音、天馬、ハルトの3人の登場人物の関係から見ていきます。

 

スポンサーリンク


前作「花より男子」の意味は?

「花のち晴れ」の意味について見ていく前に、まずは前作「花より男子」に隠されている意味について見ていきます。

 

「はなよりだんご」は元々ことわざにある言葉で、
「花より団子」と書きます。

 

「花より団子」の直接的な意味は、「(花のように)眺めるだけのものより(団子のような)食べられるものの方がいい」という意味です。

 

つまり、花の美しさがわからないような「風流のわからない人」といった意味合いで使われることが多いことわざなのです。

 

では「だんご」の漢字を変えてドラマになった「花より男子」ですが、次のような噂があります。

 

それは「花」が花沢類で「男子」が道明寺なのではないかということ。

 

これは作者が明らかにしていることではありませんが、花男ファンが勝手に妄想したものでもありません。

 

まず「花」が花沢類というのはそのままなので説明するまでもないと思いますが、
「男子」が道明寺ということについてもきちんとした説明があります。

 

というのも、おはぎや桜餅に使われる「道明寺粉」という食品が存在しているのです。

 

道明寺は大阪府藤井寺市にある真言宗の尼寺ですが、
そこで最初に保存食として作られたために「道明寺粉」と名付けられました。

 

つまり「花より男子」でも「道明寺」=「団子」=「男子」というのはほぼ間違いないのではないかと思われます。

 

となると、「花より男子」=「花沢類より道明寺」という意味になります。

 

ヒロインのつくしは初めは花沢類に心を寄せていましたが、次第に道明寺に惹かれていき最終的には道明寺と結ばれることになります。

 

まさにストーリーの展開と「花より男子」の意味がマッチするわけです。

 

また元々のことわざの意味から考えると、「眺めるだけのものより食べられるものの方がいい」
つまり「憧れるだけの恋より成就する恋の方がいい」という意味にも考えられます。

【関連】花のち晴れの原作漫画を無料&格安で読むことができる配信サービス

 

スポンサーリンク


「花のち晴れ」の意味は音が天馬からハルトに乗り換えることを意味している?

この「花より男子」の意味から考えると、「花のち晴れ」の意味も自ずと見えてきます。

 

同じ理屈でいくと、「花」と「晴れ」がそれぞれ登場人物の誰かを表していることになりますよね。

 

まず「晴れ」に関して、C5のリーダーである神楽木晴(ハルト)がいます。

 

ハルトは「花男」でいう道明寺的ポジションの人物なので「晴れ」=神楽木晴である可能性は非常に高いと考えられます。

 

次に「花」に関してですが、まず結論から言うと、
ヒロイン・音の婚約者である馳天馬の可能性が高いでしょう。

 

「花のかんばせ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

かんばせは漢字で書くと「顔」になり、「花の顔(かんばせ)」には

・「咲いている花の姿」
・「花のように美しい顔」

といった意味があります。

 

この「かんばせ(顔)」という言葉は、元々は「かおはせ(顔馳せ)」という言葉から変化していって生まれた言葉でした。

 

「顔馳せ」というのは「表情がさっと走った状態」、「瞬間的に過ぎ去っていく刹那の表情」のことを表します。

 

つまり「花のかんばせ」というのは「瞬間的にしか見ることができない美しい表情」といった意味になります。

 

現代では「奇跡の一枚」といた言葉がありますが、
「花のかんばせ」はそれよりももっと刹那的で儚いものなのです。

 

このように、「馳」という言葉は「花」に深い関わりのある言葉だということはわかっていただけたかと思います。

 

これが、「花」=「馳天馬」だと推測する理由です。

 

「花のち晴れ」の「花」が天馬、「晴」がハルトのことだということがわかりました。

 

つまり「花のち晴れ」の意味は「天馬のちハルト」すなわちヒロインの音は初めは婚約者である天馬に恋愛感情を抱いていたものの、
次第にそれがハルトへと変わっていくといった未来が読み取れます。

 

「花のち晴れ」のこの3人のポジションを「花より男子」の登場人物に置き換えると、

・音→つくし
・ハルト→道明寺
・天馬→花沢類

になりますから、
推測した意味はまず間違いないのではないでしょうか?

【関連】「花のち晴れ」天馬がかわいそうすぎる?本性を出して晴に宣戦布告!

 

「花のち晴れ」原作を無料&格安で読むには?

「花のち晴れ」の結末はまだ原作ですら明らかになっていません。(2018年5月時点でまだ連載中のため)

 

以上に推測してきた意味が結末となりうるのかは、原作者にしかわからない状況です。

 

原作はまだ完結はしていないものの、原作はドラマよりもはるかに早いペースで進んでいるため、

原作を読めば「花のち晴れ」の展開をいち早く知ることができます。

 

そこで、原作「花のち晴れ」をかなりお得に読む方法を紹介していきます。

 

「FODプレミアム」の「31日間無料トライアル」に登録すれば原作4巻が無料

「music.jp」に登録すればワンコイン(500円)で原作6巻を無料で読むことができます。

いずれも無料で付与されるポイントを利用

 

書店で単行本を買うよりも3000円以上安く読むことができるので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか?

 

特にFODの「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末で終了してしまうので、今のうちに利用しておくことをオススメします。

 

FODプレミアムで原作「花のち晴れ」4巻分を無料で読む

(FODの「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。)

 

music.jpで原作「花のち晴れ」6巻分をワンコインで読む

 

詳しくはこちら→花のち晴れの原作漫画を無料&格安で読むことができる配信サービス

 

*紹介してきた内容は2018年5月現在の情報です。サービス内容は変更されることがありますので、最新の情報については各公式ホームページでご確認ください。

 

スポンサーリンク


まとめ

「花のち晴れ」の意味を前作「花より男子」の意味や登場人物の音、ハルト、天馬との関係から推測してきました。

 

彼らの三角関係がどのような形で展開していくのか、とても期待が膨らみます。

 

「花のち晴れ」ドラマは完結しない?1期は原作の何話までで結末は?

「花のち晴れ」のロケ地はどこ?【コンビニや英徳学園、桃乃園学院の場所】

 

【関連記事】

「花のち晴れ」西門総二郎の登場シーンネタバレ!原作では何巻?

「花のち晴れ」神楽木晴の幼少期役・翔は平野紫耀に似てる?美少年すぎると話題に!

「花のち晴れ」に出てくる車の種類がやばい!水色のランボルギーニやベントレーなど

「花のち晴れ」ドラマの評判は?【視聴率・原作の注目度】

「花のち晴れ」ドラマ1話〜最終回を見逃し配信で無料視聴する方法

「花のち晴れ」道明寺の赤いジャケット(衣装)のブランドは?オーラが凄まじすぎたと話題に

「花のち晴れ」でハルト(平野紫耀)が着用している服(衣装)はドルガバ!

「花のち晴れ」愛莉の幼少期役の子役【松田花のプロフィール】

杉咲花の「花のち晴れ」の髪型が可愛すぎる!ソフトバンクCMでも披露して話題に!

今田美桜は目が怖い?【目頭切開の噂の真相】役を完璧に演じる女優としての腕前

鈴木仁(モデル)は石神井高校出身?千葉雄大似イケメンの経歴

中川大志と福士蒼汰がそっくりすぎる!兄弟説や共演歴、見分け方は?

ドラマカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.